注ぐ。


上霞みか雲か、朧。月齢3。

ダイヤ第15回・吉和競演。折り返しとなりますダイヤ



上舞子さんをのせていく、奏楽の皆さん。
大太鼓:大倉幸人さん、小太鼓:郷田忠孝さん、
手打鉦:賀家郁江さん、笛:野川美月さん。


~プログラム7番 神武 特別出演 川北神楽団~

優雅さから、徐々に激しい合戦へと白熱していく舞に。

神楽への愛情いっぱいの奏楽の皆さん。

『そーれっ』『はっはっ』の大きな掛け声。

こんなに楽しい神武を拝見するのは初めてでした。

まいったまいった(*^_^*)



上口上に耳を傾ける厳かな舞が、少しずつ熱を帯びてきます。
神倭磐余彦命(かんやまといわれひこのみこと):郷田 亮(まこと)さん。
日ノ臣命(にちのおみのみこと):國本福太郎さん。




上目力と汗が、良いな~。



上一つ一つの場面がとても綺麗です。
長髄彦:藤田賢司さん、従者:佐々木一紀さん。




上気持ちよさそう~に奏でられるので、お客さんもノリノリ音符



上これを見んにゃ~。


~プログラム8番 紅葉狩 吉田神楽団~

吉田神楽団の先輩方の念願でもあった紅葉狩の復活を、昨年、現メンバーで果たすことができました。

初めて競演に持ってこられた紅葉狩は『ンま~、本番直前まで!あずりあずりよ!!』。

思い入れの深い分、納得いくまで難儀だったことでしょう。

上演後、波多野八朗団長のお話は『紅葉狩を舞えて良かった。先輩方の想いも一緒にのせて舞えたので。』

真剣勝負への誓いは、終わるまでビールを封印すること。

先輩たちも、この気概を大いに褒めてくださっているのではにかっ



上紅葉狩の主役は鬼女たち。はじめ、しとやか。
紅葉:城美隆行さん、鬼女:松川真士さん、升田 亮さん。

大太鼓:波多野八朗さん、小太鼓:沖田憲幸さん、
手打金:藤安奈摘さん、笛:藤安美香さん。




上魔物に導かれて、戸隠の山に迷い込んでしまうのかも。
平維茂:岡本充行さん、従者:藤野克洋さん。




上漲る魔性。



上狩野の旅に出て・・・自分たちが獲物になるなんて汗



上神妙な場面に、合戦への期待が高まります。
八幡大菩薩:森次 武さん。




上活き活きと舞われますね~グー
鬼:寺本尚希さん、西岡保明さん。




上高く低く大きく!華やかな最終決戦です。
大王:西岡隆典さん。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.283527秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284741