神楽に学ぶ。


上広島城お堀の高い場所から下をのぞき込むと、カワセミ発見。
しかし真下すぎて、どう撮って良いかわからない汗



ダイヤ忘年会シーズンダイヤ

今年1年、現場でお世話になったきりになっているスタッフの方々と再びお会いできて、ゆっくりお話しできることは嬉しいのですが。

太りそう!(と申しますか、もうぽっちゃりですけど~にかっ

師走は、体力・健康一番の時期ですね。


ダイヤという年末のお話をしながらダイヤ

このブログはまだまだ真夏・お盆のあたりを走っております。

今夜から「神楽工芸展 協賛神楽公演」をご紹介します。

工芸展では、豪華絢爛な衣装、繊細な面や神楽道具、近くで見て尚迫力ある蛇胴等。

この地域に受け継がれる伝統の技に、溜息が出ました。

そしてこの技に魅了され、無から石見と広島の神楽人が繋がってきたんだなあと深く感心しました。


神楽公演は4演目の披露でしたが、当日は県外からのお客さんの対応で忙しく、3演目のご紹介となります。

まずは、初見で超、超~!楽しみにしていた石見の演目から音符




上天豊足柄姫命(あめのとよたらしからひめのみこと)。
艶やかで堂々とした姫の舞は、格別な魅力があります。



~石神 松原神楽社中~ 

島根県石見地方の名の由来を舞う石神。

恥ずかしながら、私はこれまで自分の故郷の名の起源を考えたこともありませんでした。


さて、この石神は、松原神楽社中が発足当時から舞われているもので。

この演目を代表演目として、松原社中は名を馳せたと伺っております。

このスケールの大きな神話を、故郷の神楽として仕上げる神楽人の才覚に感服です!


〇解説〇

現在の島根県の西部地方は、「八色石(やいろし)」という、山のような怪しい大岩を中心に荒れた土地が広がっていました。

この大地を稲穂の実る豊かな里にしたいと、天豊足柄姫命(あめのとよたらしからひめのみこと)が何度も耕しますが、土はすぐ痩せ水はすぐ乾きうまくいきません。

そこで、須佐之男命の孫にあたる八束水臣津野命(やつかみずおみつのみこと)に八色石を打ち割るお願いをします。

命が里人の幸せを祈ってこの石を切りつけると、石は二つに割れて、一つは、邑智郡に飛んで「龍岩」となり、一つは美濃郡の「角石(つのいわ)」となりました。

そして不思議なことに一夜明けると、天豊足柄姫命は大岩に姿を変えていたと言います。

「八束水臣津野命(やつかみずおみつのみこと)」はこの大岩を見て『この国に奇異(きい)のいはみつる哉(不思議な岩を見たことだなあ)』と言われました。

石見地方の名は、ここから作られたと伝わります。

(筆:石井誠治さん)


天豊足柄姫命:台部亮太さん、八束水臣津野命:野上孝幸さん、
八色石:佐渡村孝明さん・尾土井竜太さん、
大悪鬼:吉岡大貴さん・芳川健一さん。

大太鼓:野上能孝さん、小太鼓:牛山誠治さん、
手打鉦:佐々木龍太さん、笛:西藤史織さん。
































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
おかしみ。
ダイヤ狂言鑑賞会に行ってまいりましたダイヤ

茂山狂言会 襲名披露の記念舞台でした。

広島で能や狂言が見られるのは、有難いです。




上ひとりで行ったので、ひとつだけ空いている一番前の席で見ることが出来ました。役者さんの視線や汗、衣擦れの音・・・素晴らしかったです。


狂言は“笑劇”と呼ばれますし、これまで見てきた曲は、全ておおらかで普遍的な人間くささ溢れるものでしたが。

今日拝見した「武悪(ぶあく)」という大曲の前半は、殺気立ったやりとりと、人の情を描くもので。

役者さんが顔を赤くし、涙を流しながらの緊迫した舞台は、胸に迫るものがありました。

狂言にはこういう曲もあるのですね。

続く後半は、ドリフばりのドタバタ劇に一転。

客席はまさに「泣いて笑って」なのでした。

これから狂言の曲をひとつずつコンプリートするのも、萌える~love


ダイヤさて、容赦なく年末が近づいておりますダイヤ

先日は、2月の早春神楽をご案内しましたが、なんと!新春神楽祭りのご案内がまだでした。


すっかり、広島のお正月の風物詩となった新春神楽まつり。

1日7演目×2日間で、スタートダッシュをかけませんか?

