神楽で耕すもの。


上ふんわり霞む朧月。
これでカエルの声が聞こえてきたら完璧。



ダイヤ「~神楽作家 石丸賢太郎の世界 PartⅡ」結びますダイヤ

大変失礼ながら。

私の中にあった「石丸台本の口上は難解で長い」という印象をご本人にぶつけたところ。

『そういう神楽もあって良いでしょうにこっ』と率直に答えられました。

更にお話を伺っていくうち、最も共感したのは。

昔から口上神楽というひとつのジャンルが存在し、これが舞子(時に奏楽者)の名人芸として喝采を浴びていること。

又、大きな“魅せ場”であったことです。

例えば大江山だったり、黒塚や悪狐のあらゆる演目だったり。

観衆は「始まるぞ」と耳と目を凝らしてそれを見守るのです。

・・・・そうでしたよねぇ、五神とかね!弊の後ろに口上が書いてあるのかな?とか思ったりしてにひひ

高宮の神楽で育った石丸さんですから、その面白みは体に沁みこんでいることでしょう。

私はこのあたりの感覚が、最近、競演神楽寄りになっているのかもしれないな~と感じたのでした。


では、最終演目の合同悪狐伝。

前3演目が、シリアスな物語や猛々しい合戦ものだったことから、和やかな演目を持ってこられました。

玄翁和尚が殺生石を打ち砕くまでを描く、石丸プロデュースバージョンです。


~第四幕 3団体合同神楽団 悪狐伝~

今回の「神楽作家 石丸賢太郎の世界」には。

神楽の世界を作り出していく作家・石丸さんへのに大きな激励を込め、“未来”という大テーマがありました。

3社を代表する鈴張神楽団・夏本秀典団長からのご挨拶は。。。

『3社が結集する姿は、未来の神楽団のひとつの在り方を表すものかもしれません。』

『今日は、未来の3社の中心となる若い団員・今年成人となる3人(山田悠人さん・吉田和哉さん・天野源士さん)が神をつとめます。活き活きと舞う姿に、神楽の未来の光を感じてください。』

では、公演前夜遅くまで練習を重ねておられた合同悪狐伝。

写真で雰囲気を見てくださいね四葉


安倍泰親:石橋一樹さん(あ)、玉藻前:小田徹也さん(あ)、
巫女翡翠:橋岡菜緒さん(あ)、三浦介源義純:山田悠人さん(あ)、
上総介平広常:吉田和哉さん(鈴)、千葉常胤:天野源士さん(上)、
十念寺珍斎:石丸賢太郎さん、金毛九尾悪狐:後 悟志さん(上)、
玄翁心昭:竹迫正棋さん、安倍泰成:藤本靖浩さん(あ)、
安倍親長:石川昌士さん(鈴)さん。

大太鼓:橋原慎也さん(鈴)、小太鼓:橋原義則さん(鈴)、
手打鉦:安部憂大さん(あ)、笛:中島 葵さん(上)。

※あさひが丘(あ)、鈴張(鈴)、上本地(上)







































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
竹ちゃん率85%。
ダイヤ宵の西の空ダイヤ

今、金星がとても奇麗です。

マイナス4等級で、高度も高くなり目立っています。

いちにちの終わりを労わってくれるような輝きですよ星



上今日、安佐町で出会ったブッポウソウ。
・・・灯台下暗し。




ダイヤでは「~神楽作家 石丸賢太郎の世界 PartⅡ」後半ですダイヤ

梶矢神楽団の上田照明前団長と長尾良文団長が、時々にお話をしてくださる『神楽で舞われる物語は、半分本当、半分は嘘。』

私はこの話が大好きです。

神楽の包容力を感じて安心しますにこっ


しかしながら。

作家さんとしては、一筋立てねばならない時もあります。

例えば、この度の鈴張神楽団の天神記では。

藤原時平の弟・忠平は、改心によって命を救われ生き延びるのですが。

その最大の理由は。

忠平の存在なくして、その後の「親皇宣下(鈴張神楽団)」や「将門記滝夜叉(下五原神楽団)」の物語は誕生しないという・・・地味ながら重要人物だからです。

ここで死んでもらっては困るのです、そんな都合もあるのですねぇ。


しかし、この忠平の改心の場面は、怒りに狂った道真が本来の信条を取り戻す大切な結びとなりますから。

作家さんの作品をまとめ上げる力というのはやっぱり凄いなぁと思います。


~第三幕 鈴張神楽団 天神記~

「牛御前」「関の戸」は神楽のために、いちから書き綴る物語でしたが。

既存の演目を新たに仕上げるという作業も、作家さんの醍醐味でしょうね。


さて、菅原道真と言えば!

