夏の陽に輝く。



ダイヤ鳥撮りのカメラマンさんからダイヤ

今、チョウトンボが見られますよ、と教えて頂きました。

そんなユニークな名前を聞くのは初めてです。


山の上の睡蓮池に、ひらひらと舞う沢山のチョウトンボ。

きっと天国ってこんな景色だろうな、と見惚れてしまいました。

(行ったことはありませんがにひひ


午後の強い日差しを受けて、青紫のメタリック調に輝くトンボは。

幅広の美しい羽と、蝶々に似ている飛び方からチョウトンボと名付けられたそうです。




上光の当たり方によって色が異なって見えます。




上陽が陰ると遠目に黒く見えます。これも神秘的。




上トンボが尾を高くあげてとまるのは、強い日差しから身を守るため。直射日光が当たる範囲を狭くするためと言われます。
トンボも“暑い”のですね。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2021年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.256012秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

4407139