アンテナ。
ダイヤ神楽の宴・初披露の演目ですダイヤ

~第五幕 石見神楽 佐野神楽社中 有明~

前回の三上山に、度胆を抜かれたお客さん多数。

そしてこの度も、上演前のご挨拶から佐野さんの存在感を発揮。

上岡直晴代表の『元気ですか~?!』というはつらつとした掛け声で始まりました。

マイクが全く必要ないインタビュ~にひひ



上有明は障子を使用します。上演毎に建具の組み立てから準備。毎回障子も張り替えです。


さて、この有明。

佐賀県に伝わる化猫退治のお話なのですが。

その出逢いは、なんと・・・「テレビで見かけた」こと!

直感に動かされ調べるうち、確信へと変わるや否や、神楽化していたということです。

そして、秀林寺というお寺に猫塚を残す、杵島郡白石町を訪れ。

市長さん他、地元の皆様に見て頂き、盛大な拍手を励みに、オリジナル創作神楽として今日まで舞い継がれてきました。

もともとこの物語は、江戸時代後期に芝居化されたり、その後も講談や映画として親しまれてきたようですが。

石見の地で神楽として脚色され、舞い継がれていく、ご縁の不思議を思います。

星ざっくりあらすじ星

佐賀国主・鍋島信濃守は、夜毎悪夢に魘され衰えていきます。

近習頭の重松進左衛門(しんざえもん)と、鷹方狩猟頭の千布本右衛門(ちぶもとえもん)は、主君の側室・お豊の方に乗り移った、七つの尾を持つ、怪猫の仕業と見破り退治します。

しかし「積悪高き白猫なれど、命を落とせば尊き仏」として、庵を建て、奉ります。





上お豊の方に憑依するものの正体を既に知る、千布本右衛門。
この後、その正体が明らかになります。




上壮絶な戦いのその終わりには、猫の御霊を慰め手を合わせるのです。神楽・有明の一番大切にされているところかもしれませんね。

長くなったので続く~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
カキカキ((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ
ダイヤ神楽の宴まいりましょう~ダイヤ