その才能と人格を持って、現代に尊敬を集め祀られています。

しかし一方では、日本三大怨霊と語り継がれる・・・

この差異になんとなく違和感を覚える方もあるかと思います。

鈴張の天神記の始まりのシーンでは、道真が「人を憎まず、世を呪わず」と説きながら。

時平に対する増悪が溢れ出て“人は呪わしい、世は憎ましい”と。

やがて怨恨の塊と姿を変える道真の姿が、見所のひとつとなります。


菅原道真(雷神):山中数人さん、菅秀才:石川昌士さん、
藤原時平:竹迫正棋さん、藤原忠平:吉田和哉さん、
藤原兼平:藪本 司さん。

大太鼓:橋原慎也さん、小太鼓:橋原義則さん、
手打鉦:大本 彩さん、笛:沖川茉祐さん。





























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
まるちゃんは台本作家。
ダイヤパソコンがやっと機嫌を直してくれたのでダイヤ

更新できます。

ヤレ (●´ω`●) ヤレ

でもパソコンって。

だましだまし付き合う、ってところないですか?!

ま、いいか。

今夜はカープも勝ったし!満塁ホームラン球場で見たかったな~。




上ショウジョウトンボ。目まで真っ赤。
今日は風が強くて、とまるのも飛ぶのも大変そうでした。



ダイヤそれでは「~神楽作家 石丸賢太郎の世界 PartⅡ」ダイヤ

続いて上本地神楽団の皆さんです。

石丸さんは、上本地神楽団の皆さんとは、作家さんとしての繋がりよりも更に深く。

「丸ちゃん」の愛称で呼ばれ、神楽団の補佐的な役割も時々担っておられるようです。


さて、この度5年ぶりに拝見した、関の扉。

初見の際は「これぞ神楽作家・石丸の世界だ~っ!」と強く感じたことを覚えています。


そして今回、これまで22本の台本を書いてこられた石丸さんに。

これから何を書いていきたいかと伺うと。

『この関の扉が、自分の目指す最終形態かもしれない。』とおっしゃったのです。

何を題材にするかではなく。

その神楽団の今を最大限に舞う台本のことなのです。

神楽団は“個が持つ才能”の集まりですから。

神楽団の“現在”の団員構成やパーソナリティはそれぞれに異なります。

これを活かすオーダーメイド・唯一の台本がこの度の「関の扉」であり。

同じく上本地の「山姥」「壇ノ浦」なのです。

私は特に「壇ノ浦」の二位尼時子と平知盛の、親子今生の別れの場面が、いつでも鮮烈に胸に蘇ります。

石丸さんがおっしゃること、しみじみと納得しますにこっ


~第二幕 上本地神楽団 関の扉~

この物語には、平安時代に名を残す6人の歌人・六歌仙のうち5人が登場します。

※僧正遍昭(良岑宗貞)、在原業平、文屋康秀、小野小町、大伴黒主。

参考としているのは、歌舞伎の人気演目でもある「積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」。

悪党成敗の物語の中に美男美女のロマンスが彩られます。

又、後 悟志さんが舞われた大伴黒主は、悪であったりひょうきんだったり骨太な役どころですグー


在原業平:金平義政さん、良岑宗貞(よしみねむねさだ):福本慎吾さん、良岑安貞(やすさだ):天野源士さん、小野小町:下河内貴文さん、文屋康秀(ぶんやのやすひで):福本涼介さん、大伴黒主(おおとものくろぬし):後 悟志さん。

大太鼓:小野川諒さん、小太鼓:岩本 学さん、
手打鉦:森山修平さん、笛:中島 葵さん。


では、写真と共にあらすじをご紹介します。






上「御前歌合せ」で、その才色兼備の小町の前にとても叶わぬと見た黒主は、小町をおとしめようと一計を案じるが、小町の潔白は証明され、黒主の計略も露見する。
黒主は立ちはだかる六歌仙を振り払い、恨み言と共に内裏から姿を消してしまう。






上黒主捕縛の命を受け、諸国を回る宗貞の弟「良岑安貞」は、黒主と共謀する「文屋康秀」に討たれてしまう。





上御前歌合せの一連の騒ぎから、主の謀反が露見し、時の仁明帝は心労から譲位し失意の内に崩御。
己の無力を悟った「良岑宗貞」は世捨て人となり、狂い咲きの“薄墨桜”を愛でながら逢坂山の関に隠棲する。






