余韻に浸る。
ダイヤフラワーフェスティバルの台本が届きましたダイヤ

間もなくですね。



ダイヤでは先週、初登場となりましたダイヤ

あさひが丘神楽団の皆さんの広島神楽定期公演の様子をご紹介します。

熱演と、下田敏則団長の爆笑トークの会でしたにかっ



上開場前の呼びこみ、鵺をじっくり舞って頂きました。
奏楽は、鈴張神楽団の全力応援です。


~第一幕 滝夜叉姫~

策士と伝えられる将門の血が、五月姫にも流れると感じます。

滝夜叉姫の妖術は光圀に封印されてしまいますが。

壮絶な最後は、解ける術のない呪いとして形を変え、復讐を果たします。



上貴船の社に願をかける場面。神妙な面持ちです。
大太鼓:下田敏則さん、小太鼓:小田穂圓さん、
手打鉦:東 堪太さん、笛:山本美波さん。


さて、妖術を失った五月姫に、光圀が温情をかける独自の場面。

それに対し、五月姫が放つ印象的な口上があります。

『口惜しや。貴船の神徳を失いたる自らを、汝ら只の女と侮るか。つくづく小癪な男よの。』

・・・これを下田団長が訳しますと。

『貴船にもろうた神徳が無くなったけぇいうてものぉ、うちゃ~ただの女じゃあなぁんでぇ。ほんま、つまらん男よのぉ。』

・・・広島弁だと、キャラも変わっちゃうねっ星



上つに授かった神徳、手助けをしてやるという約束です。
滝夜叉姫:小田徹也さん。




上激昂する夜叉丸・蜘蛛丸に、謀をもちかける五月姫。
夜叉丸:山田悠人さん、蜘蛛丸:山本成希(しげき)さん。




上色香によって光圀を陥れ、もう少しのところを。。。。
大宅中将光圀:田中竜士さん。




上貞盛が駆けつけ、光圀を窮地から救います。
平貞盛:藤本 靖浩さん。




上死闘の中にある五月姫に。



上ついに貴船の荒神は妖術を授けるのです。



上自害を選ぶ五月姫。光圀と貞盛は悼み弔います。


土蜘蛛に続く~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.255274秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3284814