意気込み。


上土蜘蛛の面は、霜江勇弥さんの思いが込められたもの。
自然界の毒蜘蛛のように、禍々しい色合い。
鼻や眉の形は、雌の蜘蛛を現します。
この度使われた面は、大都神楽団・惠木勇也さん作です。


3月25日(水)山王神楽団

第一幕 土蜘蛛

もともと12月のこの舞台に向けて、整え直し、練習を重ねておられましたが。

4か月後の、やっとこさのお披露目となりました。

しかし、そのお陰で更なる準備が可能となり、新しい面も登場。

お客さんを湧かせ、魅了した土蜘蛛。

山王さんの新しい顔という印象を受けました。

当分舞う予定がないとおっしゃるので、リクエストが良いかもしれませんねっ。



上妖気をまとう胡蝶(の姿)。
面から頂くイメージが舞を作るといわれます。胡蝶:霜江勇弥さん。




上受け取っちゃだめ―汗
頼光:井上 亮さん。




上長い年月を経て、本懐を遂げる時。



上大胆に頼光の様子を窺う、胡蝶(の姿)。



上徐々に本来の姿に・・・



上スピード感のある、めくるめく展開。



上新しい面が舞台で役を果たす嬉しさって、どんなんかな~。
土蜘蛛:前 翔太さん。




上卜部季武:芳信 智也さん。坂田金時:栗栖 隆治さん。
栗栖さんはもうすぐ高校三年生。期待を背負います。


第二幕 八岐大蛇

幕間には田坂真吾団長が登場されて、お客さんに直接問いかけながらお話を展開してくださいました。

神楽を舞う人って一体どんな人なのか、お客さんも構えておられることも多いので。

人柄を知って頂くと、たちまちファンになってもらえますね。

『オーソドックスですが・・・凄いのを舞います!』と気合のひとこと、大きな激励の拍手を受けました。

又、この日は、新人さんお二人を交えての八頭立て。

表も裏も活気に溢れていますよ~グー



上品の良いお茶目なおばあちゃん、大人気でした。
手名椎:平田俊文さん、奇稲田姫:霜江勇弥さん。




上親子の別れ、現代と変わらない一番大事な情を伝えます。
足名椎:片岡 英昭さん。




上緑大蛇は、栗栖隆治さん。赤大蛇は中川 彰大(しょうた)さん。もうすぐ高2。
そうです!中川克也さんの息子さんですにかっ




上酒を呑む姿も豪快!



上いいな~星



上八頭目・大将の頭を掴む須佐の手の力が、そのまま伝わってくるみたい。須佐之男命:前 翔太さん。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
再会。


上お昼過ぎの宮島SA(下)。お花見スポットなのだそうですね。
コーヒー休憩、桜でリフレッシュしました。


ダイヤ今日はどこへ行っても、よく混みましたねダイヤ

渋滞で、年度末を実感しましたダッシュ

ダイヤそしてついに明日からダイヤ

2015年の広島神楽定期公演がスタートします!

開演はいつも通り19時ですが。

17時から恵比寿舞が披露されます。

お時間の許す方はぜひ早めにお越しください。

ヾ(●´∀`●)お待ちしています。

4月1日(水)開場6時、開演7時。
チケットの販売は夕方5時から。

広島県民文化センター(082)245-2311

旭神楽団 紅葉狩 八岐大蛇

4時頃から、北広島町の観光キャンペーンが始まります。
5時頃から恵比寿舞の披露があります。

ダイヤそれではダイヤ

3月の水曜日に開かれた、2回の順延公演をご紹介します。

ファンの方々は、待ちに待った公演だったでしょう!