ガッツリ神楽で、新年を彩りましょう四葉


2018年 新春神楽まつり

1月2日、3日(火、水)
上野学園ホール 11時開場、12開演

〇1月2日(火)プログラム〇
神迎え  宮乃木神楽団
岩戸  桑田天使神楽団 
戻り橋  琴庄神楽団
大和葛城  宮乃木神楽団
紅葉狩  桑田天使神楽団
塵倫  琴庄神楽団
走り水  宮乃木神楽団

〇1月3日(水)〇
神降し  曙神楽団
日御碕  あさひが丘神楽団
滝夜叉姫  曙神楽団
道成寺  大塚神楽団
牛御前  あさひが丘神楽団
戻り橋(後編)  曙神楽団
伊吹山  大塚神楽団

入場料:S席3000円 A席2000円
当日券は、それぞれ500円増しになります。

問:082-222-0044(RCC文化センター内)



上今年の新春神楽まつりから、琴庄神楽団・羅生門。
この度は、今年初演を迎えられた「戻り橋」を舞われます。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
茂田まつり。
ダイヤ琴庄の栗栖和昭さんから、無邪気な1枚が届いたのでダイヤ




早速私も同じように返信しようと思ったところ。

後ろの般若の刺繍にもツインテールが!

よく見ると、口の周りもピンクになってるし。SNOWやるな~。





ダイヤ広島神楽定期公演・茂田神楽団の皆さん続きますダイヤ

この日、今年の太刀納めのパンフレットを頂いたのですが。

このパンフレット「茂田神楽団が大好き」というファンの方の手作りで、思いがこもっていて、素晴らしいのです音符

細やかなところを取材され、楽しくまとめられ、可愛いイラストで分かりやすく説明されています。

ご自分の才能を形にして、団員の皆さんと氏子の皆さんに喜んでもらえる!お互いが本当に嬉しいですよね。

今回は一方的にご紹介させてもらいましたが、ぜひ一度、お会いしてみたいです四葉




上愛情が伝わってくる。


ダイヤ幕間のお話は岸本正行団長でしたダイヤ

団員さんからいつも「面を外しんさい」と言われる、恵比須さん顔で知られる岸本団長ですにこっ

まずは初冬の三次、霧のお話から。

私は、霧の展望台のある高谷山からの、雲海の写真や映像しか見たことがないのですが。

この季節、毎朝の様に三次の街中も濃い霧に包まれ、ほんの数メートルしか先が見えないのだそうです。

ちょっと想像しにくい神秘の景色!

でも、毎日の暮らしの中。特に車の運転には気を付けないといけませんね。


さて、今年の茂田さんは、40回近い公演をつとめる大変お忙しい1年となりました。

やはりこの時期になると、怪我も事故もなく団員皆さんが無事に1年を終えられたことが、何よりの団長さんの喜びとなるようです。


又、5年前から指導を始められた子供神楽もメンバーが10人となり、継承者たちがすくすくと育つ姿に力をもらっているというお話でした。

岸本さんのお話を伺っていると、花が咲き実をつける豊かな土壌は、長い目とコツコツの賜物と感じます。




上戻り橋のはじまりは、凄みある鬼の舞から。

~第二幕 戻り橋~

善兵衛さんを舞う・藤原克己さんワールドでした太陽

天真爛漫で、懐かしく、お客さんとの快活なやりとりがあります。

お客さんはずっと笑っておられましたね。

私もずいぶんいじられましたが、出番が終わったあと幕裏で藤原さんが『さっきは本当にごめんねっ汗』とにひひ

この繊細な人柄が表裏にファンを作るのでしょうね。


さて、茂田神楽団では、以前より山姥を保持され、十八番の大江山もあったことから。

8,9年前に、この戻り橋を創作されました。

来年あたりには、羅生門を創作したいというお話もあります。

姫の化けなど派手やかさの戻り橋から、今度は羅生門をどのように描いていかれるか、期待が高まりますね!


大太鼓:小前晋一朗さん、小太鼓:正光 白さん、
手打鉦:田中孝司さん、笛:前田奈穂さん。

渡辺綱:茶木篤紀さん、坂田金時:角先由介さん、
傘売善兵衛:藤原克己さん、茨木童子化相(女人):増原英伸さん、
茨木童子:久山浩則さん。




































上茨木童子の面をかぶらせて頂きました。
岸本正行団長(右)と、藤原克己さん。終演後、やることは全部やった!清々しい控室にてにかっ

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
土蜘蛛の精魂、フサフサ。
雪夕方帰宅時に、初雪ひとひら雪

はしゃぐ小学生たちと並んで帰ってきました。

初雪は嬉しいよね。


ダイヤさてとダイヤ

先週末は多くの神楽公演・奉納がありましたね。

皆様、神楽疲れしていませんか?

・・・やっぱり疲れというより、充電かなにこっ

私は、土曜日は東広島の宮乃木神楽団公演でした。

東広島に神楽の公演で伺ったのは初めてですが“神楽の力”を改めて思いました!




上会場が、膨らんで破裂しそうな熱気だった・・・


そして日曜日は、高猿神楽団の創立20周年公演にご一緒させて頂きました。

それはそれは盛大な記念公演となりました。

高猿を応援される皆様をはじめ、日ごろ親交のある神楽団の皆さんのお顔も沢山拝見し、20年の感激をお裾分けして頂きました。

河野和幸団長をはじめ団員の皆さん、この度の20周年誠におめでとうございます!




