染める。
月月の満ち欠けを追っていると月日が早い月

月齢4。次の満月は1月5日です。



ダイヤ今夜は、神楽の宴・最終演目ですダイヤ

~第六幕 石見神楽保存会 久城神楽社中 大江山~

待ってたよ~の声援と拍手で迎えられる、初登場の久城社中の皆さん。

広島にも多くのファンがいらっしゃいますね。

社中のご紹介は、広報の三浦 洋平さん。

三浦さんはこの日、笛を吹かれたのですが。

ユッキーさんと私、口を揃えて『CDにして欲しい!』情感豊かに染み入る音色でした。。。



上大天狗より、人面鬼毒酒(にんめんきどくしゅ)を授かります。



上ちりとり面。。。“石見の西”を感じます。ふくよかな耳がついています。
頼光(大家 康延さん)、綱(間庭 亮さん)。


ダイヤさて、久城社中の皆さんの大江山ダイヤ

初めてご覧になる方のためのご紹介をして頂きました。

はじめは大きな面で登場する頼光と綱が、山伏姿に変わる際、別の面で登場する、というお話。

又、それぞれの面が持つ味わい。

そして、最期を迎える酒呑童子が言い放つのは。。。

『世に言う鬼人・酒呑童子 たとえこの地に果てるとも 世に悪人の絶えることなし』

益田の奏楽、益田の舞。

盛大ながら、じみじみと余韻を残す大江山です。



上道なき道を切り拓く金時(藤井 夢人さん)。



上面が変わっています。頼光(右)の木彫りの面はたいそう古く、天神等、他の演目にも使用されます。
演じ分けの楽しさをもたらす面です。




上配役では酒呑童子と、手下 鬼。手下の鬼は、特に名が無いのですねぇ。
酒呑童子:大屋 貴志さん。手下鬼:桐田 卓さん・大屋 和希さん。




上人面鬼毒酒に伏せてしまう鬼たちですが、酒呑童子だけはやはり別格です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
時代の流れと共に。
ダイヤ神楽の宴・後半に入っておりますダイヤ

会場はますますヒートアップ。初登場の皆さんが続きます。

ここでは、ほとんど写真が撮れませんでしたので。

ユッキーさんから譲ってもらった写真がメインです。

いつもありがとーっ四葉



上羅生門に現れる、茨木童子の変身の姿(児玉 斉さん)
“裏山の岩屋の土産”となる獲物を待ちます。


~第五幕 堀神楽団 羅生門~

きましたー!旧舞の羅生門。

まずは、佐々木道則さんに、加計の魅力を伺いました。

堀神楽団の氏神神社・堀八幡さんで毎年10月に開かれる流鏑馬神事の話では、お客さんが『ああ~っ』と一同に頷き。

長閑ながらも厳しい、加計名物・野生のお猿さんのお話などなど、朗々と愉快にお話くださいました。

神楽を通じて知る、神楽の里の魅力は尽きませんね。



上派手やかな見せ場です。
傘から零れ落ちるくもは“雨”と表現されるようです。


ダイヤさて、羅生門ダイヤ

堀神楽団の代表演目。

古くから舞われ、台本には、羅生門は前編と後編に分かれており。

現在舞っておられるのは、前編にあたります。

又、神は、綱と金時、2人ですが。

当時は綱と茨木童子の1神・1鬼の舞。

演じる舞台の大きさなどの変化と共に、今から14,5年、金時が帯同するようになったのだそうです。

そして何と言っても、切り取られる腕が、右。

堀神楽団の皆さんの「昔からの当たり前」が、神楽ファンを沸かせます。



上綱:梅田 守さん、金時:栗栖 忠臣さん。
神、鬼ともに口上が生々しく、ストレートに伝わってきます。
(この写真と次の写真は、私です)




上神の衣裳の優美さも印象的でした~。



上右だわーにかっ茨木童子:武田 雄二さん
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
いろんな顔。
ダイヤ広島神楽定期公演ダイヤ

今年度の最終公演でした。

ご来場、有難うございました!

