上寒い日にはミーアキャット団子。8匹スケール。


ダイヤ続いて「第48回 広島県神楽競演大会」ダイヤ

今年、49回目の大会は、10月20日(日)に開催です!

予定を入れておいてくださいませ~。


では、47回大会優勝・横田神楽団の凱旋公演の後、競演の部に入ります。

今日も、上演前のご紹介文から一部抜粋して掲載いたします。


~プログラム2 特別出演 横田神楽団 伊吹山~

この脚本は横田神楽団のみに提供したと、故 佐々木順三先生先生から伺っております。

横田オリジナルとして、後世に残していきたいと思っています。

佐々木先生は新舞創作当初から、神楽は「神人和楽(しんじんわらく)・・・神ひと共に楽しむ」奉納神楽にはチャリ舞がなければならないと言っておられ。

佐々木先生の創作神楽、数曲にはチャリ役が登場します。

昨今は時間制限のため省かれることが多いチャリ舞ですが、横田では、チャリ舞を絶対に省くことなく一場面でも残すようにしています。

さて、この伊吹山の悪舞は、先輩たちからは「頭をふらないと悪ではない」「頭は8の字を書くようにふれ」と言われ練習してきました。

最近はそこまでではありませんが、この伊吹山では悪は悪らしくしっかりと頭を振ります。


日本武尊:廣瀬新悟さん、韋駄天権内:藤川淳宏さん、
小串命:山崎泰宏さん、大悪人(邪人):住田一幸さん、
鬼人:上岡 凌さん・草田孝紀さん。

大太鼓:増田和也さん、小太鼓:岡原鳴雄さん、
手打鉦:貞任周平さん、笛:世良康弘さん。





















~プログラム3 津浪神楽団 鍾馗~

鍾馗は旧舞の中でも、特に技量が求められます。

その理由は、鍾馗の面の迫力に負けない舞と所作が求められるからです。

具体的には、力強さや神がかった迫力など、求めても求めきれないほどの技を要する演目です。

そして他の演目とは異なり、鍾馗と厄病神の1対1の舞であるため、観客を引き付けるには、まさに役になりきりより真剣な舞が求められます。

このような理由から、津浪神楽団では、最も熟練した舞手により鍾馗を演じてきました。

又、塵倫が虚空を飛ぶような所作を表現するのに対して、厄病神は疫病を演じるため、黒色の面で体を低く低く舞い表現します。

低い舞は体力を奪い、大変キツく、舞子には技量と共に体力が必要です。


鍾馗大神:末本光次さん、厄病神:栗栖一真さん。

大太鼓:野田利則さん、小太鼓:片山大輔さん、
手打鉦:河上 愛さん、笛:野田光一さん。






















| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
タッグ。
ダイヤさと☆さんからダイヤ

今夜は、十六夜の写真が送られてきました。

昨夜はカメラの設定が甘く、思うように撮れなかったのでリベンジ!だそうです。

昨日よりもクレーターや海がはっきりしているように見えます。



上朔へ向かう月齢16。



上真上の丸い海は「危難の海」その右隣は「豊かの海」。
月の海は玄武岩に覆われた、黒く見える平地のことです。



カメラも持ち主の情熱によって、素敵な仕事をさせてもらえるな、と思います。

せっかくこの世に誕生したのだから、パートナーとして活躍できたほうが幸せです。

私のカメラはまだ、基本オート。

鳥を撮るときは、鳥モード。

神楽を撮るときはシャッター優先。。。くらい、かな?

