昇りの階段。


太陽 FFの原稿が届きました 太陽

それはもう、たっぷりと。
ちゃんと目を通して、読み込んでいくだよ~ オッケー

私は3日、4日と、フェニックスホールに張り付きです。

3日はダンスフェスティバル。
4日は神楽フェスティバル(注:事前抽選)

特に、18団体が参加するダンスフェスティバルは、ちびっこに突然マイクを向けることもあるため、広いステージで鬼ごっこになることもあるのです。

見てる方は面白いってサッ!がんばろ~にひひ


星 キッズ憧れのモデル、沖重小夜子さん 星

今日が、キッズたちのレッスン締めくくりの日になりました。
いよいよ東京へ拠点を移し、本格的なプロ活動をスタートします。

自分自身の経験と技術を、同じ目線で、熱心にキッズたちに与えてくれる厳しい先輩で、優しいお姉さん。

沖重さんの真似をしたり、アドバイスに悩んだり。

大きな感謝をそのまま、これからのエールに変えたいと思います。

ハムスターの“みどりまる”と一緒に、明後日東京入り。

最後まで広島の妹たちは、なかなか傍を離れられなかったね。。。



左から クレアモデル:梨紗ちゃん。遥。沖重小夜子さん。彩加ちゃん。

寂しいけど笑顔で!次逢うときも、笑顔でね。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
草食系男子、貸出中。


上友人たちと集うと始まる、恒例の“こわ~い話大会”
  結局、みんな怖くなってすぐに終了。


うさぎ安佐北区安佐町で釣堀をしている宮本さんからのお願いでうさぎ

うちのパンダウサギの “ミミ(オス)” がお見合いをしました。
釣堀場の庭で飼われている、同じくパンウサの “しろちゃん(メス)”。
お互い独身の一人暮らし。

下 初対面ではしろちゃんが積極的!(左がミミ)



下 しばらく警戒し合った後。。。(右がミミ)



下 いきなりしろちゃんに抑え込まれてマウントされちゃったぎょ(下がミミ)
  メスのマウントは優劣を決めるためのものらしい。



下 その後はどっちが上になるか、ぐるぐるパンウサメリーゴーランド。
  お互い咬み付いてます 汗



下 すっかり意気消沈のミミ(奥)。
  初めて女の子に出逢ったのに、ひどいしくしく 



ということだったので、置いて帰ることにしました~音符
約一か月後には、かわいい “パンウサべイビー” が誕生するはず。
たぶん。。たのむっ!!

ミミ、しっかりね~にかっ

太陽 宮本養魚場(ヤマメ)はこちらっ太陽

http://www.tsuribori-miyamoto.com/content/view/7/6/

他にも色々います。



上人懐こいフクロウ。

下 孔雀よ~ オホホホ~声かけても完全無視よ~。



ちなみに去年までいたイノシシは、実は。。。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
日本代表!石見神楽。


混っ! 
8月開催予定 月いち神楽フェスティバルの会議後、北ホテルにて。
  

ダイヤ 今朝、ブログを見てくれた方から ダイヤ

龍南神楽団の“たかたさん”の文字が抜けてるよ!と連絡をいただきました。
私も今日まで、はっきりと知らなかったのですが、パソコンで表記される異体字や、環境依存文字は、携帯によっては表記できないものがあります。

人名をはじめとして、神楽の場合、演目名や登場人物、小道具などもこういった漢字を使うので。。。パソコンで見てっ (@゚ー゚@)ノ

これで全て解決です!!

とはいえ、人の名前は、やはり困りますので、臨機応変にしたいと思います。

いつもいろいろなご指摘ありがとう。

おっちょこちょいな私ですので、とても助かっています。

きつね 話は飛びまして きつね

新聞などでご存じかと思いますが、この度益田・浜田の社中の皆さん有志が集い、それぞれグループを組んで、サウジアラビアで石見神楽公演をなさっています。

益田の皆さんは数日前に帰国されたばかりだから、まだ疲れを抱えておられるでしょうね。

参加されている《ジャナドリヤ祭》は、国王が主催する、中東最大級(2週間で100万人規模)の祭りで、今年はアジア初のゲストとして日本が招待されています。

ステージでは、和太鼓や武道、神楽などが上演されているとのこと。

サウジアラビアの大舞台で舞うなんて!神楽人には、何が起きるか分かりませんね~にかっ

その公演に参加されている浜田グループの方から写メが届きました。

これだっ!下



いや~ どこから見てもサウジアラビアって感じ~ (´ε`●)

