応援に駆け付ける。


上柔らかな雰囲気に、つい足を止める人が多いのです。



上神話の怪物と、伝説の悪狐。童心に返る時。


ダイヤ前回の広島神楽定期公演はダイヤ

三次市から、伊賀和志(いかわし)神楽団の皆さんでした。

神楽団の控室を尋ねて来られる方も多く、出身者の方々の「待っていました」と「嬉しさ」が、会場いっぱいに広がりました。

伊賀和志神楽団は、江の川沿いの旧・作木町で、昔ながらの神楽を継承。

街中のホール舞台が、別世界に染まります。

裸電球や硝煙の匂い、氏子さんとの素朴なやりとり・・・懐かしい神社の境内を思い出して頂いたのではないでしょうか。



上山伏:河野英幸さん、剛力:藤岡勝美さん。
始めに山伏道を説きます。
「山伏といつぱ・・・」髪・頭襟(兜巾?)・袈裟、と上から下へ。
酒呑童子と山伏の問答の場面を思い浮かべます。



~第一幕 山伏~

「趣」という表現がピタリ!

阿闍梨祐慶さんは気高く。剛力さんはテンポよく物語が進みます。

悪狐も出てくるし、おまつりなどに欠かせない賑やかな演目と思っていましたが。

『口上もマニアックで、どちらかというと、神楽をよく知っておられる土地・神楽どころで喜んでもらえる演目ですね。』大太鼓の岩﨑政彦さんにお話を聞かせて頂きました。



上柴の戸。歌の掛け合いに聴き入ります。



上出ました妖女。もちろん狐。
妖女:三上広隆さん。




上山伏と剛力に気付いて、驚いた様子。



上女には山伏修行は無理、と諭した途端に。
これならどうだと、鬼女に変化。



が!あまりの素早さに、写真が全く撮れませんでした。。。しくしく




上そこで、里人にこの辺りの様子を聞いてみると。
『安達ヶ原には人を喰う、変幻自在の悪狐が出るんよ~。早々に逃げんさい。』(※口上簡略化)里人:下岡浩之さん。




上逃げる山伏と剛力。しかし法華経による祈祷(護身心法?)も虚しく。



上剛力さんは瞬殺でした。



上愛嬌というより、「悪」に徹した狐。
悪狐:岩岡勝巳さん。




上三浦之介:岩岡慎治さん、上総之介:佐伯洋哉さん。
勇ましく、高らかな口上!




上 「どっこいどっこい」という奏楽の皆さんの合いの手が、舞手さんにパワーを注ぎます。

大太鼓:岩﨑政彦さん、小太鼓:松田直人さん、
手打鉦:原田美香さん、笛:坂根菜津美さん。


続く!


明日の定期公演は

今吉田神楽団の皆さんの登場です。

昨年、神楽マラソンで大とりをとられた壇乃浦を舞って頂きます。

葛城山と壇乃浦、物語性豊かな2演目ですね。

6月17日 (水) 開場18時 開演19時

広島県民文化センター 
082-245-2311

※6月は梅雨月、スタンプ2倍キャンペーン。
ぜひぜひ、お越しください。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.282131秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3298288