上終演後、団員さん全員でお客さんのお見送りをしました。素晴らしい日でしたね四葉


ダイヤ今夜はダイヤ

前回の広島神楽定期公演をご紹介します。

霧海のシーズンを迎えている三次市から、茂田神楽団の皆さんの登場でした。

実はこの日の夕方のニュースで、三江線について取り上げられていて、岸本正行団長の出演がありましたので。

控室で、打ち合わせそっちのけで団員さんとテレビを見ていました。

岸本団長さんは、国鉄に勤められ以降およそ30年間、三江線の車掌さんをなさっていたそうです。

四季を通じ、善い日も、自然災害も沿線の皆さんと乗り越えてきた三江線の変遷。

そして写真などで綴られる、三江線と共にある岸本さんの姿がありました。

『時代の流れは仕方ない。』とお話になる岸本さんの、心中に去来する思いは察するに余りあるのですが。

最後の日まで、又、その先も、多くの方に愛され続ける三江線でありますように。




上岸本団長の出演に盛り上がる控室です。


~第一幕 葛城山~

茂田神楽団が新舞に取り組み始めて一番最初に舞ったのが、この葛城山で30年以上になるそうです。

ベテランの団員の方々にとって、深い思い入れがありますが、これを受け継ぐ若手さんたちが、その気持ちを受け継いでいる特別な演目です。


胸に染みわたるようなドラマチックな笛で始まり。

「なんか心地良い」と感じるまろやかな奏楽と、この奏楽に乗って活き活きとした躍動感のある舞で。

ひと場面ごとの葛城山の魅力を、きっちり魅せて頂きました。


大太鼓:小前晋一郎さん、小太鼓:正光 白(あきら)さん、
手打鉦:田中孝司さん、笛:浅井千秋さん。

源頼光:谷口裕則さん、占部六郎季武:角先由介さん、
坂田金時:茶木篤紀さん、胡蝶:増原英伸さん、
土蜘蛛の精魂:久山浩則さん。





























明日12月6日(水)の広島神楽定期公演は

亀山神楽団の皆さんです。

「滝夜叉姫」「八岐大蛇」です。

木枯らしの帰り路に、鬼女の怨念をどうぞ~星


18時開場、19時開演 

広島県民文化センター(082)245-2311


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
週末、神楽三昧。
ダイヤ昨夜は広島神楽定期公演、ご来場ありがとうございましたダイヤ

三次市から茂田神楽団の皆さんの登場でした。

思い入れの強い葛城山など舞はもちろんですが、豊富な話題の中に三好の今を沢山盛り込んで頂きました。

三好縁のお客様のお顔も見られましたので、故郷の季節のお話は郷愁をよばれたかもしれません。


名物の傘売り善兵衛さんには、袖にいる私をとんでもなくツツイてもらって。。。どうもありがとうございました。

しばらく夢でうなされそうですにひひ


賑やかだった一夜を、改めてご紹介しますね~!




上可愛らしい仕込みもいっぱいでした音符



さて、年末に向かってバタバタしておりまして。

おしりについた火が全く消火できそうにないので、数日間ブログをお休みします。

<m(__)m>

神楽では、12月2日(土)は宮乃木神楽団の皆さんの東広島公演。

翌日3日(日)、高猿神楽団の皆さんの創立20周年記念公演でお逢いしましょう四葉

今週末は、各地奉納や太刀納めも多いですね。

皆様、お車の移動はお気をつけて。

車中泊の方は風邪をひかないように。


ダイヤところで、今週土曜日(12月2日・土)はいよいよダイヤ

来年2月に開催される「2018 RCC早春神楽共演大会~20週年記念大会~」のチケット発売日です。

20周年を記念して、特別構成の広島神楽団の出演、又、新演目を含んだ義経の物語の特集など、他にも様々な記念プログラムが用意されています。

20年間を共に歩まれている神楽ファンの皆さん、ぜひ一緒に盛大にお祝いしましょう!

チケットの取扱い所やプレイガイド、電話予約など、各詳細につきましては、すなっちのブログで確認をお願いします。

少しでもお好みの席はお早めににこっ


すなっちのイベント日誌下

https://ameblo.jp/kagura-event/


五穀豊穣を寿ぐ神々との祭典
「2018年RCC早春神楽共演大会〜20周年記念大会~」


2018年2月18日(日)午前8時45分開場 9時30分開演
広島文化学園HBGホール

第一部【原点を見つめる】
天の岩戸   原田神楽団

第二部【伝統を受け継ぐ】
鍾 馗    三谷神楽団
大江山    川北神楽団
塵 倫    筏津神楽団
八岐大蛇   広島神楽団(20周年特別企画)
☆13神楽団合同・構成神楽団(敬称略)上河内、桑田天使、原田、吉田、琴庄、小枝、龍南、あさひが丘、亀山、鈴張、宮崎、宮乃木、横谷。

第三部【新たなる神楽への挑戦】
橋弁慶    大塚神楽団
寿永の乱   宮乃木神楽団
奥州平泉   琴庄神楽団
瀧夜叉姫   中川戸神楽団
吾妻山    横田神楽団

☆20年連続で出演となる原田、中川戸の両神楽団に特別功労表彰式を行います。
☆豪華景品を取り揃えた、お楽しみ抽選会を行います。

問:082ー222ー0044

チラシ(表)



(裏)



| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2017年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.422198秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2343946