毎日カメラを持って出る割には、初心者レベルをキープにひひ

このカメラも、詳しい人の手元にあればもっと実力を発揮できたろうに。。。

しかし、人と道具も“ご縁”というものがあるでしょう。

これからもしっかりと働いてもらいますグー



ダイヤそれでは!引き続き、時間を巻き巻き~っとダイヤ

「第48回 広島県神楽競演大会」をご紹介致します。

『3000人が集う、広島県の秋の恒例イベント』。

毎年早朝、まだ開場前の静かなサンプラザ大ホールで、会場の大きさを感じます。

この大きな会場を呑み込むほど、神楽にはエネルギーがあるのですねぇ。


又、広い会場で、舞台をより身近に感じてもらいたいという願いから。

今年も神楽団の皆様に、演目に対する思いや、“実は!”というような見所などをまとめて頂きました。

上演前のご紹介と共に写真を掲載させて頂きます。


今夜は、19年ぶりに県競演に出場となった阿坂神楽団の皆さんの儀式舞です。

儀式舞をつとめる神楽団は団長さん会議のクジで決められます。

あのクジも、ドキドキですねっ四葉


~プログラム1 四方祓 阿坂神楽団~

《普段、特別に儀式舞は練習いたしませんが、今大会で重要な役割を仰せつかり、しっかり練習をしてきました。

阿坂神楽団の四方祓いは、旧舞・矢上系六調子の中でも、一番古く伝承されているものと思います。

台本には、全て漢字で書かれたものが残されており、数ある旧舞の演目の中でも特に「天の岩戸」は、四方祓いが基本となっています。》










| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
またお逢いしましょう。


上今夜の満月、存在感ありますね。


ダイヤベランダで写真を撮っていたらダイヤ

琴庄神楽団の崎内俊宏団長からお電話がありました。

「さっき、衛星が通過したんだけど見た?」

調べてみると、時間などISS(国際宇宙ステーション)がぴたりと一致しました。

満月とISSコラボ、めちゃめちゃ良いもの見られましたねっ。


明日もISSは、18時8分に広島上空で見られますが。

月の出が18時46分になりますのでコラボはありません(月の出は、毎日50分ずつ遅れていきます)。

今夜はうっかりして見逃しちゃったな~・・・

(-ε- ) チェッ

次の機会を待たんと存ずる~月


~今週はISSの広島観測にお勧めの日が多くありますよ~

浜田や益田もほぼ同じですが、方位に若干のズレがあります。

1月22日(火)見え始め18:08(南西)
         見え終わり18:13:30(東北東)
1月23日(水)見え始め18:53:30(西)
         見え終わり18:57(北)
1月24日(木)見え始め18:01:30(南西)
         見え終わり18:07:30(北東)




上さと☆さんから「初めてPー1000で月を撮ったよ♪」と送られてきました。
肉眼で見る月と、カメラで撮る月は雰囲気が異なって一層魅力的です。



ダイヤ先日の島根ふるさとフェアで拝見したダイヤ

邑智郡三郷町の都賀西子供神楽団をご紹介します。




上大舞台、どんな人が見ているか気になるよねにかっ


上演後、初対面にもかかわらず、高橋龍夫団長が快く、又、情熱的にお話してくださいました。

ありがとうございました。

m(__)m


都賀西子供神楽団は、平成15年に発足し現在14名で活動されています。

もともとは地元の保育園で、園児たちが神楽を習っておりましたが。

卒園と同時に神楽をやめることになってしまうことから。

大好きな神楽をずっと続けていきたい!という子供たちの声を受けて。

保護者の皆さんや、都賀西神楽保存会の皆さんの尽力により、発足に至ったそうです。

現在、八幡・大蛇・鍾馗・悪狐伝・塵倫を保持されています。


子供たちに神楽を指導されているのは都賀西神楽保存会の皆さん。

保存会の前身は「都賀西神楽団」で、明治の頃、市木より習得された神楽を舞っておられたようですが、途中途絶えてしまいました。

昭和50年に「都賀西神楽保存会」として再建され、昔からの舞を先輩方から改めて受け継ぎ。

又、八調子神楽の土地から、都賀西へ引っ越して来られた方があったことから、これを取り入れながら都賀西神楽を育ててこられました。


子供たちは大きくなると、都賀西神楽保存会へ入り、大好きな神楽を地元で続けていくことが出来るのですグー

この度のふるさとステージでも、保存会や保護者の皆さんが、幕裏で一生懸命支えられている中。

子供たちは大きくのびのびと、奏で、舞っておられました。


~都賀西子供神楽団 塵倫~



























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
冬も良いねっ♪


上月齢14。たまには裏側も見てみたいものだっにひひ


ダイヤ明日21日(月)は今年最初の満月ダイヤ

地球との距離が約357,700kmと、とても近く大きな満月になります。

(月と地球との距離は、約35万7000kmから約40万6000kmで変化)

