大蛇に託して。


上息を呑むような姫取りから。

ダイヤ第九回あさきた神楽発表会を締め括るのはダイヤ

飯室神楽団の皆さんです。

この日のために選ばれた演目は、八岐大蛇。

『自然の災厄を鎮める祈りの舞』として、心を込めて舞われました。

その想いは団の枠を超えて。

宮乃木神楽団から田村和也さん、あさひが丘神楽団から小田徹也さん、鈴張神楽団から竹迫正棋さんも加わり、八頭の盛大な披露となりました。

稲田の神を救う大地の神の物語に、故郷の復興と魂振りを願う、特別な大蛇です。

《八雲立つ 出雲八重垣妻籠みに 八重垣作る その八重垣を》



上希望をもたらす神。面も好きだな~。
須佐之男命:野見山 渉さん。




上小学校の体育館を借りて、八頭の練習を行いました。
飯室神楽団の大蛇の皆さんは:佐々木俊一さん・湯月 大生さん・
蛯名 貴一さん・倉頭 竜次さん・丸本 哲也さん。




上4つの神楽団をひとつの大蛇として奏でる皆さんです。
大太鼓:下田 勝行さん、小太鼓:吉村 一成さん、手打鉦:日野 俊希さん・中本 雄介さん、笛:大西 菜つみさん。




上は~よく暴れた。おやすみ。



上下一刀の緊張感を、会場と分かち合います。





上面と同じ表情なんですね!

来年は10回記念公演です。

ご期待ください四葉

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.285106秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297760