来年も、という信頼。
ダイヤ週末の大朝記念競演大会でダイヤ

特別出演となる原田神楽団の皆さんは。

毎年、近所の神社へ奉納でいらっしゃいます。

もう10年を超えて務めておられるそうで、もう来年の依頼も、既に受けたとおっしゃっていました!



上もうすぐ始まるよ~。

いつも自分が足を運ぶ神楽が「向こうからやってくる」というのも、慣れなくて気が急くものですね。

早々に準備を済ませ、もしかして出遅れたのでは?と焦りながら敷物を持って境内に到着すると、一番乗りでした~星

原田の皆さんも到着したばかりで。

近所の方に「張り切っとるねぇ」と言われて、ちょっと照れました。

しかしここでも、舞殿での支度は、神楽団の皆さんがせっせと段取り良く進められます。

見てるだけですみませんって感じです。



上はじまりの神楽は神降し。神は松岡健一さん。


この日一緒に神楽鑑賞をしたパートナーは。

隣に住んでいた、小学2年生の神楽大好き少年「らん君」。

赤ちゃんの頃から一緒だと可愛くて。

暇があれば、我が家で神楽のDVDを観て、お泊り。

つい最近引っ越してしまったけど、相変わらず仲良しです。

「今ね、舞台をキレイキレイして、神様にここへきてくださいってお願いしてるとこ」とお話したら。

「見えるん?」「どこから来るん?」とキラキラ聞かれて、気持ちが弾みました。

皆こういう話をしながら大きくなったよね。

舞殿に集う八百万の神々を。

感じられる心で、健やかに育って欲しいです。



上働く男!水木敏博さん。

~塵倫~

後ろに座っていた方が、何て読むんじゃろう?と苦しんでおられました。

普通は読めませんよね。。。。



上垣内和久さんが神を舞われるのを、大江山以外で見るのは初めてでした。


~悪狐傳~

狐の気配を感じて、らん君は膝の上に移動。

狐さんに恐々握手してもらったら、手が温かかった音符って。



上きれい~可愛い~ハートと、評判でした。
玉藻前は上野将(まさし)さん。




上つちのこの話題で、みんなのハートを鷲掴みにする和尚さん。
河野伸良さん。




上男前も楽しそうにぱっ市尻 篤識さん。


~紅葉狩~

境内は一瞬で、戸隠の山中に。。。



上霧の中から現れた妖艶な美女たち。その眼の力。



上広島市内では、鬼が出る演目が好まれるようだと、この豪華さとなったそうです。


~八岐大蛇~

雨が降ってきました。

。。。意地でも見るぞ~っ



上舞殿を覆う、境内の木々たちが一役買っています。



上濁流の如く!拍手喝采です。


雨の中濡れながら、片付けまで本当にお疲れ様でした!!
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
地味ですが大切な目標です。
太陽朝、学校へ行く娘が太陽

『いただきまーすっ』と言って元気に出かけて行きました。

朝ごはんが足りないのでしょうか・・・


ダイヤさて、こちらダイヤ

長方形のチラシを正方形に整えている青年は。



ご存知、RCC文化センターの砂田充教さんであります。

鶴を折ろうとしているようですね。

長年一緒に仕事してきましたが、こんな一意専心な表情見たことないわっ。



そして完成した鶴は。

尖るべきところは、刺さるほど鋭く。

折りたたむところは、1ミリの狂いもなく左右対称の出来栄え。

すごいな~と思っていましたが。

その様子を見ていた周囲の人々は。

「さすがAB型だね」と、全て血液型のおかげということになったのです。

たしかにO型の私のツルは、顏や羽に、折り紙の裏面の白が目立ちますけどね。



上やりきった感を漂わせ、業務に戻る砂田さん。


そんな、鶴が得意な砂田君は。

26日(土)に33歳の誕生日を迎えました。

丁度、フードの夜神楽がありましたので、カレンダーの紹介などで舞台に上がってもらい、お客さんと一緒にお祝いできました。

『すなだくーん』という掛け声も頂いて、素敵な誕生日になったのではないでしょうか。

仕事の後、帰って寝るだけの日だったとしてもっ!