上開場前、ロビーで狒々を発見。大人気音符

3月18日(水)宮乃木神楽団

第一幕 八衢(天孫降臨)

数日前にも、このブログでご紹介したようなにひひ

もともとは、この定期公演での初演を予定し、話題になっておりました。

それから半年、様々な舞台で舞い込まれての披露となりました。

私も、拝見する毎に、気付きがある、とても好きな演目です。



上どんな場面でも、宇津女ちゃんはたおやかで美しい。
天の宇津女命:半田徹さん。




上宇津女ちゃんから広矛を授かり、悪魔払いしながら、先導するように依頼を受ける猿田彦さん。猿田彦命:田村和也さん。



上下古い舞から取り入れた技、決まっています!
天の忍日命:佐々木 恵太朗さん、天津久米命:中村 悠哉さん。






上日本人の暮らしの基、繰り返し伝えたいお話です。



上宇津女ちゃんと猿田彦さんの婚儀。ドラマチック。

第二幕 八岐大蛇

幕間を、楽しい時間にしてくださった山本貴範団長。

ここでのお話は、二頭の白い大蛇について。

宮乃木の八頭の大蛇のうち、二つの白の大蛇は、夫婦。

そして他の六頭は、その子供たちなのだそうです。

又、白の大蛇の雄雌は、眉毛?と髭?で見分けると分かりますよ、というお話でした。

どこに注目すべきか具体的に教えて頂けて“初神楽”のお客さまだけでなく、みんな興味津々でした!



上「私たち、夫婦。」眉毛と髭が垂れているのが奥様(右)。



上近くで見るのも良いけど、後方で見渡すのも良いっ。



上須佐さんの勇姿に、奇稲田姫も嬉しそうに見えます。
須佐之男命:半田 徹さん
奇稲田姫:岡本 健太さん。




上大蛇も須佐もガンバレ~にかっ

山王神楽団へ続くよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
大蛇に託して。


上息を呑むような姫取りから。

ダイヤ第九回あさきた神楽発表会を締め括るのはダイヤ

飯室神楽団の皆さんです。

この日のために選ばれた演目は、八岐大蛇。

『自然の災厄を鎮める祈りの舞』として、心を込めて舞われました。

その想いは団の枠を超えて。

宮乃木神楽団から田村和也さん、あさひが丘神楽団から小田徹也さん、鈴張神楽団から竹迫正棋さんも加わり、八頭の盛大な披露となりました。

稲田の神を救う大地の神の物語に、故郷の復興と魂振りを願う、特別な大蛇です。

《八雲立つ 出雲八重垣妻籠みに 八重垣作る その八重垣を》



上希望をもたらす神。面も好きだな~。
須佐之男命:野見山 渉さん。




上小学校の体育館を借りて、八頭の練習を行いました。
飯室神楽団の大蛇の皆さんは:佐々木俊一さん・湯月 大生さん・
蛯名 貴一さん・倉頭 竜次さん・丸本 哲也さん。




上4つの神楽団をひとつの大蛇として奏でる皆さんです。
大太鼓:下田 勝行さん、小太鼓:吉村 一成さん、手打鉦:日野 俊希さん・中本 雄介さん、笛:大西 菜つみさん。




上は~よく暴れた。おやすみ。



上下一刀の緊張感を、会場と分かち合います。





上面と同じ表情なんですね!

