軽快に。


上しまねっこの家に来た~。留守でした・・・
(島根県物産観光館)


ダイヤ松江道全線開通しましたね~ダイヤ

早速走った方、いらっしゃいますか?

でーは!城下町・松江です。

堀川めぐり

城と堀が当時のまま現存している城下町は、珍しいそうですね。

およそ4キロ、50分をかけて、ゆっくりゆっくり。

小舟に揺られながら、古木の森や水鳥、人の営みを近くに感じて。

水都・松江、400年の風情に溶け込んでいきます。



上殿町の大手町広場 発着場。この季節は、15分間隔で運航。



上四季折々の彩があるようです。雪景色も見てみたいな。



上船頭はアベさん。
 『え~、アベという名前は、今が一番、旬でございまして~にぱっ
 渋い声で、松江舟歌を披露されているところです。




上16の橋のうち、4つは橋げたが低いので、船の屋根が下がります。
皆、こたつの上にぺったんこ。




上そろそろ、城山内堀川。松江城が見えてきました。


松江歴史館

大手町広場から徒歩3分。

松江の歴史文化を紹介する施設ですが。

それよりも!

お目当ての和菓子に直行です。



上喫茶室では、創作和菓子の実演販売が行われています。鶯を作ります。



上松江和菓子研究科、伊丹二夫さん。
現代の名工にも選ばれている、有名な方だそうです。




上枯山水の日本庭園を眺めながら。
手水鉢や灯篭にも様々な謂れがあります。




上愛でる、和菓子。土筆の飴は、食べるのがもったいない!



上こちらは、「縁結び」。


武家屋敷

歴史館から徒歩5分。

お堀沿いを歩くので、堀川めぐりの船に乗っている人たちと、お互い手を振りながら進みます。

江戸時代のはじめから、松江藩の中級武士が入れ替わり住んだ屋敷。

享保18年(1733)の大火事後、再建され古いまま保存。

約275年経っているそうですが。

生活感に溢れ、細部の手入れが行き届いており、今でも十分に暮らせそうです。



上玄関。家族用とお客様用に分かれています。
座敷にまわると・・・




上『わっ!びっくりした!』
中老塩見小兵衛(しおみこへい)のもとに近習(きんじゅ)頭が支持を仰ぎに罷り出ている場面だって。




上当時の生活調度品も揃っていて、かなりリアルです。
井戸も、風呂場もすぐ使えそう。


明日は、松江、最終回。鳥たちに逢いに行こーっと音符

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
深呼吸。


上しじみバーガー。
豆腐ハンバーグに、生姜風味の甘辛いしじみ入り。
厚切りトマトとの相性がバツグンでした。


神塊(かもす)神社(松江市大庭町)

八雲立つ風土記の丘から、車で1分です。にかっ

日本の創成神、いざなみの命を主祭神、いざなぎの命を合祀とします。

天穂日命(あめのほひのみこと)が天下られ、出雲国の守護神として建てられたと伝えられます。

現在、祭祀の中心は出雲大社ですが、明治維新の頃までは、新嘗祭など重要な祭祀はここで執り行われたそうです。

古代出雲国発展に深く関わる、格式高い神社ですが。

積極的に観光化していないためか、ひと気が無く、荘厳な佇まいに集中してお参りできます。



上石段を一歩一歩。



上手水舎は冷たい湧水です。素朴な竹柄杓が良いです~。



上参道は二つ。なだらかな女坂と、急勾配の男坂。
・・・自然石を積み上げた段差の激しい男坂を。きっつーい汗




上社殿は、室町時代初期(1346年)創建と記す文献あり。
日本最古の高床式大社造りの本殿は、国宝指定。



天穂日命といえば。

天照大神の子で、国譲りの交渉のために遣わされたのに。

すっかり大国主の命に心服し、高天原に3年間帰らなかった、という話がよく知られていますね。

この神社には、天穂日命が高天原から乗ってこられたという、鉄釜が祀られていて。。。

その姿、想像しにくいなぁ。

はっ!UFOかっ  Σ(゚Д゚ノ)ノ 

・・・出雲国が鉄の生産地であったことを伝えるのでしょう。



上摂社には「蛭子神社」があり、国生神話の世界が広がります。

ぼちぼち、松江の中心部へ走ろうかなーっ。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
意外な展開。
車国道54号・出雲神話街道、三刀屋川沿い車

