「目に青葉  山ホトトギス  初鰹」
ダイヤ裏山の竹林にダイヤ

ホトトギスが渡って来ました。

ウグイスと競うような囀りは、長閑。

初夏だな~と思います。

ホトトギスは見た目はハトに似ていて、お腹に白黒の虎柄があります。

日本野鳥の会の「鳴き声ノート」で声を聞いてね。

https://www.youtube.com/watch?v=JyEYApCY-dM


「キョッキョッ キョキョキョ」

という、特徴的な鳴き声の聞きなし(鳥の声などを人の言葉に例えること)は。

「テッペンカケタカ(てっぺん書けたか)」

「トッキョキョカキョク(特許許可局)」

「ホチョカケタカ(包丁欠けたか)」等々。

・・・確かにそう聞こえます。

特に「テッペンカケタカ」は。

夏鳥として親しまれるホトトギスが、昔から和歌に数多く詠まれていることに由来して。

『歌会で、てっぺん(一位)が取れるような歌が書けたか?』と面白く例えられます。

ホトトギスの歌といえば、やはり信長・秀吉・家康の“鳴かぬなら~”が思い浮かびますね。

神楽ファンの方なら“ほととぎす 名をも雲居にあぐるかな(頼長)弓張月のいるにまかせて(頼政)”かもしれませんにかっ



ところで。

ホトトギスは、夜鳴く鳥としても知られます。

平安時代の貴族の間では、ホトトギスの初鳴き(“忍び音”ともいいます)を聴くことがブームにもなっていたようで。

他の誰よりも早く聞くために、夜を徹してホトトギスが鳴くのを待ったそうです。


「ほととぎす 鳴きつる方を 眺むれば ただ有明(ありあけ)の 月ぞ残れる (後徳大寺左大臣)」

※ホトトギスが鳴いた方を眺めたが、姿は見えず、唯、明け方の月が淡く空に残っているばかり。
                                    

貴族の暮らしは風流ですな~。

しかし、うちの裏山のホトトギスも、夜中うるさいのなんのって・・・声が大き過ぎるのです。

コリャ (―ω―) ゞ 寝ラレン

あれだけ昼夜問わず鳴いて、一体いつ寝ているのでしょ?

鳴くのは、縄張りと繁殖アピールですから。

『ここは俺の縄張りやでぇ。おねえちゃんならどんどん来てもええでぇ。』という感じでしょうね。



しかし、無事にカップルが誕生したとしても!

カッコウ目カッコウ科のホトトギスは、托卵派。

主にウグイスの巣に卵を産みます。

毎年ウグイスの近くにホトトギスが渡来するのは、そのためです。

イメージ悪いわーしくしく

その際は、ウグイスの卵をひとつ咥えて外に落とし、自分の卵をひとつ代わりに入れておくのです。

更にイメージ悪いわーしくしくしくしく

そしてそのままウグイスに子育てをさせて。

自分は秋になるとさっさと南へ渡っていくのです。

・・・・めちゃめちゃイメージ悪いな汗

でも、色も柄も、大きさもまるで違うホトトギスの雛。

せっせと育てるウグイスたちは、何故気付かないのかな。

だって、ウグイスのメスは、スズメより小さいんですよ!

まあ・・・神様が、訳あってそうされたのだから、これで自然界のバランスが保たれていると思うしかないですね。

初夏の鳥ドラマ、声を聞いたら思い出してください四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.271177秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297813