~第二幕 石見神楽亀山社中 塵輪~

石見の社中として、神楽の宴に一番登場回数が多いと思われる、亀山社中の皆さん。

ご挨拶は、副代表の小川徹さんでした。

何度ご一緒しても、朴訥な人柄と、舞台での華やかで威ある姿のギャップに感嘆しますにこっ



上二神の姿は格別重厚感のあるものです。

仲哀天皇:梅川 昌良さん、高麻呂:大下一匡さん。



さて、二神二鬼の塵輪に広がるご紹介は。

石見神楽として鬼の歴史を紐解くと、その昔は鬼=女(般若)。

女鬼に比べると男鬼の歴史は浅いと思われるというお話。

そして、“塵輪というふしぎのもの色あかく”と史書に記されていることから。

『黒雲の間から見えた、何かしら赤い恐ろしいものを、昔の人の想像力を以て、物語に仕立てたのでしょうね。』と、遥かな時代と今日を繋がれました。

石見神楽発祥の地で育まれる、神楽人たちの礎。

演台を用意して、じっくり胸に刻み込みたいですね~。



上白鬼(般若)と赤鬼(男鬼)、夫婦鬼とも呼ばれるそうです。



~第三幕 宮乃木神楽団 八岐大蛇~

ご挨拶は、団長に就任されてから初めての春を迎えられた、山本貴範さん。

年間50近い興業と稽古の日々に。

団長さんになってから、変わったことはありますか?と伺ってみました。

『痛感したのは、家族の協力の有難さです。』と即答されました。

宮乃木を長く応援されている方には、団員さんの若かりし日が懐かしく思われるかもしれません。

私も親戚のおばさんのような気持ちになってしまった~にかっ



上大蛇の頭は一頭ずつ、大きさも顔つきも全然違いますね~。


ところで、前々から興味があったのは

8頭の大蛇の見た目の違い。

色はもちろん、顔・髪型、表情、角等々同じものを見ることは滅多にありません。

以前より伺ってきた色のバリエーションは。

中国山地の自然が織りなす四季折々の表情ではないか、とか。

伝統芸能の遊び心でしょう、とか色々聞かせて頂きましたが。

宮乃木では、個々の舞手の拘りに基づいて頭が作られているようで。

大蛇の見た目と、その舞子は、案外、顔形がよく似ていますよ、とお話されました四葉



上5頭の大蛇を力いっぱい成敗した後の須佐・・・白大蛇との最終決戦!どちらもがんばれ~。


~最終演目 大和葛城~

発表からちょうど1年ほど経ちました。

配役を変えながら、まだまだ新鮮な気持ちで育てている演目です。

女郎蜘蛛の妖しさが印象的でした~。



上頼光の側女に姿を変えていた女郎蜘蛛たちが、本性を現す場面です。



上土蜘蛛の精魂の岩屋前。
決戦の火蓋を切るのは、力自慢の坂田金時(山本貴範さん)。


続いちゃうよ~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
春を喜ぶ神楽の宴。
ダイヤ数日前よりダイヤ

ブログの調子が少し悪くて。

さと☆さんにメンテナンスをして頂いております。

リンクなども少しずつ復活しますので、あれ?と思われている方はお知らせください。

さと☆さん、毎度毎度本当にありがとうございます。


ダイヤ週末は神楽三昧でしたダイヤ

新しい出逢いも沢山でした。

何度拝見しても、新鮮に神楽が見られるのは。

関わる方々の持つ魅力だろうと実感した二日間でした。

お疲れが出る月曜日を頑張った後は。

GW週をゆっくり味わいましょう四葉


ダイヤでは、写真の整理ができた田原温泉からダイヤ

春・夏・冬(の入り口)の年3回開催される神楽の宴。

大朝という、広島と島根・両県の文化が入り混じると言われる地で。

広島と石見の個性の共演を続け、この度19回目を迎えました。

田原の地は四季折々、又、時間毎の美しさがありますが。

深い雪解けの後の、明るい、目にも鮮やかな春が、一番心が弾む時だと思います。

登りの道では、可憐な山ツツジとフジの花が出迎えてくれて。

帰り道は、水田からカエルがケロケロと見送ってくれました。



上東西南北・春夏秋冬、八百万の神々と共に。


~第一幕 琴庄神楽団 神迎え~

春・神楽の宴の幕開けでもあります。

田仕事の始まりの季節に、五穀豊穣を祈って。

又、縁あって集う皆、この春からのスタートが実り豊かなものになりますようにと、気持ちをひとつにしました。



上道場のお話でも、儀式舞の役割などお話されたようです。
神楽の見方がグンと違ってきますね。


神楽の宴の前夜。

宿泊のお客さん十数人で、琴庄神楽団の道場ツアーが行われました。

ここでは、練習をただ座って眺めるのではなく。

神楽人の想いに触れながら、衣装や面を体験したり。

質問にお答えしたりという、交流の時間を過ごされたそうです。



上美しさも、神様へのご馳走です。

面の早変えは、どうなっているのか?と興味深々の質問もあったようで・・・

私も以前、そのからくりを教えて頂いた時は。

「驚き」から「超!感動」へと大きく変わりました。

そして、その段取りを知ってからは、更に深―く。

舞手さんの神業に震えるようになりました。

今でも。

あんなスピードでクルクル回っているのに。

お客さん側と幕側を間違えずに、どうやって咥えるのか不思議。

ひとつ知ると、次の疑問がまたひとつ出てくるってもんですにかっ

続くよ~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
取り急ぎ。
ダイヤ第14回吉和神楽競演大会の結果をお知らせいたしますダイヤ

旧舞の部  優勝  川北神楽団(塵倫)

      準優勝  三谷神楽団(鍾馗)

新舞の部  優勝  東山神楽団(伊服岐山)

      準優勝  大森神楽団(滝夜叉姫)

