満。
ダイヤ広島新庄高校野球部ダイヤ

甲子園出場おめでとうございます。

頂点の興奮冷めやらぬ週明けとなったことでしょう。

暑くて熱い夏に!

今年の高校野球、応援の楽しみが大きくなりました四葉


ダイヤさてダイヤ

「泥落とし神楽の祭典」いよいよ結んで参ります。

石見から、上府社中の皆さんです。

今年でこの祭典の主催を降りられる決断をされた上田穣さんが『上府さんに出演してもらって、これで夢が完結した。』とまでおっしゃる、悲願の舞台なのでした。


上府さんの2演目は、若いころの大国主命を主役とする八十神と。

大国主命が、息子たちに国の行く末を任せるような歳になったころのお話。

神々にも過ぎゆく時月があるんですね。



上馴染む~音符


○石見神代神楽 上府社中○

~八十神~

この日、久しぶりに(5年ぶりに)大国主命を舞うよ、とおっしゃった山崎完治さん。

『やっぱり気分が良いよね。大国主命は特別だけぇね。』

私も、以前拝見した山崎さんの猿田彦(八衢)が、目に焼き付いたままでして。。。


そしてお話は「八十神の兄まあ・弟まあ」「日本武尊の兄ぎし・弟ぎし」へと移ります。

どちらも愛される道化。(どっちがどっちだっけ?と迷うことが正直あります。)

『言葉は悪いかもしれんが、兄ぎし弟ぎしに比べても、八十神の兄まー弟まーは、かなり頭の出来が劣るんよ。』

『チャリは面白く可笑しく、でも神楽だけぇ!軽くなり過ぎんように。うちは経験を積んだもんが、話術とか技術で絶妙に魅せるけぇ、見とってみんさい。』

何とも言えない間と茶目っ気で、石見弁のチャリさんが会場を湧かしました。



上兄まあ弟まあ、すでに、八上姫にこっぴどくフラれた後。「良い謀、浮かんだっ」。ホント、憎めない役どころですね。



上格調高く、大国主命。波に兎。



上焼けた大岩を赤猪と偽って、大国主命の命を狙ったり。



上木のまたに挟んで亡きものにしようとしたり。



上結局、罰があたるわけで。。。



上そうこうしているうちに、命が、根の国・須佐之男命から太刀と弓矢を授かって戻ってきました。



上下面を取ってからは、もう、別もののようです。
石見の激しい合戦に、やんや、やんやです。







~鹿島~

力比べ、相撲の始まりとも紹介される物語。

観客を巻き込んで賑やかに演じられることが多いですね。

地域によっては、2神が大岩を投げ合って力を競うことがありますが。

ここでは建御名方命(たけみなかたのみこと)が担いだ大岩は「力を見せつけたり」「武器」だったりするんですね。

その大岩について(大森神楽団でお馴染みの)優さんが何気なく言ったひとこと。

『あれは出雲の国を象徴するんじゃない?簡単には渡さないぞって言う気持ちの表れじゃない?』

すごい!その解釈が一番好きかもにかっ



上天津神と大国主命。国譲りの条件は、息子二人の承諾を得ること。



上下素直に従わず、経津主命に力比べで決着をつけようと言う建御名方命。

2015_0628_164723-DSC07104.jpg









上形勢不利に傾く建御名方命。岩(武器)を取られちゃった。この後どう頑張っても取り返せず。



上どうしようどうしよう・・・



上ということで、逃っ!
沢山のお客さんが巻き込まれておりましたにひひ




上最後は太鼓を代わりに・・・『ぬお゛お゛お゛』



上しかし力は歴然の差。追い詰められて降参したのは信濃・諏訪の地。



上これにて葦原中国、平定完了。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.269397秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3754395