来年は10回記念公演です。

ご期待ください四葉

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
愛憎の行方。


上鍛冶屋・抜刀斎に五寸釘を注文します。
まだ引き返せるぞっお蓮ちゃんっ


ダイヤあの物語が、とうとうダイヤ

あさきた神楽発表会にやってきましたーにかっ



上良い仕事する抜刀斎。家族のため金のため。
抜刀斎:石川 昌士さん。


~第八幕 鈴張神楽団 枡屋 お蓮~

音響、照明、ドライが整うホールでどう演じられるか、鈴張の皆さんも楽しみになさっていたようです。

これらの演出とピタリ息が合った時、舞手の心も昂るとおっしゃいます。

さて、一昨年の暮れに初演を迎えたこの演目は。

やはり拝見する毎に、少しずつ変化を加えておられます。

勢いで舞う演目とは違うので、時間をかけじっくり取り組みたいとお話される、橋原 慎也さん。

『面をつけることで、年を重ねても舞っていける演目。これから舞い込んで!舞い込んで!舞子・奏楽共に技量を磨いていきます。』

鈴張の枡屋お蓮を観たいね、と言ってもらえたら嬉しいですと結ばれました。

《久衛門は 生まれ故郷のよい男 振り向く姫が袖をひくかな》



上お連を“境目”に導く、奏楽の皆さん。
大太鼓:橋原 慎也さん、小太鼓:吉田 和哉さん、
手打鉦:薮本 司さん、笛:青木 静さん。




上かえりのない釘に、狂気を注ぎ込む。
枡屋お蓮:竹迫 正将さん。




上一振りごとに戻れなくなって。



上時折別のものが顔を出します。



上隣の里に囲う、娘に逢いにいく久衛門ですが。
自業自得なので、仕方ないね星桝屋久衛門:山中 数人さん。




上捕まっちゃった。あーあ。



上お蓮の本望ではない、哀れな姿です。
しかし最後は事代主命によって来世の幸せが約束され、昇天します。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
確立。


上独特な面に、様々な思いを巡らします。。。

ダイヤこの度、縁の下の力持ちとしてダイヤ

諸木郷土芸能保存会の皆さんが、ロビーで十二神祇神楽の展示PRを担当してくださいました。

現代に注目を集める神楽とは、一味違う十二神祇神楽。

安佐北区は、十二神祇神楽の里。

手づくりの花火、異国情緒さえ漂う面。。。

懐古談に華を咲かせた方も多かったでしょう!



上世鬼の舞・荒平の衣裳。
大正時代・作の旧衣装(およそ25キロ)。昭和56年・作の新衣裳(およそ40キロ)。神楽人は昔から逞しいですねぇにかっ



ダイヤ続いて、プログラムを進めま~すダイヤ



上もとは将門の手下として、貞盛への恨みを募らせます。
夜叉丸:山田 悠人さん、蜘蛛丸:古岡 和芳さん。(お顔が写ってないですね。ごめんなさい。)


~第七幕 あさひが丘神楽団 滝夜叉姫~

下田 敏則新団長のもと、新生あさひが丘神楽団として、初めてのあさきた神楽発表会です。

どの場面を観ても“あさひが丘の滝夜叉姫”であり、独自の取材と強い思い入れを感じます。

武芸達者で戦術家であったという将門の娘・五月姫が、受け継ぐ血の中に陰と陽を持ち合わせる姿はとても魅力的ですね。

さて注目したのは終盤のやりとり。光圀の人情味ある言葉を、下田団長の解説でお伝えすると・・・

『悪いことしよるが、別にあんたが鬼にならんでもええんじゃないかぁ。あんたに恨みはないんじゃけぇ改心しんさいや。』

広島弁で説得されればっ、もしかしたら結末は違って・・・いませんかねにひひ

《東地に旅立つ我が身顧みず 悪魔を祓い 世をば 鎮めん》



上妖香。光圀をたぶらかそうと企てます。
滝夜叉姫:小田 徹也さん。




上光圀たちと刃を交わす時を待っていたような姿です。
大宅中将光圀:田中 竜士さん、平貞盛:藤本 靖浩さん。(お二人ともちゃんと写ってなくてすみませんっ)




上やがて怨念の塊に。



上観衆の心情を奏でるような奏楽の皆さんです。
大太鼓:下田 敏則さん、小太鼓:小田 穂圓(ほまる)さん。
手打鉦:安倍 憂大さん、笛:山本 美波さん。




上最後の力を振り絞って戦います。
貞盛はどんな気持ちで戦っているのでしょうね。




上胸に残る怨嗟の声。これこそ呪い。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2015年03月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.362047秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2280868