後半:広島石見広島。


上ひいてるよっ大物だよっ

久しぶりに、目にしました。

恵比寿さんの釣糸に、はな=祝儀を括り付けるお客さんを!

昔は鯛がかかる前に、至る所から、千円札がひらりひらりと釣り上げられていたような・・

そういうものだと用意して行っても、今はお宮でも、釣り糸が観客の中に垂れてくることが滅多にありません。

・・・お互い遠慮がありますかね~。

宮乃木神楽団 ―恵比寿―



上恵比寿姿の半田徹さん。普段着かと思うほどナチュラル~。



上うわ~い。一番良いの釣れた~(この日2枚目なり)



上自分の懐へ入れてっと。(そんなことはありませんにひひ



上めでたい花がポンポン開くような。面の下も同じ顔してるでしょう。


石見神楽 亀山社中 ―日本武尊―

亀山の子供たちからは、大量のマイナスイオンが発生しています。

花火の準備をする子供たちの輪に入って話を聞いていると、心が浄化されて、疲れが取れるような気がする。

本当にいつもよくクルクルと働いていますグー



上大下一匡さん指導の下、花火の準備中。
和やかに見えて、きっちりした縦社会です。




上お茶目な賊首さんが『今年最後の日本武尊だけぇ、今日は絶対勝つっ!』って言ってた。



上準備のおかげで、ものすっごい焼け野原~音符



上シンプルで、気迫と技が伝わる4人の合戦です。


中川戸神楽団 ―紅葉狩―

今年最後の公演でした。今年も多忙な1年でしたね!

能海剛団長によれば、少し長めの冬休みは、春以降のメンバー構成を整え、それぞれ初心・基本に戻る時間にしたいそうです。

さすが蔵迫郵便局長!只今、年賀状、大!受付中!よろしくっ



上松田大地さんが一層艶やかに・・と見惚れていましたら。
やっぱり秘密がありました。




上海佐竜太さん、第二子誕生、おめでとうございますにかっ



上最期の時を迎え、この面に、恐怖と無念が宿るような気がします。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.273454秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284732