初!
ダイヤ今日、差し入れで頂いたのは、こちらダイヤ



上気になっていたポテチ。島根を代表して、赤てん。


今、あちらこちらで目にしますね。

赤てん味?うーん。

赤てんの香りかな?

・・・赤てん、食べたくなったにかっ




上こういうのが良いですねっ。



ダイヤ今夜は、ぜひご覧頂きたいダイヤ

十二神祇神楽大会のご案内です。

毎年この時期の開催を楽しみにしています、十二神祇神楽大会が、今年も3月31日(日)に開催されます!

今回は、凄いプログラムです。

将軍舞がふたつ、あるんですよ。。。

私はまだテレビでしか、将軍舞を見たことがありません。

奉納とは違う舞台で、どのように舞われるか想像がつきません。

将軍舞について講演を挟みながらの展開ですので、初見でもついていけそうです。

めっちゃ楽しみ~

((((o゜▽゜)o))) ドキドキ


先日の研修で、広域十二神祇神楽連絡協議会の下前富男会長が私におっしゃったのです。

「神楽は分からないから面白い。でも分かったらもっと面白いにこっ

自分なりに感じにいこうっと音符


十二神祇神楽大会

3月31日(日)9時30分開場10時開演:
廿日市市原小学校 入場無料

神降ろし 伊勢神社神楽団  
すす掃き 金山神楽保存会  
~講演 周防神舞いの弓彌将軍について、小原さん(中国地方神楽談話会)~
弓彌将軍 東谷神楽保存会
(昼休憩)
折居 坂原神楽団  (安芸太田町)
~講演 十二神祇神楽の天臺将軍について、神田さん(中国地方神楽談話会)~
天臺将軍 伊勢神社神楽団  

問:090-8713-3311(上田さん)




上昨年の十二神祇大会から、坂原神楽団 「湯立て」。
今年は「折居」を舞われます。



明日からほぼ家にいないので数日間ブログをお休みします。

春(いつもか)は、ドタバタだーい。

24日(日)、呉公演でお逢いしましょう(*^-^*)
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
ツバメきたっ♪
ダイヤいよいよ春めいてきましたねダイヤ

今日は車の中も暑くて、たまらず!初クーラー。

おまけに近所でツバメを見ました。

商店街の軒先をくまなくチェック中でした。





猫の恋やむとき閨(やね)の朧月 芭蕉


ダイヤ春はバードウォッチングが更に楽しい季節ダイヤ

普段逢えない鳥たちとの出会いがあります。

先日は、ユリカモメたちが集う干潟で。

見慣れないユニークな姿の“シギ”を見かけました。




上顔の周りの羽繕いはどうするのかと、気になってしまう。


私はまだシギ類は全く分からないので「なんだろうあれは?」で終わってしまいました。

この子の名前は『ホウロクシギ』。

春と秋の渡りの際、日本に立ち寄る旅鳥さん。

なかなか見かけることのない子だったそうです(一部西日本でも越冬記録があるらしい)。

もう二度と会えないかもしれないのに。

もっとよく観察しておけば良かった~としみじみ思いますあうっ




上大胆やねにひひ海中で目は空いているのか?

素焼きのほうろく鍋に色が似ているから“ホウロクシギ”という説があります。



ホウロクシギは近年数が減り、絶滅危惧種の指定も受けているそうで残念です。

生き物の減少は、人間の暮らしが大きく影響します。

沢山の生きものが集まる干潟をはじめ、山も海も池も森も水田も。

今日あったものが、明日なくなると。

今年あった場所が翌年なくなると。

そこで暮らす生き物たちや、休憩場所を失った生き物たちはどこへ行ったらいいのでしょう。。。



上カモメ、カモ、サギ等々、干潟には鳥だけでも色んな種類が寄り添って暮らしています。いつもまでも変わらない景色であって欲しい。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
交流神楽ですよ~。


上ユリカモメ、顔が黒い子(夏羽)が増えてきた。


ダイヤ痺れましたね、イチローダイヤ

あのすごい送球!3塁手は捕りやすそうだったな~。

イチローが日本でプレイしている姿が観られて嬉しいっ音符


ダイヤ今夜はダイヤ

「2019広島・島根交流神楽」をご案内します。

数年ぶりの開催ですが、もともとの願いは変わりません。

この地域の宝・神楽の魅力と可能性を共有する交流会です。

地域の活性化や循環を始め、多岐に渡る「発展」という願いが込められます。


今年は、予算や日程など条件の縛りも色々とありますので。

5・6・7・8・11月の5回公演のみとなりますが。

神楽の奥行きを感じて頂ける公演になると思っております。

ぜひお越しくださいにこっ


日程など詳細はこちら!下
※今年から、開場から開演までが2時間となり、お昼をゆっくり食べて頂ける時間を設けております。
※チケットは当日券のみとなります。又、次世代育成の趣旨から高校生以下無料となります。

