張力。


上月齢3。これから毎日ふっくらします。

星木星が見頃です星

夜9時ごろに真南の空で一際輝き、3時ごろに沈みます。

明るさは約マイナス2.3等級なので、すぐに分かります。

7日の夕方から8日の未明にかけて、月齢11の月との接近も見られます。

GWの終わりに、夜空を見上げてみては如何でしょう?

pic_03.jpg

上5月7日 21時ごろ・東京の南の空。


ダイヤではダイヤ

先日開催された村重酒造の酒祭りから。

岩国市美和町・釜ヶ原神楽団の皆さんの「塵倫」をご紹介します。

山代狂言神楽の伝統の中に、日々コツコツと、時代に寄り添い新しい歴史を創造するガッツに溢れる皆さんです。

この度初見だった塵倫は、山代狂言神楽特有の、テンポの速い奏でと力強い舞で始まり。

幕開けから血気盛ん、生気に満ちています。



上神お二人の舞が特徴的。(私の写真ではそれが表せませんがっ汗








釜ヶ原には、もともとなかった演目「塵倫」は。

およそ10年前、三谷神楽団の塵倫を見て、その塵倫が作りだす世界観と観衆の喜ぶ様子に大きな影響を受け。

「釜ヶ原の舞で塵倫を舞いたいグー」と、団員皆さん胸が熱くなり。

独自の取材で釜ヶ原の塵倫が誕生したそうです。

物語の流れはほぼ同じながら、山代神楽で舞う塵倫は印象が全く異なり、斬新で面白味いっぱいに感じます。











実はこの日。

勇ましい口上と、荒々しい塵倫(釜ヶ原の鬼はどの鬼も気質が荒いそうです)に見惚れておりますと。

途中、ちょっとしたハプニングが起きてしまい。

どうなるのかなと思っていましたが・・・。

裏方の皆さんの冷静な判断で、何事も無いかのように舞台は流れていきました。

”万が一に備えて”“の準備と気構えが如何に大切か。

ベテランの皆さんの経験と勘は、何ものにも代え難いですね四葉


仲哀天皇:野坂 寛さん、高麻呂:山本昭宏さん、
塵倫:山本将弘さん。

大太鼓:冨来(とみき)弘志さん、小太鼓:沖 俊介さん、
手打鉦:宇津本晃一さん、笛:奥野彰太さん。












上矢で射られたタイミングで、客席へ。



上もてなしを受ける。



上大人気。



上この時間だけは緊張感を解いて、ほのぼの。



上ちゃんと、矢で射られた状態で戻ってきました。こまめにひひ







| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
称賛の拍手。


上陸上シーズン始まりました。これから秋まで沢山観戦しよーっ。


太陽GW初日!太陽

「第51回 織田記念陸上 2017」に行って来ました。

陸上競技のシーズン開幕時期を飾る重要な大会で、国際色も豊か。

広島で観られる貴重な大会です。

快晴のエディスタに、選手たちの活躍の眩しいこと!

娘が陸上部でなければ、陸上に興味がなかったと思うのですが。

今ではすっかり、走るのも、跳ぶのも、投げるのも!陸上競技を見るのは楽しい。

年齢のせいなのか?応援していたら涙が出てきますにひひ




上入口で配られるコール用のハリセン。
憧れの選手のサインで一杯の方もいました。



今日は、福島千里選手や青学の原晋監督等、第一線活躍の選手や監督の姿もあちらこちらにあり華やか!

その中で、一際異彩を放ってたのは、桐生祥秀(東洋大)選手ですね。

一流の選手を真近に感じられるだけでも、力をもらえるような気がしますグー

男子100m、桐生選手の今日の記録は10.04。

9秒に届かずと残念コメントが多いですが、表彰台の表情はリラックスされていて明るかったです。

又、競技の合間には、有名選手の握手会なども行われていて、ファンの方々が嬉しそうに走る姿も見られました。

ハードルの福部真子選手(皆実高出身)も、ファンに囲まれて猛烈にサインに追われていましたし汗

陸上大会もファンの皆さんが待ちわびる、お祭りですね四葉


・・・・それにしても今日は、よく日焼けした。

明日は、どんな予定で過ごされますか??




