雷の如く奔り、風の如く飛ぶ。


奥州一円を手に入れ、朝廷の言うことを聞かず。
我が世の春を謳歌する、阿倍貞任(あべのさだとう)・宗任(むねとう)兄弟。


ダイヤではではダイヤ

月いちの舞・東北ー鎮魂の物語ーを結んでいきます。

~第四幕 勿来の関 梶矢神楽団~

常磐自動車道・勿来インターをおりて南へ走ると「勿来の関公園」があり。

ここには、勇壮に戦う馬上の「八幡太郎義家」の像があります。

《同じ源氏と申せども、八幡太郎はおそろしや》とうたわれる義家は。

平安時代後期、奥州一円で力を揮う安倍一族を平定した武士です。

この戦いは、「前9年の役」と知られています。

それから150年の後、源頼朝が、武士の世・鎌倉時代を開きますが。

義家こそ、その礎を築いた英雄と伝えられています。

(筆・石井誠治さん、一部抜粋)



上征夷大将軍・八幡太郎源義家は、出羽の豪族『清原武則』の援助を得て、平定に向かいます。
義家:上田正幸さん、清原武則:大久保俊祐さん。



勿来の関は、梶矢神楽団の皆さんのオリジナル演目です。

『もう、60年くらいは舞っとると思うんですがのっ。』と、長尾良文団長がおっしゃいます。

この戦いは、日本の歴史には「前九年の役」として刻まれ。

神楽では、梶矢神楽団の「勿来の関」から、宮乃木神楽団の「新羅三郎 後三年の役」に続いていきます。

そして、義家が安倍氏討伐に向かう途中、安達ヶ原の鬼女の物語が加えられているのは。

義家の武勲を、一層引き立てるためではないかと想像します。



上馬子の藤太、待ってたよー音符チャリの話術で会場を湧かせ、見事な長口上で唸らせます!馬子の藤太(まごのとうた):田中克明さん。



上前団長・上田照明さんが、とても楽しそうに大太鼓をつとめられるので、こちらもニコニコってなりますにぱっ
小太鼓:徳物一則さん、手打鉦:道庭 晃さん、大下(おおしも)真汰さん、笛:長尾良文さん。




上義家たちは、馬子の藤太の道案内で、まずは鬼女退治へと向かいます。



上しとやかな姫の正体はすでに分かっています。
姫:柴野 利成さん。




上鬼女の化粧は、梶矢に長く伝わるものです。
鬼女お岩:柴野 竜二さん。




上鬼女が恐ろしければ恐ろしいほど、義家の武勇を誇ります。



上鬼女成敗のあと、勢いを得て、勇ましく敵陣へ乗り込む義家。
阿倍貞任:田中克明さん、宗任:行田雅春さん。




上兄の貞任は討ち取られますが。
文武に長けた弟の宗任は命を奪うのが惜しいとして降参させ、家来とします。思いもよらぬ展開でした~。
にぱっ
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前  2021年03月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.287718秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

4047654