柱。
ダイヤ幕間のお話は、神田(じんだ)幸雄団長ですダイヤ

穴笠神楽団はどういった神楽を習い、継承されているのでしょうか?という質問に。

胸いっぱいに語ってくださったのは。

梶矢神楽団、故・方井司良(かたいしろう)さんのお話でした。

穴笠神楽団の基となる青年団が、神楽を始めようとする三十数年も昔の事。

当時、神田団長は片井氏と職場が同じというご縁から、片井さんから直接、神楽を教えて頂くことになったのです。

『以降二十数年間、ほぼ欠かさず週に一度の指導を頂きました。』

神田さん、穴笠神楽団の皆さんにとっては、片井氏の指導を受けたことは大きな誇りであり、心の財産です。

『どんな神楽を舞うのか、と聞かれれば“片井さんから教えてもらった神楽を舞っている”と答えたいですね。。。。』

かけがえのない、今は亡き大恩人への感謝は受け継がれていきます。



上重勝は、妻・耀姫を守るため、照善坊へと向かいます。


~第二幕  明神山(みょうじんざん)~

穴笠神楽団が初めて手掛けた創作演目です。

『15年前くらいかな~?』頃、団員さんが住まいする世羅町に伝わる伝説を耳にして。

地元のお寺の住職さんに詳しくお話を聞かせてもらったそうです。

地域に残る伝説が神楽で蘇り、現在は多くのリクエストをもらい。

喜んでもらえる大きな手応えを感じておられます。



上栄耀姫を我が物にしようと、謀をめぐらす少七郎。


明神山 あらすじ

津田の里、明神山の城主・金築少七郎(かねつきしょうしちろう)は、家臣・大井重勝の妻・栄耀姫(えいようひめ)に目をとめ、妻を差し出すように命じます。

重勝は主の命に背き、妻を守るため、照善坊(しょうぜんぼう)という寺に妻をかくまいますが、これに憤った少七郎の謀によって、重勝は殺されてしまいます。

嘆き悲しむ栄耀姫は幽谷猿ヶ城に向かい、七日七夜の満願の夜に大蛇の妖力を授かり、少七郎を怨念の炎で焼き尽くすのです。

その後栄耀姫は、江の川の川縁で、津田の里の平安を見守る一本松に身を変えたと伝わります。


大太鼓:元國 亮さん、小太鼓:川岡愛希(まなき)さん、
手打鉦:川岡優希さん、笛:隅井 優(ゆう)さん。

大井重勝:隅井信綱さん、栄耀姫:山根 修(おさむ)さん、
金築少七郎:川岡 真(まこと)さん、獅子丸:大島哲也さん、大蛇:池上龍之介さん。



上栄耀姫が病床に伏したと聞き、重勝は照善坊へ急ぎますが。。。



上少七郎の罠にはまり、命を奪われてしまいます。





上全てを知った栄耀姫は嘆き悲しみ、復讐を誓います。



上大蛇の妖力を授かった栄耀姫。



上栄耀姫が化生のものと成り果てたことを知り、少七郎は栄耀姫を殺めようとしますが。







上下復讐は果たされます。





上重勝の魂が舞い降り、妖しい力から栄耀姫を解き放ちます。その後、栄耀姫は松の木へと身を変えるのです


ダイヤ記念の一枚!みんなバラバラが良いっにかっダイヤ

右:神田幸雄団長。左:山根修さん、左上:隅井信綱さん。

私はどこを向いているのか分かりませんが、面が馴染み過ぎですねチョキ

撮影会への多大なご協力、ありがとうございました。




~次回・定期公演は~

富士神楽団の皆さんの登場です。

紅葉狩りと熊襲。

熊襲、初めて拝見します!わーい音符

9月2日(水)18時開場 19時開演

広島県民文化センター(中区大手町)082-245-2311



上昨年、神楽マラソンから、紅葉狩。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.278283秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287946