心に残るお土産。
ダイヤ中四国のライオンズの広島大会でダイヤ

今年のアトラクションとして選ばれたのが神楽。

とにかく、驚き、喜んで頂けたという手応えは、大きかったです。

実際に、県外の方がどれくらいいらっしゃるかは分かりませんでしたが。

正直言えば、もっともっと沢山の方に見て頂きたかった~。

遠方の方ほど、早く帰途に着かれましたので・・・残念っあうっ

しかし最後の最後まで『ありがとう、本当に素晴らしかった!』

と、手を振り、口々に称賛の声を舞台に届けて頂きました。


~第一幕  筏津神楽団  塵倫~

広島には「競演」という大会があり、今年はこの演目で、2つの大会で優勝されたとお話すると、『おおっ』とお祝いの拍手が起こりました。



上幕裏から。裏方さんの役割がとても大きいですね。



上舞台前方で動かない塵倫に、拍手が!
神楽をよく知る方も、やはりいらっしゃったようです。



ただひとつ、『あっぎょ』と思ったことは。

皆さん、最初は遠慮がちに、ホールの中程に座っておられたので。

“せっかくなので、近くで衣装や面を見てほしい、舞手の起こす風を感じて欲しい”とお話して、前の席に移って頂いたのですが。

塵倫では、ドライを真っ白に浴びて、さんざん吸っておられて。。。。

ありゃりゃーと思いました。

・・・これも神楽の面白さ。

いろんな体験ができた、ということで・・・・

童心に帰ってもらえたかな?

今度はぜひ神楽を見るために、足を運んで頂きたいです!


~第2幕 中川戸神楽団  瀧夜叉姫~

中川戸の皆さんが、恵日寺(えにちじ)への瀧姫の墓参りの際。

寺に残る史実に触れることで。

瀧夜叉姫は討たれず、尼になり供養の生涯を誓う、という物語になったとお話しました。



上熱演でした!何度も何度も拝見していますが、ぐいぐいっ引き込まれました。



上ここからの展開がドラマチックよね~。


~第3幕 筏津神楽団  八岐大蛇~

写真がすごかったですね・・・

おじ様たちも、あんなに一生懸命、写真を撮られるんですね。。。。



上親子の別れ。丁寧に描かれていて、沁みます。



上大暴れの後、スーヤスヤZzz



上がるるるるーっ 



上記念撮影会。肩を組んだり、触ったり、巻かれたり、着たり、被ったりの大盛況でした音符
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
すごいんだからねっ♪


上今夜は春の満月。
Fly Me to the Moon~
音符

家今夜は原稿を整理しております家

明日はフェニックスにて神楽。

ライオンズの大会でのアトラクションで、中川戸神楽団、筏津神楽団の皆さんとご一緒させて頂きます。

いつもの神楽ファンの皆さんとは違うので、神楽をどうご覧になるか、楽しみです。

撮影ができるかどうか分かりませんが。

許可がいただければ雰囲気をお伝えしたいですにこっ



上上演予定演目:中川戸神楽団 瀧夜叉姫(田原温泉神楽・春祭りから)



上上演予定演目:筏津神楽団 塵輪(吉和競演から)
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
ドキッ。


上オレンジ色の道が伸びてくる時間。
夕陽パークの駐車場から。



うさぎ玄関でただいまーというとうさぎ

ピョンピョン跳ねてお出迎えしてくれるパンダウサギが。

出てこない。

あれ~?( ̄o ̄)?

和室をそろりと覗くと。

こんなになっていました。



目も口も開けたまま・・・名前を呼んでも動かない。

―しっ死んでるっ??―

と息を呑むと。

おなかが、穏やかなリズムで膨らんでいるのが見えてホッとしました。

うわーめちゃめちゃ寝入ってる~。

うさぎはもともと、目を開けて寝ることが多いのですが。

・・・天敵がいないって、こういう事かな。

いやいや、いるな!

ウサギ年の娘が。

跳ねて逃げるウサギを器用にキャッチして。

『よちよちっlove』と赤ちゃんごっこを始める天敵が。

・・・天敵が帰って来るまで、ゆっくり寝かしておこうっと。。。

5月、窓から入った風が、さらさらと舞っていますにこっ



『んー・・・』
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
晴れるといいな。


上月齢13。満月は25日(土)。



上月と・・・土星とスピカが写ってます。写っているんです。にひひ

星今夜は、月と土星がラブラブです星

土星が見ごろを迎えて。

今月は、ほぼ一晩中見えています。

土星は、夜10時頃、真南に黄色く輝き。

青白い1等星・スピカの横にあります。

分かりにくい場合は、同じ時間、天頂にある1等星赤星のアルクトゥ―ルスから、降りるとすぐに見つかります。



上春の大三角形と大曲線も優雅。
※Yahooきっず星空から。


土星は、太陽系の中で、木星に次いで大きな星。

(直径は地球の役20倍以上)。

神秘的な環は、主に氷で出来ているんだそうです。

環も魅力的だし、衛星のタイタンも!な~んか、かっこいいですね。

双眼鏡や天体望遠鏡をお供に、芝生の上でゴロゴロしながら星座を繋ぐには良い季節になりました。

しかもっ、今なら蚊がいませんから、楽ちんですよ~音符



上※Nikon星空案内から。
土星とタイタンの位置は、5月15日目安のもの。



星更に!このところ夕方の空が賑やかです星

今月末にかけて、西の空に金星・木星・水星が集合しています。

宵の明星・金星がマイナス4等級。

木星がマイナス2等級。

水星はマイナス1等級なので、薄雲が広がると見えにくく、双眼鏡がおすすめです。



上明日の見え方。


但し、西北西の低空ショーとなり、見晴らしのいい場所が必要です。

日没後30分くらいから見えはじめ、沈んでいく惑星があるので、3惑星の集合は、わずか30分くらいで終了します。

水星は日々高度を上げ、木星は高度を下げます。

一番明るい金星を目印に、木星、水星を探し、日毎3惑星の動きから宇宙を楽しみましょう。

※以下、アストロアーツ星空案内から。





上26日(日)、27日(月)は三角形。



上一番コンパクトになるのは27日(月)。
27日19時30分。




上31日(金)ほぼ一直線。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
舞台袖で。


上開場10分前。

ダイヤ最終演目・大江山は琴庄神楽団の皆さんダイヤ

プログラムに予定されていない鬼の姿に、会場は『ワアッ』と湧き、共に楽しむ宴会。

『何ていったら良いですかね・・・大きな大江山を舞おうと思いました。』

崎内俊宏団長のお話です。

『最後の演目は、その大会の印象を決める役割が大きいじゃないですか。
しかも中川戸さんが、ええ茨木を舞(も)うちゃった後ですけぇね。。。気持ち的には、それ以上の大江山を舞いたい!思うとります。』

近頃、大江山三段返しを、違う団体でリレーする会も珍しくありませんが。

これまた切磋琢磨して、志を高くする場なんですね。

しみじみ。

私も人様に迷惑かけないようににこっ頑張る所はがんばろーと、元気を頂きましたっ四葉

第四幕~琴庄神楽団 大江山~



上2F照明室から。

神楽の物語は、酒呑童子を頭に茨木童子・唐熊童子の、鉄や銅を作る集団が、大江山を根城に悪事を重ねた“鬼物語”へと仕上げられていきます。
(石井誠二さん筆・解説文より)




上激戦の末に、誇らしげな頼光(菊本靖彦さん)です。



上大江山の鬼&団員の皆さんがお見送り。
ぎゅうぎゅうで前に・・・進めん・・・。




上お疲れ様!の記念写真です。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2013年05月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.292569秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284855