ちなみに33歳の、この1年の目標は『健康』だそうです。

Happy birthday すなっち~。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
剛力畑を耕す人。


上今夜も、お揃いの茨木童子ジャンパーで登場。

ダイヤ広島神楽定期公演、ご来場ありがとうございましたダイヤ

広島中心部の「神楽の入り口」「玄関」となるように。

神楽のあらゆる魅力が伝えられますように、と。

毎回出演してくださる神楽団の皆さんの、アイデアや力を貸して頂いています。

今夜は、神楽の中でも大切な“笑い”で、会場を染めた吉和神楽団の皆さん。

お客さんは腹から笑って寛ぎ、明日への活力を蓄えられたと思いますにかっ

回を重ねる度、ご家族で来られる方も多くなりました。

土産話と記念撮影とで、おうちでもう一度今夜の楽しさを思い出して頂いて。

次の神楽へ繋がると良いな~。

コツコツですっグー


~第一幕 安達ヶ原~

栃木県那須野ヶ原を舞台にする「悪狐伝」と。

福島県二本松市に伝わる「安達ヶ原」の、2つの物語がいつしか結びつきました。

人から人へ時を超えて、より面白く仕上げられた神楽・安達ヶ原。



上今日も剛力さんは自由でした。
狐に食べられるから、柴の庵を尋ねるのはイヤだって駄々を捏ねてました。




上三浦の介・上総の介が、舞台をきゅきゅっと引き締めます。



上悪狐1と悪狐2。会場からは子供の悲鳴が・・・。


ダイヤ恒例の幕間のお話は、団長の能島(のじま)文範さんダイヤ

創立から35年、当初、加計の堀神楽団に旧舞を師事され。

近年、子供神楽を立ち上げ、西宗神楽団に滝夜叉姫を指導して頂きました。

人の繋がりを神楽の拡がりとして、“吉和神楽団の神楽”を追求し、積み重ねておられます。

又、子供神楽から育った若い方々は皆熱心で、次から次へ大人の神楽団へと合流し、団員は27名。

後継者の心配が比較的少ないというお話に、団の活気を感じます。

そして、広島の軽井沢と言われるにひひ吉和の暮らしや、競演大会の幕開けとなる春選抜競演についてご紹介がありました。


~第2幕 八岐大蛇~

滅多に見られない、平日8頭立て大蛇!

胴がひとつに頭が八つの大蛇の姿を、ぜひ皆さんに目の前で見て頂きたかった!とお話がありました。



上爺ちゃんと婆ちゃん、呑んでばっかりだから無くなりそう。
大蛇が心配して出て来ちゃった・・




上逃げ場を失う足名椎・手名椎。


花ところで吉和神楽団の皆さんと言えば花

来年1月の「月いち・チャリの技」で、安達ヶ原を舞って頂く予定です。

剛力・山崎英治(ひではる)さんの「山下清」をお見逃しなく!

今から楽しみで~す。

そんな山崎さんは、来年、剛力を舞って10周年を迎えられます。

これを記念して「誰か歌を作ってくれないかなぁ」とポツリ。

演歌調で、覚えやすい短めの曲を希望。

どなたか得意な方がいらっしゃったら、ぜひプレゼントしてあげてくださいましっ四葉


※次回定期公演は、11月13日(水)
綾西神楽団の皆さんの、悪狐伝・八岐大蛇です。


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
秋と冬の間。
ダイヤ10月も最終週ですねダイヤ

フードフェスティバルはお天気に恵まれて言うことなしでした。

盛り上がりを見せた神楽を、また改めてご紹介しますね。


花では今夜は、ご案内をふたつ花

まずは、明日の広島神楽定期公演です。

廿日市市から、吉和神楽団の皆さんをお迎えします。

安達ヶ原です。吉和弁の!

何だか濃い予感がしますねぇにひひ

明日は安達ヶ原経由で帰宅しませんか~

10月30日(水)18:30開場 19時開演

吉和神楽団 安達ヶ原・八岐大蛇

広島県民文化センター(中区大手町)
082-245―2311


定期公演11月予定など下

http://kagura.tank.jp/



上2011吉和神楽競演から。吉和神楽団 安達ヶ原。


花そして花

今週末は、大朝神楽競演大会です!

