風物詩。
ダイヤ浴衣の季節ですダイヤ

今年は早めに準備するつもりが。

いつもお世話になるお店では、今年はとうかさんで、ほとんどの浴衣が出てしまって。

今日になって「やっと数が揃った」と連絡がありました。

凄いな!とうかさん!

景気の良いお話ですにこっ

しかし、浴衣選びも、数が多ければ多いで目移りして決められません・・・



上結局ひとつしか決められませんでした。。。出直します汗

今週末・来週末、蛍と神楽のイベントもありますし、浴衣でのお出かけは気持ち良さそうです。

雨も、ホタル好みくらいに降るといいな・・・。


ダイヤでは、少し早目にダイヤ

田原温泉の、わくわく湧田湧田裕樹さんが命をかけて開催する「蛍と神楽の乱舞スペシャル」のご案内です。

とうとうスペシャルになっちゃいましたね~。

さすが、わくわく湧田くんです。

プライベートはすっかり後回し、神楽の研究とお仕事ばかりしています。

・・・頑張る時なんでしょうねぇ。

ヽ(´∀`。)ノ ファイト~。


ダイヤさ~て今回はダイヤ

なんと!開演は午後2時になりまして、御座舞で始まり青葉の笛で結ばれる7演目。

神楽の宴より演目数も多い音符

田原温泉で観て頂く神楽ですから、やはり広島と石見の共演が柱です。

岡崎社中の皆さんが初登場ですよっ。

温泉でスッキリ、神楽で熱く燃え、谷川のせせらぎと蛍に涼む、格別な夏の休日をお楽しみください。

入場者も限定となりますので、ぜひお早めにお申し込みください。

田原温泉・蛍と神楽の乱舞スペシャル

7月5日(日)12:30開場 14:00開演

☆神楽の宴と時間が異なります。

1.御座舞 大都神楽団

2.天岩戸 大都神楽団

3.弁 慶 岡崎神楽社中

4.日本武尊 筏津神楽団

5.大江山 山王神楽団

6.土 蜘 大都神楽団

7.青葉の笛 中川戸神楽団

8.ホタル鑑賞タイム

大人5,000円(特製神楽弁当・入浴券付き)
4才~小学6年生 3,000円(特製神楽弁当・入浴券付き)
3才以下は無料(お弁当はありません)

入場にはご予約が必要です。
Tel.0826-82-3888

ポスターなど下
http://www.tawara-onsen.jp/2012/



上中川戸神楽団 青葉の笛 
6月・月一の舞から。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
訓。
ダイヤ幕間のお話は、佐々木 正団長ですダイヤ

まずは、9月の豊平競演のご案内。

今年40回の記念の年、皆で力を合わせて盛り上げたいとお話されました。

そして11月には、そば祭り。新そばを食べに来てね音符と、秋の豊平のご紹介でした。


さて、振り帰って頂くと。

佐々木団長は、神楽を初めて38年。

先輩方から一番初めに教わった役は、葛城山の頼光。

姫も神も鬼も様々に舞ってこられた佐々木さんの中でも、この役には当然、競演での緊張感など様々な想いがあります。

しかし、当時の先輩方が繰り返し指導されたのは。

「幣は何より大事なものだ、絶対に下に付けるな、注意を払って扱え」という訓え。

舞の技術よりも何よりも、神楽の本願を形にした、幣のことだったそうです。

この定期公演にも、スタッフが“チロル”と呼ぶ、天蓋が付けられています。

天蓋の下に集う、一期一会を思います。



上悲劇の英雄の物語は、最初から物悲しさが漂います。
源義経:堀田智治さん、武蔵坊弁慶:長木 健さん。



~第二幕 壇乃浦~

幾つかの神楽団が保持されている「壇乃(之)浦」。

続いて佐々木団長からのご紹介は。

神楽団によって描き方が違う面白さと、若い団員さんが熱心に舞い継がれる頼もしさ。

また、この定期公演の機会に、今吉田の壇乃浦を観て頂ける喜びを語られました。



上下前半部分では、壇ノ浦の源氏の勝利と、平氏滅亡の知盛の無念が描かれます。
平知盛:吉田和雄さん、能度守教経:井上 節さん。








上平家打倒に喜び勇んで凱帰しようとする義経。
しかし、思いもよらない頼朝との確執が待っています。




上一方、知盛は怨念の塊となってその時を待ちうけます。



上そして物語は後半。
頼朝から追われる身となった義経一行。
静御前:松本一樹さん。




上海路・大物浦で出現した知盛の亡霊。
弁慶の法力によって打ち払います。
亡霊:木村隆之さん。




上遥か東国を目指す義経一行。静御前との別れの酒宴。
義経の『しばしの別れ』という言葉が悲しいです。




上離れがたい二人。
心を鬼にして引き放つ、弁慶。



ダイヤ葛城山上演中、インパクトの強かったダイヤ

土蜘蛛の面を被らせて頂きました。

お隣は、大太鼓の石川一義さんです四葉

管沢面で、およそ20年前位の面と伺いました。

『こんな大きな面で、あんなに激しく舞うんですね!』と驚いていましたら。

この面は顎がしゃくれて長いので呼吸がしやすく、他の面と比べて舞いやすいんですよ、とお話されていました。

ヘ~ (゚∀゚ノノ ナルホドッ



上大きさがよくわかるでしょ音符
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
うちの父ちゃん姫なんだぜっ。
ダイヤ週末は神楽三昧させて頂きましたダイヤ

土曜の夕方、競演が始まってしばらくの間、千代田はびっくりするような雷雨でした。

屋外で作業されていた皆さんは、びっしゃんこでしたが、風邪をひかれていませんか?