上男子100m。優勝:桐生 祥秀(東洋大)10.04。
2位:多田 修平(関西学院大)10.24。
3位:ショーン マックリーン(アメリカ)10.24。


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
正体。


山笑う・緑だけのグラデーション。


ダイヤゆらゆらと初夏を思わせるような一日でしたねダイヤ

月末でもあり。

明日からGWでもあり。

どこも混雑していて浮足立っているような・・この時期独特の空気です。

一方で、今日は遠足の学校が多かったようです。

最高の遠足日和、心地良い疲れで今夜はぐっすり眠れるでしょうにこっ



上良い顔して寝てる。アヌビスヒヒ。



上どこかの家と一緒。



ダイヤ今夜は感激の一枚!ダイヤ

怪物・鵺のモデルとなった「トラツグミ」です。

先日、野鳥の会の探鳥会に参加させてもらった際。

『今日のメインはトラツグミです。運が良ければ会えますよ。』

ナナナ ヽ(゚Д゚○)ノ ナント!

広島市内でも目撃されることを知ってびっくりしました。

私の周辺では、トラツグミの目撃情報は、三好市の山間部に集中していて。

その珍しさから、一生会えないかもしれないと思っていましたので。

その日、運良く姿が確認できた瞬間、夢のようでした。

とはいえ希少は希少、その上敏感な性質で、神経を使う観測となりましたが。

貴重な経験をさせてもらい、野鳥の会の皆さんには感謝でいっぱいです。

近づけないので、70~80m先にいるトラツグミ。

黒い豆粒が動き回るのを、なんとか数枚撮れて、嬉しいのでアップします。

でも、ネットで検索すれば、綺麗な画像が沢山出て来ますけどねにひひ




上阪神ファンが喜びそうな、トラ柄。


この、目のくりくりした可愛い子が、どうして「鵺鳥」とよばれるようになったのか・・・。

トラツグミは、夜に鳴く習性を持ち。

夜中に林や森の中で『ヒュー』『ヒー』ととても寂しげに鳴き「幽霊鳥」「地獄鳥」とも呼ばれるようになります。

そして、人間が抱く真の闇への恐怖が想像を膨らませ。

頭は猿、体は牛(狸)、手足は虎、尾は蛇と、とんでない化け物になったと言われます。


《夜毎三条の森から黒雲が湧きあがると共に不気味な鳴き声が響き渡り、時の帝は胸をかきむしり病に伏せられた。
怪物退治を命じられた源頼政は、黒雲の中から現れた怪物を弓で射落とし、猪早太がとどめを刺すと、都に静けさが戻り、帝もたちまち回復した》


京の都の鬼門・東北にあたる三条には古い大銀杏があり、このあたりは鵺の森と呼ばれていたそうで。

ここに住むトラツグミたちが、夜になると御所に向かって飛んで行ったのかもしれません。

どちらにしても、本人の知らぬ存ぜぬところではありますにぱっ




上かろうじて、手足は虎。尾は長くて蛇に見え・・・る?


あれから、時々同じ場所に行ってみますが、一度も会えていません。

夏は山深く入ってしまうそうなので、もうすでに、生活場所が変わってしまっているかも。

では、帝を病気にさせたという、トラツグミの鳴き声をどうぞ下

https://www.youtube.com/watch?v=Kt35Pd83m6c

上野鳥の会・鳴き声ノート
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
笑う門。
ダイヤ録ってきましたよダイヤ

神楽スペシャルのラジオCM。

これからGWだし、7月はまだ先だし、と言う雰囲気はありますが。

風鈴と金魚の季節はあっという間に来ます。

少しでもお好みのお席はお早めにお求めくださいねにこっ


それにしても、今回は原稿の中にちょいちょいあれあれ?要素があって。

これが笑いのツボにはまって困った・・録れないかと思った~。

一度はまると、当分抜け出せないツボ。

このツボからサラッと抜け出す方法ってないでしょうかねぇ??