上運命の歯車が音を立てて回り始める。小町が逢坂の関を訪ね、恋人・宗貞と再会。







上実は、この関守こそ黒主の変化.。
文屋康秀と合力のもと不思議な力を持つ淡墨桜を祈祷の護摩として、再び天下を狙おうと本心をあらわす。




上これを阻むため立ちはだかる宗貞と小町。

下しかし、追い詰められた小町が桜の霊威に和歌を以て語りかけると、宗貞の弟「安貞」の心霊が現れ、終には、黒主の野望を打ち砕くのであった・・・・・













| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
ヘルプ。
ブログへ写真が送れなくなっちゃいました。

沢山載せたいのがあるのですが。

解決までちょいとお待ちを・・・

なんでかな~?


(´・ω・`)ゞ ポリポリ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
必然。
ダイヤ今夜は広島神楽定期公演ダイヤ

ご来場ありがとうございました。

見ましたよ~吉和の勇壮な神の舞を音符

そして6頭立の予定から、急遽8頭立てとなった盛大な大蛇!

能島文範団長がおっしゃるには『なんとか8頭にならんかの~と思うてにこっ

平日に8頭へのお心遣い、感謝致します。

今頃は皆さん吉和に帰られて、いつの様に賑やかに呑んでおられるのでは??

今日の様子はまた改めて~。




上大町さんは頭が“直”なので大蛇に噛まれると特に痛いそうですにひひ


ダイヤそりではダイヤ

初夏に向かう今日この頃。

私もやっと!コタツを片付けたところで。

2月に開催された「~神楽作家 石丸賢太郎の世界 パートⅡ」をご紹介してまいります。


パートⅠから、およそ5年ぶりの開催。

この変化の時代の5年は、長いですよ!

石丸さん、お客さま、神楽団の皆さん、スタッフそれぞれが。

変わったことがあり、変わらないことがあり、何だかんだ言いながらここに集えることも素晴らしく、嬉しい会でしたグー


さて、吉田に生まれ、お母様の生まれが高宮と言う石丸さんは。

幼少のころから、神楽大好きなおじい様の影響で自然に神楽に慣れ親しみ。

神楽団員という経験を経て、ある日「書く」という役割を担うこととなりました。

伺ってみると、いきなり台本作家というスタートではなく。

初めは口上の一部の手直しから始まり。

次は神楽団の構成の下で、ほぼ決められた内容を脚本に直す等、段階を踏みながらの修行時代もあり。

およそ15年前に、ひととおり最後まで仕上げた初めての演目は「土蜘蛛」でした。

その土蜘蛛が舞台で演じられるのを見た時の気持ちは・・・

“夢のような”とか“感激”とかそういったものではなく、とても現実的なものだったそうです。


神楽への追及が終わりがないというように、作家さんも又、パーフェクトがなく。

自分の子供とも呼べる作品を、神楽団に託し育ててもらう喜びや、葛藤に生きる役割だと感じました。




上牛御前の始まりは官女・須崎が牛御前を抱き彷徨う切ないシーン。


~第一幕 あさひが丘神楽団 牛御前~

古典や浄瑠璃・各地に残る妖怪伝説など、牛鬼や牛御前の話は数えきれないほど様々に語り継がれています。

実は石丸さんはかなり以前から牛鬼に注目し「神楽として成り立つのでは」と台本を書き進められていましたが。

結末だけが書けないまま、未完成状態でした。

どんな文献・資料にも、牛鬼の最後を記したものが見つからなかったためです。


しかし数年後、運命の日。

あさひが丘神楽団の小田徹也さんから『石丸君、牛鬼って知っとる?』と突然聞かれるのです。

すっごいミラクル星

ここから、小田さんとの話尽くしの中で「あさひが丘の牛御前」が誕生しました。


“鬼殺し”と名を持つ圧倒的なヒーロー・源頼光の、一人の人間性を描きながら物語は進んでいきます。


牛御前:小田徹也さん、源頼光:藤本靖浩さん、
坂田金時:山田悠人さん、牛鬼:古岡和芳さん、
八幡大菩薩:山本弘貴さん、官女須崎:吉田裕大さん、
源満仲:石橋一樹さん。

大太鼓:下田敏則さん、小太鼓:安部憂大さん、
手打鉦:山本成希さん、笛:山本美波さん。































続いていくよ~ん。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2018年05月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.325492秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2531265