おめでとうございます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
糧。
ダイヤもう4回目の開催となりました!ダイヤ

広島神楽定期公演。

今週も多くのお客様に足を運んで頂きました。

拡がりつつあるのかな?だったら嬉しいですね~という話をしています。

神楽団の皆さんのご協力を頂きながら、相変わらずコツコツと。

スタッフもアイデアを持ち寄りながら続けて行きますので。

気軽に遊びに来てくださいねにかっ



上噂の“あの面”。先輩たちから受け継いだものを複製された、思い入れのある面。

ダイヤ今回は旭神楽団の皆さんでしたダイヤ

1月の牛久公演から、久しぶりにご一緒出来ました。

現地での前日の懇親会では、若い団員さんが中心になって。

お世話をしてくださる地元の皆さんと、積極的に交流を図られていた姿が目に焼き付いています。

~第一幕 大江山~

『旭の大江山といえば、あの面だね!』と周囲から聞かされて、楽しみにしていました。

古くから伝わる台本を基に受け継がれている大江山は。

初めて耳にした、酒呑童子の口上が面白くて・・・

「猫の口髭にまんまがついて、それを鼠が笑うが如く、とろうと思うてとられなよ。」

(すっかり騙されてまったが、やりかえすぞという意味)

他の神楽団にもある口上だそうですが。

新しい酒呑童子に出逢えた気がしました。

さつき選抜と、千代田競演は大江山で臨まれます。



上頼光:菅田 淳さん、綱:隅中 裕幸さん、金時:石原大志さん。
気高い英雄たちの登場です。




上紅葉姫の心の底からの寂しさを、砂田寿紀団長(大太鼓)がうたいます。



上問答に納得する酒呑童子。
頼光たちが三世ヶ託の神より授かったのは、右口から注げば活力を生み、左口から注げば毒となる人便鬼毒酒。



ダイヤ幕間の砂田寿紀さんのお話ダイヤ

まずは、お客さんから、神楽って県外でも舞うことがあるんですか?という素朴な驚きと感想を頂いた、茨木・牛久公演のお話から。

『飛行機とか新幹線じゃないんですよ、バスですよ!これだけでグッタリしました。
しかも当日は、9時(リハ)から本番終了(3時半時くらい)まで叩きっぱなしで・・・いや~一生懸命だと何でも出来ると思いました。・・・ちなみに帰りもバスですよっ汗

と、お客さんを湧かせにひひ

『お話が決まってから当日までは気を揉むばかりでしたが。そこで頑張って仕上げた色々なものが、これからも支えてくれると思いますし。
何より公演後は団員が自信をつけて、一回り大きくなってくれたように感じています。』

と、結ばれました。

そして、さつき選抜と千代田競演のご案内をしてくださいました。


~第2幕 八岐大蛇~



上牛久での、姫とりの場面のリハを思い出しました。
本当に何度繰り返したか・・・ピリピリと、又、激が飛ぶ中でスタッフも必死でした。




上手名槌(西岡 宏明さん)は、なんちゅーか、微笑ましい雰囲気なんです。



上美味しいお酒が出来上がるのを待ってるんだ~音符



上幣の力により、姫の姿を大蛇から隠し。
酒に映った姫を、大蛇が飲み干すというお話ですね。




上武速須佐之男尊を舞う菅田 淳(あつし)さんは。
須佐之男尊は自分にとって最高の神であり、憧れであるとおっしゃいます。
その須佐を舞ませてもらうことは誇りであり、感謝です!と熱く語られました。



星撮影会・今日のキラキラさん星

最近になって神楽に興味が湧いてきたとおっしゃるご夫婦。

子供のように無邪気にはしゃぐご主人を見て、奥様も楽しそうです。

早速湯治村に、宿泊を兼て神楽を見に行く予定を立てられているそうです~。



上大蛇と仲良し四葉


次回は、4月30日(水)6時半開場 7時開演

上石神楽団:塵倫・八岐大蛇


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<前  2014年04月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.219936秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2280876