人、舞う、悪狐伝。


上月齢9。次の満月は7月2日。

ダイヤ雨がやむとホッとしますねダイヤ

少し霞んだお月様が顔を出しています。


ダイヤでは時間を巻き巻きダイヤ

初夏の夜を照らす御灯がとても幻想的だった、「護国神社 みたま祭神楽奉納」をご紹介します。

篝火の薪の香り、夜の神楽、美しく楽しい3団体共演でした。




上下火入れ式の様子ですが、カメラが水彩画調に汗




~広森神楽団 悪狐伝~

なんと2年ぶりにお逢いしました。

お顔を拝見すると、あっという間に時間は巻戻ります。

特に森井章団長とは同業者でもありますから、苦手なロケなどでは、様々に助けて頂いてきた恩人であります。

その森井団長が、珍斎さんと思っていましたが。

直前の湯治村定期公演で珍斎を舞い、「ランニングマン」のステップを踏んだところ。

途端に肉離れになったそうで、急遽交代でした。

よってこの日は、イジラレまくりでしたにひひ

回復されたら、格好良いランニングマンを見せて頂きたいですグー



上夕暮れの舞台に、キラキラ眩しい神のお二人。



上美。


さて、広森神楽団の悪狐伝について森井さんに伺うと。

団員さんが少ない時代に『こればっかり舞っていた・・・これしか舞えんかったんよ!』と言われるほど、広森神楽団の歴史を繋いでくれた演目だそうです。

よって、『これからも悪狐伝に力を注ぐのは嬉しい事。ズバ抜けて大きな狐面も、団員の励みになるなら、お金をかけた甲斐があったと思う。』

やっぱり悪狐伝は楽しいな~と思った、第一幕でした。



上いつもは神を舞われるってお話でしたが、珍斎さん、ぴったりじゃないですか?



上小太鼓の森井団長。ひとまずはお大事に・・・にかっ



上今度は玉藻前ちゃんが面白トークの標的に。笑った顔も美しい。



上空気一転。



上お客さんが次々に手を伸ばして狐にタッチ。モフモフ感を味わっています。



上前河伸弥さんの面なのだそうです。



上屋外ですが、ドライアイスもばっちり決まって。



上スピード感が増していく合戦、会場も魅入っています。

続くよっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.232606秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3292937