。。。要するに、2週間という長期の滞在での、これが日常の一コマということですね。

6時間の時差を克服して、毎日夕方5時半と、8時半の2ステージ。食事はバイキングだったり、自炊だったり。洗濯もあります。

金曜日が日本でいう日曜にあたるそうなので、休前日の今夜と明日は大変な賑わいでしょう。

『石見神楽のファンクラブができそうなくらいの熱狂ぶり』と手応えを感じておられます。

5月2日に帰国予定。
サウジは禁酒国。美味しいお酒を目標に、残りの役目を終え、安全に帰国されることを祈っています!

ジャナドリヤ祭の様子は下

http://www.ksa.emb-japan.go.jp/j/event/janadriyah_opening.htm
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
標高約1100m、寒いけど熱い。
家 雨があがりました 家

途端にカエルがコロコロと。
この声を聴きながら眠りにつくのが好きです。大合唱までもう少し。



上旧舞の部 優勝、栗栖神楽団 《頼政》

さて、先日の吉和神楽競演大会。
創立から半世紀、初めての優勝を手にした栗栖神楽団の皆さん。

平野審査員長の発表と同時に、後方に固まっておられた栗栖の皆さんが、ガッツポーズで大きく跳ね上がり、そのまま床に突っ伏して動かなくなってしまいました。

至福の時を迎えて溢れる、濃厚な涙。

優勝された団体は、3名ずつ舞台にお越しください、と繰り返し呼び出すうちに、フラフラとお互いの体を支えあって、上がってこられました。
足がもつれるほどの嬉しさに、全身を包まれていたんでしょう!

これからの一年は、優勝旗が、傍らで皆さんを労い、励ましてくれますねっ
念願の優勝!本当におめでとうございます!



上 音響席。ここから楽の方にタイムなどを知らせます。



上 深々と謙虚に、そして満面の笑みで。
 この日、競演の部のトップバッター。トラックの荷台で発表を待ちました。


ところで、競演の舞台で拝見するのが初めてだった、
龍南神楽団の“大江山”。
仙丈ケ岳に立ち込める、重たい霧雲がまとわりつくような楽に聞き入りました。(自分の中のイメージだよー)
加えて、大太鼓の『髙田春二(たかた しゅんじ)さん』の神楽歌が、独特の世界観を放って絵巻物語のようで。

カメラで髙田さんばかり撮ってたにぱっ
一意専心。かっこよかったですよ!下



下 旧舞の部 準優勝、龍南神楽団《大江山》 



最後に、審査員長の平野幸三さんが
『舞台に上がると、興奮も手伝って、口上が大声になってしまう傾向があるが、口上の良さが消されてしまう。何を伝えるのか、抑えて抑えて、表現する力を期待しています。』と締めくくられました。

10年の記念大会からまた一歩。
来年はグランプリ大会を予定しています。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
手をつないで。


瑞穂。春らしい霞んだ青空。

太陽 先週は家で過ごす時間がほとんどなかったので 太陽

すれ違いになっていた娘のリクエストにこたえて、海を見に浜田に日帰りしてきました。

長浜の港で、キラキラ光る小魚の群れに騒いだり、ホヤホヤ浮いてるウミネコに話しかけたり、ゆっくり。

娘はクラゲを見つけて、長い棒でつついて遊んでいましたが、だんだんと底の方へ逃げてしまった、と残念がっていました にかっ



上 赤と黒が入った長い嘴が、ウミネコの証。
  すっかり夏毛です。



花 体が冷えてしまったので 花

今度は実家近くの林道を散策して、この季節の好きなものにたくさん出会いました。

三隅?益田?までのバイパスが通るために、立ち退いた家も多く、歩けば歩くほど、全く変わってしまった景色。

春の明るさと、過疎化の寂しさと、行ったり来たりの休日。



上 花梨の花(バラ科)



上 この一角のクローバーは、ほとんどが4つ葉でびっくり。種類?



上 日陰にひっそりと開く、シャガの群生に感激。



上 山ウド!香りは、まるでセロリ。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2011年04月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.236272秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2280880