姿勢。


上満月は23日(水)。


ダイヤ春爛漫ダイヤ

くしゃみも全開汗


ダイヤ季節もすっかり進んだところでダイヤ

「2016年RCC早春神楽」の様子をご紹介して参ります。

息吹く季節の恒例行事は、18歳。
 
今年も、客席からの大きな期待を、熱誠に昇華させる神楽人たちの姿がありました。




上幕開けを務める松原神楽団・奏楽の皆さん。開演10分前~。


第一部 原点をみつめる

~岩戸 松原神楽団~

塵倫、鍾馗に並び、松原の伝統に重きを置かれる演目です。

『人が変われば、舞はやむを得ず変わるところもありますが、本質は絶対に変えない。次の世代に伝えるための使命です。』斉藤直将団長のお話です。

僕たちも歴史の中継者なので、という言葉に、はっきりとした未来への継承意志が見えます。





今回、手力男尊さんの特徴的な舞が胸に残りました。

そこで“本人の希望で、舞いたい役を舞わせてもらえるのですか?”と質問させて頂きましたところ。

んー、どうかな、という返答で。。。

例えばうちは、練習は8時と言ったら、皆8時に集まる、が当たり前。

仕事も忙しいが、努力をなくして自分の希望は叶わない。ましてや努力しても芸事は理想通りにいくとは限らない。

もうひとつ言えば、練習は自分のためだけでなく相手がある。相手への気遣いも、自分の願いを形にしていく心構えのひとつだと思います。

斉藤団長のお話は、いつも真剣で熱いグー

その団長を囲んで、そうそうと頷く団員の皆さん。

「同じ方向を向いて歩む」を強く思います四葉


素戔鳴尊:竹本翔馬さん、天照大神:深野 翼さん、
小屋根尊:上分哲安さん、太玉尊:斉藤義彦さん、
錮女尊:沖田佑介さん、手力男尊:古元正敏さん。

大太鼓:上手佳也さん、小太鼓:鈴木文章さん、
手討鉦:斉藤政司さん、笛:上分かをりさん。











上昨年新調された錮女さんの衣装。これまでの衣装から生き物を外し、取りつけたそうです。








続きます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
コーヒー一杯で。
ダイヤ3連休ダイヤ

神楽三昧ですかにぱっ??

今日は、佐伯区石内で開催された「第2回 十二神祇神楽大会」へ行ってきました。

広島から岩国、安芸太田町等々、広域から集う大会です。

初めて拝見する演目があり、又、同じ演題で内容が全く異なるものがあったり。

“人、伝える神楽”の醍醐味を、じっくり味わいました。

写真を整理して、改めてご紹介します。



上北中山子供神楽団(山代白羽神楽保存会・岩国市)
「三鬼(さんき)」から。




ダイヤさてと。今夜はダイヤ

突然の集合で、近所のコメダ珈琲。

特に用事があるわけでもなく集まってワイワイと。

ということで、栗栖和昭さん特集です。

最近のスマホは面白いですね。






上さくらんぼの茎を口の中で結んでいます。頑張っています。




上・・・できませんでした。もうすぐサクランボの季節ですね。
Let's try again!











上違和感なしっ。


で、竹迫正棋さんも。

竹迫さんはどう撮ってもかわいいねぇ。

ズルいねぇにひひ




上なーんか、じわじわくる・・・



上ほらね、変顔してもかわいい音符




上最後に栗栖さんご本人が、一押しのこちら。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
お土産に学ぶ。


上今日孵化しました組。



上2~3日経ちました組。


ダイヤあさきた神楽発表会の日ダイヤ

江津から来てくださったお客さんが、クーラーボックスから取り出したお土産は。

ハマボウフウ。

よくお刺身のつまとして見かけますが。

その正体は、海岸砂地に自生する山菜(セリ科)なのだそうです。




上旬は3月~5月(花が咲くまで)。


袋いっぱいのハマドウフウは、もやしのような香りで。

帰って、何度も漱いで根元の砂を落とし下処理を済ませると。

綺麗な白色、サラダで頂くとシャキシャキ!セロリのような爽やかさでした。

浜田と江津の境辺りの海岸を、2キロくらい歩いて摘んだとのこと。

お裾分け有難うございます。

<(_ _)> アリガタヤ~


こんな香り高い春のご馳走が、足元に広がっているなんて。。。

今度、砂浜をゆっくり歩いてみよう。

新たに知った、海の恵みです。



上天ぷらも美味しいっ。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
serpent dance Orochi
ダイヤ催花雨(さいかう)ダイヤ

早く咲きなさいと、花を急かすように降る雨。

この雨があがると、また少し景色が明るくなりそうですね。


ダイヤそりでは~ダイヤ

「第9回 神楽ふれあい観賞会ヒロシマ」最終演目、八岐大蛇です。

羽佐竹神楽団の皆さんは、1月の東京公演も八岐大蛇を舞われたばかりですね。

八頭の大蛇は、やはり観客の心に深く深く刻み込まれる圧巻の神楽と思います。

そのエネルギーを、この日体育館に集った皆さんで分かち合い、元気を持ち帰りました。




上観衆も奏楽の皆さんに気持ちを揃えます。


~八岐大蛇 羽佐竹神楽団~

手名椎さんが、やたらツボで。。。

じわーりじわーりと可笑しくて、クスクス・・・ゲラゲラと。

周りにも、同じ症状の方があちこちにいらっしゃいましたにひひ

そして、めくるめく大蛇!

すっかり童心に返って拝見しました。













上手名椎さんは、素戔鳴尊さんの髪が長いところが気に食わないのでしたにかっ































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
憧。
ダイヤ今夜も「第9回 神楽ふれあい観賞会ヒロシマ」からダイヤ

子供たちの塵倫の全力発表の後は、その指導を続けてこられた羽佐竹神楽団の皆さんです。

今回は、前半に「曽我兄弟」を舞われたのですが。

残念ながら間に合いませんでしたダッシュ

次回の楽しみに取っておこ。

٩( ・ω・ )و トッテオキマショ

では、会場を巻き込みながら最高に盛り上がった!戻橋です。




上幕開けの昂ぶり。


~羽佐竹神楽団 戻橋~

シンプルな構成に、舞子さん各々の技量が光ります。

特にはじまりの場面、渡辺綱の舞は優雅で雄々しく、手元に向けられる目線の美しさに魅入りました。

渡辺綱を舞った泉圭汰さんが、この日、綱デビューだったと後で伺って驚きました。。。

楽しかったよ~、戻橋!







上魔をまとう婆ちゃんと、素朴で懐かしい雰囲気の傘売りさん。






















上会場騒然。でもみんな大喜びにかっ










| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2016年03月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.271275秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

4840472