綾西神楽團の皆さんには、クリスマスを盛り込みながら力いっぱいつとめて頂きました。

改めてご紹介いたします。



上悪狐伝のサプライズゲスト、サンタさん星

ダイヤそれでは今夜も続いて、神楽の宴からダイヤ

初登場、須子社中の皆さんです。



上子猿さんは準備に余念がありません音符

~第四幕 石見神楽須子社中 頼政~

出演依頼以降、皆さん少し緊張してこの日を迎えられたそうです。

始めのご紹介は、宮崎勇美(いさみ)さん。

須子社中を長きに渡って支え続けていらっしゃる大先輩。

社中員の皆さんからは『師匠!』と呼ばれたり、『いっちゃん』と呼ばれたりして、そのあたたかな人柄が滲み出る方です。

ここでは“益田の神楽”といっても一口には括れない、社中によって幅広い継承の仕方があるというお話。

そして益田自慢として、景観が美しいグラントワや、これから見頃が続く唐音水仙公園などをご紹介して頂きました。

冬の日本海の荒波と、香り高い白水仙。

私も白水仙が一番好き。毎年楽しみに足を運んでいます。



上お猿さんたちはお相撲好き。お客さんを巻き込みながら、それはそれは嬉しそうに遊んでいます。



上頼政と猪早太の登場に急展開。
お猿さん同士の情なども繊細に描かれるので、少し切ない感じもあります。


ダイヤさて、この頼政はダイヤ

須子の皆さんの代表演目。

13年前くらい前から舞っておられるということですが。

その間、演目の成長と共に、社中員の皆さんの心身を鍛え、育ててくれた思い入れのある演目なのだそうです。



上勇壮で、荒々しい鵺。野村 晃(こう)さん。鵺は野村さんで3代目です。



上先輩の舞う鵺を目標とし、研鑽・習得を続けているとお話されました。



上高らかに歌いあげる勝利。
頼政:尾木 真澄さん、猪早太:篠原 将博さん。


ダイヤところでダイヤ

終始会場を昂らせた、奏楽の皆さん。

大太鼓の岩田修一さんの歌声に聴き入っておりました。

伺うと、岩田さんは、鵺の野村さんと共に、「IZANAGI(イザナギ)」というバンド活動をされているのです。

和風ロックで、益田から日本を制覇!と夢は膨らみますグー

ご注目くださいまし~四葉



上パワフルッ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
クリスマスイヴ神楽。
ダイヤ明日水曜日はダイヤ

広島神楽定期公演、最終公演です。

綾西神楽団の皆さんで、悪狐伝、大森彦七です。

クリスマスイヴも神楽で過ごしましょう星

12月24日(水)広島県民文化センター
082-245-2311

6時半開場、7時開演。

お待ちしています。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
志を継ぐ。
ダイヤこの寒さについダイヤ

こたつを買ってしまいました。

姿勢が悪くなるかも。

一度入ったら出られない。

等など、今まで我慢してきた理由は色々ですが。

弱にして、ゆるゆると入るこたつ、極楽ですねぇ。

ハア~ (● ̄▽ ̄●) ヌックイ ヌックイ

では、こたつパソコンから。

神楽の宴でございます。



上維茂(海佐竜太さん)の目線は、美女の正体をすっかり見抜いています。

~第三幕 中川戸神楽団 紅葉狩~

ご挨拶は能海 剛団長です。

まずは蔵迫郵便局長として、ひとこと頂きました音符

『皆さん、年賀状はお早めに。』

そうです。元旦配達は一般的に25日までの投函と言われますから、急いでね~にぱっ

さて、この度も。

神楽の宴前夜には「宿泊者限定、道場ツアー」が開催されました。

普段から、道場へ遊びにきんさいと声をかけて頂いても、やはり、私たちにとっては敷居の高いものですね。

なんと30数名の参加者があり。

道場への憧れや、今回は神楽講座として舞の中の“拝みについて”等、知的好奇心を満たされたようです。



上分かっていて楽しい~!

ダイヤ能海団長のお話に戻りましてダイヤ

今年を振り返って。

芸石神楽競演の、板蓋宮での出演について、私の方から触れさせて頂きました。

『板蓋での挑戦は、若い団員から自然に上がった声。先輩たちの意思を継いでくれようとする気持ちが嬉しい。あの時は大太鼓をつとめながら、今と当時を行き来する感覚がありました。』

お客さんも同じ気持ちだと思います。。。



上美しい!どの場面も“中川戸の紅葉狩”の世界観でいっぱいです。



上道場ツアーに参加されたお客さんは、より舞台を身近に感じられたでしょう。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前  2014年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.27427秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284761