https://www.npo-kagura.jp/hiroshima_shimane/2019.html


第一回は、5月19日(日)です。

新元号となり間もない開催となる事から、平成生まれの神楽団・社中の皆さんを特集します。

千代田開発センター
11時開場 1時開演
入場料:1500円 高校生以下無料
全席自由・当日券のみ 10時発売開始

大江山 飯南神楽団
貴船   石見神楽亀山社中
(演目未定) 高猿神楽団
大和葛城  宮乃木神楽団

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
故郷の香。
ダイヤ春を告げる春雷ダイヤ

冬鳥たちは、どう聞いただろう。。。



上縮景園のジョウビタキ(オス)。



上広島城のジョウビタキ(オス)。


ダイヤ津浪神楽団太刀納めを結びますダイヤ

この太刀納めでは、毎年ビンゴ大会を開催します。

神楽の御幣やグッズをはじめ、祇園坊干し柿や白菜、ぷらっとホーム津浪で販売されているドレッシングや縫物針など。。。

地元色濃い賞品がズラ~リです。

津浪の皆さんのご準備の工夫やご苦労も伝わってきます。

今年は時間の短縮化もあり抽選会となりましたが、本当に盛り上がりました!

又、お客様はご家族皆さんで来られる方が多く、子供さんたちがわんさかいて賑やかです。

ストーブの暖かさにホッとする、本格的な冬の訪れを感じるいちにち。

神楽があるからこその“集い”が、この土地で、この先も長く長く続いていきますように四葉


では、ゲストの中川戸神楽団の皆さん、ドラマチックな瀧夜叉姫です。


~第五幕 中川戸神楽団 瀧夜叉姫~

大宅中将光圀:室﨑 輝さん、平貞盛:海佐竜太さん、
藤原秀郷:迫田葵樹さん、五月姫:藤井真則さん、
賊:前長直哉さん・柳幸大輝さん。

大太鼓:反田一生さん、小太鼓:反田賢太郎さん、
手打鉦:小笠原大翔さん、笛:藤田絵美さん。


























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
結んで開く。
ダイヤ寒いですねダイヤ

厚手のコートがまだまだ活躍しそうです。

花見の頃もダウンが必要な時もあるし。

暫く油断できませんね。


ダイヤ只今、広島県民文化センターでダイヤ

広島神楽定期公演・写真パネル展が開催されています。

昨年の37公演全ての、パネル展示です。

写真は、お馴染みユッキーさんの写真ですよ四葉




1枚1枚に蘇るものがあり。

私は「前方から見るとこんな感じだったんだ~」と新鮮に拝見しました。

又、初めて開かれたフォトコンテストの優秀作品の発表展示もあり。

こんなストライクな写真、撮ってみたいなぽわわという感じです!


いつも定期公演にお越しいただく方も、まだその機会に恵まれていない方も。

静かなギャラリーで、神楽の写真に囲まれてその世界に浸ってください。

写真展は17日(日)次の日曜日までです。

~広島神楽定期公演写真パネル展~

3月17日(日)まで
広島県民文化センター地下展示室10時~18時
082-245-2311



上今年のRCC早春神楽の映像も、ゆっくり見られますよ。


ダイヤでは続いて「津浪神楽団太刀納め」からダイヤ

まずは、津浪神楽団で下積真っ最中の新人団員さん。

中学1年生の小笠原大翔(ひろと)さんをご紹介します。



上ご紹介した後、安心されたのか、ふんわりした笑顔を見せてくれた小笠原さん。岡田副団長も誇らし気です。


もともと津波の子供神楽団員として学んでおられた小笠原さんは。

この日は、会場の受付として働かれていました。

突然の!舞台上でのお披露目に、初めはかなりドキドキされたようですが。

いざお話を伺ってみますと、堂々とされていました!

特に印象的だったのは。

ゲストが中川戸神楽団だったことから。

“旧舞、新舞の選択が出来る中で、なぜこの先も津波の旧舞を舞っていきたいのか?”

という、難しい質問に対して。

「新舞の華やかさやスピード感とか凄いと思うし憧れます。でも、新舞と違う旧舞の恰好良さがあって、そこを自分で舞いたいと思う。」と即答されました。

普段から感じたり、考えていないと出てこない言葉を伺って・・・唸った~。


下積み中の今はまだ、白衣袴も許されておりません。

先輩方は、厳しくも豊かな愛情で育てておられます。

小笠原さんの白衣袴姿を心から楽しみにしておりますチューリップ


さて、津浪神楽団の皆さんの2演目の写真を掲載しようと思うのですが。

今週末、ヒロデン神楽春の陣で舞われる2演目とすっかり被ってしまうので。。。

ちょっと控えめに掲載させて頂きますね。


~第四幕 津浪神楽団 塵倫~

仲哀天皇:栗栖幸太さん、竹麻呂:野田光一さん、
塵倫:末本光次さん。

大太鼓:片山大輔さん、小太鼓:栗栖一真さん、
手打鉦:松本凛大さん、笛:松本初花さん。













~第六幕 津浪神楽団 八岐大蛇~

須佐之男命:河野 力さん、足名椎:末田健治さん、
手名椎:岡田重男さん、奇稲田姫:岡田 望さん、
大蛇:末本光次さん・栗栖幸太さん・野田光一さん・末本徳次郎さん。

大太鼓:野田利則さん、小太鼓:栗栖一真さん、
手打鉦:松本凛大さん・笛:河上 愛さん。




上20年を超えると言われる、末田健治団長と岡田重男副団長のじいちゃんばあちゃんコンビが名物です。







上おち・・そうで落ちないけど落ちるかも!っていう、この存在感にひひ







| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2019年03月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.274791秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3293036