治りにくい季節です。気を付けながら夏の神楽を楽しみましょうね。

では、前回の広島神楽定期公演。

今吉田神楽団の皆さんをご紹介します。



上遠くまで響き渡る、清々しい全力奏楽でした~!



上豊平競演、応援に来てね~!!


ダイヤこの日も梅雨空でダイヤ

ポツリポツリと降り始めた雨の中、沢山のお客様にご来場を頂きました。

広島神楽を代表する葛城山に続いて、日本の歴史に残る英雄・義経の物語。

神楽のもうひとつの面白さを見て頂きました。

撮影会も団員の皆さんに大きなご協力を頂いて、衣装をはじめ、様々に観て触れて頂き、お客さんの“感激”の余韻を連れて帰宅しました。



上土蜘蛛の物語の中に、頼光の気高さ、武勇が描かれます。
源頼光:堀田智治さん。



~第一幕  葛城山~

熱心な先輩方から受け継ぎ、県競演や豊平競演などで入賞を果たした、思い入れの強い演目です。

前半は頼光と胡蝶(化身)の緊張の展開となり、後半は神と鬼との激しい対決となります。

その合戦の奏楽と舞い方は独自のもので、前列の神楽ファンの方々を魅了するものでした。



上手元の繊細な作業、女性らしい指先の所作に見惚れます。
胡蝶:松本一樹さん。




上頼光が毒を飲む緊迫の場面。奏楽の方の表情も舞台のひとつですね。
大太鼓:石川一義さん、小太鼓:石川悠祐さん、
手打鉦:井上穂乃香さん、笛:長木 恵さん。


胡蝶の松本一樹さん。

神なども舞われるそうですが、経験を重ねた上で、自分の気質に合うのはやはり“姫”とお話されます。

特に胡蝶は、ひとつの役の中にある舞分けに感興尽きず。

客席からは見えないであろう細かな所作、目線の中に自分の胡蝶を育てられます。

『胡蝶が好きで舞っていると、胡蝶になるんでしょうね。。。頼光が毒薬を呑んで目の前で倒れると快感ですからにひひ

大きな励みは、毎晩、家のテレビを占領して神楽のDVDに合わせて舞う子供さんたち。

好きな番組もカープも全っ然見られないそうですが!

『神楽を見に来て、僕が姫の姿で舞台に進むと“あっ、父ちゃん”って声が聞こえてきます。』

父ちゃんは姫なんだよ~。神楽の里で育つ子供たちならではのトキメキですね四葉

では、父ちゃんが姫から変わっていく様子を見てちょ下

















上すでに頼光より“蜘蛛切丸”を授かり成敗の勅命を受けています。
卜部季武:長木 健さん、坂田金時:吉田和雄さん。




上下大きな面もインパクトがありますが。
ここからの合戦、奏楽・舞!面白いです!!
土蜘蛛の精魂:木村隆之さん。




続くよ~。 


明後日24日(水)の定期公演は

飯室神楽団の皆さんです。

定期公演初の大楠公の上演です。

安佐北神楽発表会で、舞子さんも奏楽さんもお客さんも泣いて。

私もお化粧がほとんど落ちた思い出があります。

神楽で描く日本の歴史・英雄の姿をぜひ観に来てください。

6月24日 (水) 開場18時 開演19時

広島県民文化センター 

082-245-2311

飯室神楽団:大楠公 八岐大蛇

6月は梅雨月、スタンプ2倍キャンペーン開催中。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
お知らせします。
ダイヤ第24回 神楽の里 千代田神楽競演大会ダイヤ

結果をお知らせいたします。

団体の部

優勝

中川戸神楽団  土蜘蛛

準優勝

上本地神楽団  山姥

3位

東山神楽団   大江山


個人の部


舞の部

春木神楽団  山口周平さん (鬼竜丸 ※滝夜叉姫の賊です)

楽の部

上本地神楽団  沖本周子(ちかこ)さん (笛)


おめでとうございます。

スタッフの皆さま、雨の中をお疲れ様さまでした・・・
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
見上げる。
ダイヤ週末は晴れて欲しいけどダイヤ

美味しいお米と鮮やかな緑を育てる雨の予報。。。仕方ありませんね。

少しでも晴れ間が広がるよう願って、空のイベントをご紹介します。


注目は“宵の西の空”。

先ずは、太陽・月に次いで、明るく見える「金星」です。

マイナス4等級の一番星は、いつもはあっという間に西へ沈んでしまうのですが。

今は、夜10時ごろまで地平線上に見えています。


そして、その左上に輝くのが、マイナス2等級の木星です。

木星と金星がこんなに近くに!又、夜遅くまで観測できるのです。

惑星は、ひとつずつでは探しにくいかもしれませんが、今の金星・木星の位置関係ですとバッチリ分かります。


ダイヤさて、明日20日と21日の夜はダイヤ

この金星と木星に、細い月が寄り添うことになります。

もし、お天気が回復するようでしたら、夜ご飯の時間ごろ、ちょっと空を眺めてみてください。



上2惑星と、月齢4以降の月の動き。
※国立天文台ほしぞら情報から。


ダイヤ今回は見逃してしまったとしてもダイヤ

これから月末にかけて、金星と木星が日ごとに接近していく様子が見られます。

最接近は、7月1日(火)。

愛と美の女神・アフロディテと、全知全能の神ゼウスの共演をお楽しみください。

そういえば、七夕も近いですね星



上最接近日に向けての2惑星の動き。
※国立天文台・ほしぞら情報から。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前  2015年06月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.298053秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286158