今まで三次から、いくつもの道の駅を繋ぎながら走ってきた、出雲神話街道。

明日、松江自動車道が開通すると、少し寂しくなるでしょうか・・・。

三刀屋城跡のふもとを流れる三刀屋川・両岸に、約2キロに渡って続く桜並木。

ほぼ満開でした。





上全国的にも知られる緑の桜「御衣黄(ぎょいこう)」。
吉野桜の2週間後くらいが綺麗なのではと言われています。


八雲立つ風土記の丘(松江市大庭町)

八重垣神社のほぼ隣。ぷら~っと寄ってみました。

古代出雲国家の中心地であり、古代出雲文化発祥の地。

又、周辺には縄文時代、弥生時代の遺跡や古墳が密集しています。



上展望台から。
古墳時代中期の竪穴式住居を復元した、古代家屋が見えます。
右手には岡田山古墳群が広がります。



興味を持って展示学習館まで行ってみると・・・きゅ、休館日汗

にも拘わらず、学芸員さんがどうぞどうぞ、と迎えてくださって。

『見返りの鹿埴輪は、ぜひ見て帰ってくださいにぱっ』と案内して頂き。

貸切のような展示室。

古墳時代から奈良時代を伝える埴輪や太刀に魅入りました。



上見返りの鹿埴輪(500年代・古墳時代後期と推定)
 ※写真が撮れないのでパンフから。



埴輪は生死観を表すといいますが。

1500年もの昔、願いを込めた人間の存在を生々しく感じます。

時を超えて、古代の人々と繋がっているのが最大の神秘。

ふと、現代に戻ってこられないような感覚にとらわれるほど、静かな展示室でした。

しかし、鳥型埴輪は、娘と二人爆笑しました。



上こんなの。撮影できませんので、書いてみました。


展示室から出ると、学芸員さんから懐中電灯と鍵を手渡され。

『どうぞ、古墳の中に入って来てくださいにかっ』と。。。。

よく分からないまま、岡田1号墳を目指しました。



上あった!
全長24m、前方後方型、古墳時代後期(6世紀中頃)と推定。
この古墳から「額田部臣(ぬかたべのおみ)」銘文入の太刀が出土し、出雲国の豪族の墓という説が広がったそうです。




上真っ暗ですが?この中に入るのか・・・??
と言いますか、本当に入って良いのか・・・??




上『どうぞお先に。』
『いえいえどうぞ、お先に。』
『いえいえいえ、どうぞお先に。』

ということで、娘が先に入りました。入り口付近は細く、低い。




上全長5.6mの横穴式石室。
ここから、馬具類や大刀などの副葬品が出ました。

湿って、動かない冷たい空気。お墓ですからねぇ。
・・・・早く出よ~っと。



眩しい太陽と、鶯の鳴き声にホッとしましたダッシュ

珍しい体験に感謝です。

次は伊弉諾大神(イザナギ)、伊弉冊大神(イザナミ)を祭る神社だよ~。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
いろいろ縁結びの旅。
太陽今年1月、在広島根県人会・新年会の抽選会で太陽

まさかの2等。

“松江宍道湖温泉一畑ホテル・ペア宿泊券”(1等は島根和牛、高級セット)。

┐(´ー`)┌なんてこったー。

一生分の運を使い果たしちゃったよ。。。。

しかしながら、東西に長~い島根は。

出雲から東へ、なかなか足を伸ばすこともなかったし、これは良いチャンス!