来月2月20日の満月は、地球との距離が約356、800km。

これが今年一番大きな月になるので、日本では2月の月をスーパームーンと呼びますが。

明日の月の距離も、2月とほとんど変わりません。

一番小さい月(今年は9月・距離は約40万6000km)と比べると、見た目の大きさは約13%アップ。

明るさは約30%アップと言われます。

冬の夜空は澄んでいて、月の美しさは格別。

大きな満月を、2か月続けて見上げてみましょう~。



上並べてみるとこれくらい違います。※国立天文台HPから。


ダイヤさて、都道府県対抗男子駅伝も終わりダイヤ

広島は前年12位からの~

4位!すごいっ!!

島根は前年41位からの~

40位!ひとつ上がった、ブラボー!!

最低順位は46位ですからね、40位は嬉しいのですよ。

d(*´▽`*)b ベリーグッ

駅伝は面白いですね。どの選手の皆さんの頑張りも、心に沁みます。


ダイヤでは、金曜日の在広島根県人会ダイヤ

駅伝島根県チームの激励会もかなりの盛り上がりでしたが。

何より楽しみだったのは、西村神楽社中の皆さんの頼政です。

島根県は東西に長~い。

よって、同じ島根出身とは言っても、純粋な浜田八調子神楽を観たことがある方は、そんなに多くはいらっしゃいません。

頼政という演目も初めて見る方がほとんどでした。

お猿さん、鵺、快活なお囃子。

会員の皆さんが、一生懸命鑑賞される様子は、浜田出身の私にはとても誇らしかったです。

神楽幕もカーペットもない、舞いにくいステージではありましたが。。。

平日金曜日、はるばるお越し頂いた西村社中の皆さんとヘルプで入って頂いた他の社中員の方々に大感謝!

ありがとうございました。

司会をしながらの写真は難しいので(そりゃそーだにひひ)雰囲気だけ見てください音符










上西村子供神楽社中からお猿を舞う子供さんが2人、学校を休んで来てくれました。すみません。。。。そして本当にありがとう四葉







| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
散財しました~。


上飯南町の、いのまん「いのっち」。


ダイヤ島根ふるさとフェア第一日めダイヤ

今年も賑わってました。




お馴染みのお顔も揃われていて、ウキウキでした。

明日の都道府県対抗男子駅伝もとても楽しみ。

ぜひお出かけくださいませ~。




上ゆるキャラも各地から集合しています。
左から:広島の「ブンカッキー」。アクアスの「ナミちゃん」、
「しまねっこ」。愛媛の「みきゃん」。
ブンカッキーの牡蠣感が進んでいますにひひ




上石見神楽のブース。神楽の小道具作りなど、忙しそうです!
手前から、勘場翔太さん(西村社中)、大畑慶介さん(谷住郷神楽社中)、亀山社中 大下匡さん(亀山社中)。




上子供さんの神楽衣装体験もできます。深ケ迫優太さん(佐野社中)。



上ナミちゃにガン見されながら、大下さんはステージで石見神楽のPRも担当。




上松江フォーゲルパークから来ていた、ミナミアフリカオオコノハズクは大人気。ペンギンもいました。


ダイヤ今日は神楽を2演目拝見しましたダイヤ

久しぶりにお会いした深野神楽保存会の皆さんをご紹介します。

出雲神楽を始めてご覧になる方は「八戸」という演目名も、どう読むの?という感じですね。

これまで深野の皆さんの八戸は、子供神楽のみ見たことがあって、今日が初見四葉

お囃子が始まると、一瞬で、幽玄の世界に染まりました。

~深野神楽保存会 八戸~

















上出雲の大蛇はトカゲオロチなど現在も色々ありますが。
深野では以前より提灯蛇胴で、もう3代めか4代めになるそうです。




上榊を浸しては浴びるように呑みます。







上十束(十拳)剣は清められ大蛇の頭と共に、新宮に祀られます。





| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2019年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.532548秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2812053