惑わす。


ダイヤ「御幣三幣、天蓋四幣」ダイヤ

という習わしを初めて知りました。

水内の天蓋は大きく、五色豊かで、神様がゆるり寛げそう。

ふっくらとした天蓋が、サラリサラリと音をたてます。

又、紙垂に「しずら(しづら?)」という、細く折り重ねた飾りが付けられるのも特徴です。

奉納の終わりに持って帰って頂くのですが・・・人気なんですよねぇ四葉

では、最終演目。もちろん水内神楽団の皆さんです。



上舞台裏。幕が開くと紅葉の戸隠山。

~第五幕 紅葉狩~

水内の「紅葉狩者」とは紅葉狩をする人。紅葉狩を生業とする人。

どこから来たのか、何者か、名も持たず。

鬼か、自然が魅せる幻か、その正体は一切語られません。

正体不明の闇に絡め取られていきます。



上神秘のベールに包まれる美女たち。
紅葉狩者:西廣直明さん、姫:竹下亮太さん、宮木慎平さん。




上女ばかりの宴も又、官能的です。



上紅葉の美しさに、奥へ奥へと踏み迷ってしまった維茂一行。
平維茂:矢野 宏和さん、藤原成時:藤本顕多さん。




上心を奪われたまま。



上下本来の姿を現す時。





上もともと、どんな武勇者でも敵わない相手なのかも。
武内ノ神:坂口雄太郎さん。




上下第六天の魔術を操ります。





上下桜まつりのフィナーレにふさわしい派手やかさ!
鬼女大王:小松永正さん、鬼:山本英司さん、森下幸則さん。




今年も遅くまでお疲れ様でした。

そして、ご馳走様でした。(*^_^*)

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.253979秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284729