50回めの記念大会、準備が着々と進んでいます。

現在きたひろネットで流れている、PR映像を送って頂き拝見しまして・・・

何度見ても、笑って・・興奮してきます。

男たちが吠える、挑発的で格好良い映像でっす音符

当日は更に、大朝の競演で、これまでにはなかった演出でお楽しみ頂きます。

真剣勝負の舞台に、大きな激励と祝福を送ってくださいね。


大朝神楽競演記念大会

11月2日(土)開場12時 開演(開会式)1時

大朝中学校体育館

入場料:無料 ※皆さまからの御花・寄付金によって開催。

問:北広島町商工会大朝支所 0826-82-2576

出演団体等詳細下


http://www.kitahiroshima-sci.com/uploads/photos/292.pdf



上49回大会 新舞優勝 富士神楽団 紅葉狩



上49回大会 旧舞優勝 筏津神楽団 神武
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
近い。
ダイヤウエディングパーティでダイヤ

幸せのお裾分けをしてもらった後。

晴れ晴れとした気持ちで思ったのです。

そうだ、奉納へ行こう!

時間はまだ早いし、せっかくなら石見に行こう。

亀山社中の皆さんの奉納があったはず。

早速やえちゃんに電話したところ。

「もう来ちゃいました。5時からですよ。」

5時ぎょ早っ!!

その時点でJR横川駅、3時半だったので。

電車を降りてからは、かつてないほど全力疾走で帰宅し、浜田に向かいました。

あんなにヒールで走れるのなら、あと7年鍛えて東京オリンピックに出ようかな~。

何はともあれ、奉納の幕開けを故郷の八調子で迎えられて良い日になりました。

ダイヤそしてダイヤ

奉納途中、はぁはぁ到着して。

自分が一番頑張ってるぐらいに思っていたのですが。

この日、亀山社中の皆さんは、夕陽パークの定期公演とのWヘッダー。

ほとんどの会場で、設営・本番・片付けと、ひと通りをこなす社中員さん、神楽団員さん、頭が下がります四葉


~塵輪~

二神二鬼の躍動感と、神楽のあの匂い。

私が小さい頃見ていた奉納神楽では、塵輪の鬼がよく境内の子供をさらったのです。

(本来、塵輪ではあまり見かけませんが)

怖いけど、心が踊る感覚は今も同じです。



上鼻が・・・痛いっけどいい匂い。
硝煙の匂いに色んな記憶がのっかります。




上リビング新聞の大下一匡さんの記事読まれましたか~にぱっ


~頼政~

赤いくもが会場をまっすぐ鋭く貫いて、皆の度胆を抜きました・・・

昔はなかった演出が、会場を熱くします。



上わらわらわらわら・・



上「ほととぎす~・・・」聴き入りますね。


~黒塚~

ここの狐さんすごく足が速いから、追いかけられると逃げられないと思う。



上奉納に黒塚があると嬉しくて、ないとがっかりしてしまいます。



上飛び入りの方の活躍に盛り上がります。


~八岐大蛇~

スサさんが、酒樽を幣ではらっている姿。

今まで何の意味か知りませんでした。

酒樽を祓い清めている。

整っているか、確認している。

匂いをかきだして、大蛇を呼び寄せている、など諸説あるそうです。

これを教えて頂けただけでも、足を運んで良かった!



上意味を知って、やっと流れができました。



上昔(他の社中で)舞っておられた方だそうです。
血が騒ぐのでしょうか、飛び出していかれました。




上もっしもーし、食べられてますよ~。げらげらと人気者でした。
こういう雰囲気があたたかいですね。




上一番前で見せて頂いたので、しっぽが当たったり、胴に手を伸ばしたり、もうっ最高でした。



上勇壮!スサは石見神楽の中でも特別な存在だと、改めて感じます。


竹迫団地のおまつり、地元の方に色々親切にして頂きました。

ありがとうございました(*^_^*)


※明日から2、3日更新できませ~ん。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2013年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.252354秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2343946