(もちろん最後はちゃんとしたものが出来ておりますにひひ



上原稿にいろんな罠があったずら。


神楽スペシャル~あなたが選んだ宝刀伝~

7月16日(日)12時開場 13時開演
上野学園ホール

プログラム
神迎え  宮乃木神楽団
○あなたが選んだ宝刀伝○
草薙の剣  上河内神楽団
八岐大蛇  宮乃木神楽団
戻り橋(前編)  原田神楽団
大江山  大塚神楽団
紅葉狩  中川戸神楽団
土蜘蛛  琴庄神楽団

問:082-222-0044 RCC文化センター


ダイヤ昨夜は広島神楽定期公演ダイヤ

ご来場ありがとうございました。

栗栖神楽団の皆さんでした。



上第一幕 塵倫から。


不気味な鬼にゾクゾクし。

広島弁の足名槌さんに大いに笑って頂きました。

また改めてご紹介します四葉


来週5月3日(水)は、休演となりますので、ご注意ください。

水曜日なので、つい・・・ということがないように星

5月10日(水)は高井神楽団の皆さんで塵倫と土蜘蛛です。


これ以降の定期公演の予定を載せておきますね。

17日(水)春木神楽団  山姥(変更になりました) 頼政

24日(水)吉和神楽団  塵倫 八岐大蛇

31日(水)宮崎神楽団  葛城山 八岐大蛇




上昨年の定期公演から、高井神楽団 土蜘蛛。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
キャッチボール。
ダイヤ不穏なニュースばかりで気が滅入りますがダイヤ

気が付けばGWが目の前ですね。

ご予定は如何に~?


ダイヤ先週の広島神楽定期公演ダイヤ

宮乃木神楽団、続きます。




上美しい奇稲田姫さんと運命の出逢い。


幕間のお話は、山本貴範団長です。

神楽団の紹介と合わせ、今年も50を超える公演に全力疾走であるというお話に、会場もホ~ゥと驚かれた様子でした。

『声をかけて頂くご縁を大切にしたいので、出来るだけ受けられるよう皆で努力をしてつとめさせてもらいます。』

又、その慌ただしい日々の中で、着実に力を付ける若手団員さんを頼もしく思われ。

すっかり父親のような気持ち!とも語られました。

宮乃木を築いてこられた先輩方の背中は、若い団員さんにとっては大きな大きなお手本でしょうにこっ


さて。

第一幕の紅葉狩の際、裏方としての山本さんのプロフェッショナルな動きに感動していた私ですが。

もうひとつの疑問(願望かも)“姫はもう舞われないのですか?”と何気なく質問してみたところ・・・これが・・・

『いやいやもう!やっぱり姫は、若いキレイな者がええでしょう?!』

というバトルになり。

渋め好みの私としては。

それがたまらん味わいで。

その年代の舞子さんにしか放てない魅力があるではありませんかっ?

と主張するつもりが、言い負かされてしまいましたにひひ

とにもかくにも、お客様には神楽人のもうひとつの顔、親しみやすさを土産話にして頂けたに違いありません四葉




上婆ちゃんピンチ!(母ちゃんかな?)


~第二幕 八岐大蛇~

実は!この日配られた配役表に、大蛇は4頭の表記しかありませんでした。

これは、前もって予定がはっきりしなかったための数です。

そこで開演前に、山本団長と田村和也さんと私は、コソコソ打ち合わせました。

「4頭と思っていて8頭出ると、嬉しいよねっ?!」

お客さんには、ナイスサプライズとなり、とても喜んで頂きました。

更に、客席におりて自由自在に動き回る大蛇たち。

『舞っていても本当に楽しいんですよ!』が伝わるひとときでした。

そして、あんなに“夢中”な奏楽は、滅多に観られるものではありません音符


大太鼓:管沢秀巳さん、小太鼓:佐々木崇志さん、
手打鉦:栗栖 綱さん、笛:山口莉奈さん。

須佐之男命:半田 徹さん、足名椎:平岡時和さん、
手名椎:川江翔太さん、奇稲田姫:山下瑚太郎さん、
大蛇:山本貴範さん・田村和也さん・佐々木恵太朗さん・
山口 蕉さん・中村直哉さん・中村悠哉さん・
江田和弘さん・中本雄己さん。


































上MEN'S NON-NOかSafariかっ?というくらい、絵になるお二人ですねぇ。左から、佐々木恵太朗さん&須佐面&山本貴範団長


~明日26日(水)定期公演は~

栗栖神楽団の皆さんです。

塵倫と八岐大蛇で、また一味違う趣を感じてください!

4月26日(水)18時開演 19時開場
広島県民文化センター(082)245-2311


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前  2017年04月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.241684秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2278838