瑞穂の国の・・


上花笠踊りを袖で見守る、八百万の神々です。

ダイヤ米作りの暮らしが生み育てた芸能、次は秋ですダイヤ

―神楽―

氏神神社の境内(神楽殿)で、豊かな実りを神々に感謝する農耕儀礼。

「集いたまえや四方の神々」と歌い、天地のありとあらゆる神様をお招きします。(月いち原稿から抜粋)

~岩戸 石見神楽亀山社中~

生き物とエネルギーを司る神々の物語が、天地・神と人の営みの初めを語り、神楽の初めを伝えます。



上ウズメちゃんの個性の違いはこの演目の魅力のひとつです。
こちらの宇津女ちゃん、ふとした仕草が愛らしくキュート。




上大御神がお出ましになってからの盛大な喜び舞は興奮します。
面を外す場面からは鼻血ものですにひひ



~塵倫 筏津神楽団~

米作りを糧とする日本の物語としては、不作を招く悪天候や、黄砂、害虫、自然災害など、人の手に負えない相手を鬼と例えたと想像します。



上 「異国より身に翼のある鬼が、我が国へ数万騎飛びきた」
この小鬼の解釈は様々と思いますが、塵輪の恐ろしさを一層引き立てるものと思います。




上何かを見透かされるような気がして。
前河さんと分かっていますが・・・でもやっぱり鬼は大人になっても怖いですね。



~矢旗 三谷神楽団~

塵倫、皇后、矢旗と流れる物語。
大陸文化の玄関口、大分県の宇佐の国にあって、土着の文化や暮らしを共存させる役割を担うのが第15代、応神天皇(誉田別命)です。



上新しい大太鼓、これから三谷色を奏でます。



上人々の営みの安全を守る八幡神として、全国4万の社が建てられています。



上矢旗は、弓八幡や八幡などで広く知られますが、“矢旗”として保持されているのは、三谷・苅屋形神楽団の2社と伺っています。
※違ってたらご指摘ください。


写真が多いから、続く!
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前  2018年09月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.238471秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

2654249