金毛。


上地元なので張り切っていきましょー。
珍斎さん:小松永正(ながまさ)さん。


ダイヤでは、水内神楽団ダイヤ

湯の山温泉桜まつり前夜祭・神楽奉納続きます。

桜を愛でるおまつりですので。

屋外特設ステージ!

ドラム缶ストーブとあたたかい食べ物で、必死に暖を取りながらの上演です。

4月初旬の湯来の夜。

気温は0℃。

パリパリに凍った舞台に、白衣袴姿の奏楽の皆さん。(特に笛)

お客さんも唇が真っ青だし、寝ると危険だし、ド根性鑑賞なのです。

な・の・で。

『今日は雨につき、屋内開催です~。やった~音符』とご連絡を頂いた時。

私も『やった~グー』とガッツポーズでした。

大きな声じゃ言えませんが、来年も屋内がいいな~にひひ

(鬼が笑う?)

暑いも寒いも過酷ですが、これからの季節は熱中症に気を付けましょうねっ四葉



上『あっ!』絶好調な珍斎さんが、本気で滑りコケる瞬間です。
このステージ、よく滑る場所があるんだって。




上大丈夫??骨折とかしてない???

~第二幕 悪狐伝~

水内の皆さんの悪狐への考え方を、おさらいしてみます。

なぜ、水内の狐が金色(茶毛)なのか。

それは、妖術を身に付けた妖狐の位に由来します。

長い年月、神通力を増していく妖狐は、その進化の途中で善悪の道に分かれます。

九本の尾を持つ悪狐は金毛となり、その最高位・雲狐(うんこ)となるといいます。

白い狐は善狐、神の使いという考えから、神楽の中で成敗される狐は、金色(茶毛)として表現されています。

この真面目なお話を、上演前に皆さんにご紹介する際。

どうしても毎回、『雲狐・・ハハハッ』と笑ってしまう私は小学生なのでしょうか。。。。



上大太鼓の森下幸則さん、人生初の胴でした!
小太鼓:矢野文男さん、手打鐘:松永千和(ちわ)さん、
笛:清水美緒さん。




上この日、玉藻前デビューされた宮木慎平さん。
美しさに少し「S」が混じった、ゾクゾク系の玉藻前でした。




上見事な変化!この場面たまりませんね。



上さて、最初こそ和尚に気付かれないよう忍び寄る狐ですが。
妖狐:坂口雄太郎さん。




上全然気づかない和尚に、少しずつ大胆になって。



上『・・・気付いて。』



上『ちょっとぉ。気付いてよ~。』



上∑(〇Д〇)ノ



上キリリと、舞台の雰囲気が変わっています。



三浦之介:竹下亮太さん(右)、上総之介:長尾大樹さん。
新入団員の長尾さん、野球ひとすじの高校生活を終えて、これから神楽に全力投球です。


長門彦島に続くよ~
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.265671秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297741