折しも明後日30日には、松江自動車道が開通することもあって。

松江は、旬な土地であります。

遠くて近い松江。まずは!憧れの八重垣神社からだよ~~音符

八重垣神社(松江市佐草町)

素盞鳴尊と稲田姫のご夫婦が祀られています。

大蛇退治の際、稲田姫命がお隠れになった場所であり。

大蛇退治の後、新居を構えられた場所です。

「稲田姫 佐草の身許に渡しおく 助けたまへや 須佐之男の神」



上連理玉椿(夫婦椿)

素戔嗚尊と稲田姫命が挿木された、2本の椿は、やがて合体して1つになった。。。。

この椿も、2本の椿が地上で1本になっているそうです。

境内には3本の夫婦椿があり、愛の象徴として神聖視されています。




上室町時代前期の創作と推定される、狛犬。

風雪に耐え、雨風に削られ、超!なで肩ににひひ

長い歳月、何を見つめてきたんでしょう。




上あ~・・やっと来れたんだなぁ。


奥の院・佐久佐女の森

大蛇の難を逃れるため、この森の大杉を中心に作った八重垣に、稲田姫命が身を寄せたと伝えられます。

原生林の息遣いを感じる、力のある場所。

清涼感に包まれています。

その奥まったところにある、鏡の池は。

稲田姫が大蛇から隠れている間、この池の水を飲み、水面に姿を写して整えたことから姿見の池とも云い。

現在では、縁結びの占いで広く知られていますね・・・。

占い用紙に10円か100円玉をのせて池に浮かべ。

15分以内に沈めば、良縁が早く。

又、近くで沈めば身近な人と結ばれる。

この占いは、池と時計と、にらめっこなのです。



上土の匂いと春の風が、サラサラと渡る佐久佐女の森。



上鏡の池。天鏡神社には稲田姫命が祀られています。
静かで神秘的です。




上平日の午前中にも拘わらず、沢山の参拝者。

ほとんどが女性ですが、カップルもチラホラ。

男女でその姿を池に写せば、末永く繁栄するって。



私も娘と占ってみたのですが。

なんと娘は、3分もしないうちに、すぐに沈んじゃってぎょ

しかも、隣の方が連れていた、犬の頭を撫でている間に。

周りの方々に拍手をもらうほど、近く、早かったのです。

この勢いだと・・・16歳には、結婚したりしてっ。



上娘の占い用紙には「喜び事ある」という文字が浮かんできました。



上私も、娘に続いてすぐに沈みました。



上。。。こんな方も。捉え方は、様々ですからね。


八重垣神社にお参りできて感動、大満足。

次はどこに行こうかな?

長くなったから、続く~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
次回へ、明るく。


上月齢13。27日(水)が満月。
4月26日の満月では、部分月食が見られるはず。小さいけどね。


星安佐北神楽発表会の反省会(?)がありました星

話したいこと、聞いてみたいことを沢山持って行ったけど、一人ひとりとお話が出来なくて残念。

でも、一部伺った課題は、真剣で、とても胸に響くもので。

又、日を改めてお話に伺いたいと思います。

私も、この発表会では、演目紹介の代わりに。

神楽の始まりに、それぞれの演目に縁のある神楽歌を歌うことになっていますが。

時々、音程が外れて。

歌い出しがやたら高くなったり。

どどどーしよぅぎょ汗と思いながら、必死に元に戻して、笛にバトンタッチ。

心を込めて、歌えるように練習しまっす!!



上イエ~~イ。今年もありがとうございました!
これで、一括りですね。



チューリップところで、開会式前のこの写真チューリップ

実行委員長の和田さんです。

開会式で、委員長が衣装を着たまま挨拶するのが、安佐北神楽発表会の恒例行事。

今年は宮崎神楽団からお借りした、滝夜叉姫・夜叉丸の衣装+槍。

『センターに着いたら、まず、槍で床をトンって叩くんですよ。』と周りから指導を受け。

見事、夜叉丸になりきって挨拶され、お客さんから拍手~!

衣装を着ると、舞手の気持ちに少し近づけるような気がしますよねっ。



上背後霊がいます。嬉しそうですなにひひ

※明日からちょこっと家を不在にしますので、ブログはお休みだよ~~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2013年03月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.281645秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2280874