愛憎の行方。


上鍛冶屋・抜刀斎に五寸釘を注文します。
まだ引き返せるぞっお蓮ちゃんっ


ダイヤあの物語が、とうとうダイヤ

あさきた神楽発表会にやってきましたーにかっ



上良い仕事する抜刀斎。家族のため金のため。
抜刀斎:石川 昌士さん。


~第八幕 鈴張神楽団 枡屋 お蓮~

音響、照明、ドライが整うホールでどう演じられるか、鈴張の皆さんも楽しみになさっていたようです。

これらの演出とピタリ息が合った時、舞手の心も昂るとおっしゃいます。

さて、一昨年の暮れに初演を迎えたこの演目は。

やはり拝見する毎に、少しずつ変化を加えておられます。

勢いで舞う演目とは違うので、時間をかけじっくり取り組みたいとお話される、橋原 慎也さん。

『面をつけることで、年を重ねても舞っていける演目。これから舞い込んで!舞い込んで!舞子・奏楽共に技量を磨いていきます。』

鈴張の枡屋お蓮を観たいね、と言ってもらえたら嬉しいですと結ばれました。

《久衛門は 生まれ故郷のよい男 振り向く姫が袖をひくかな》



上お連を“境目”に導く、奏楽の皆さん。
大太鼓:橋原 慎也さん、小太鼓:吉田 和哉さん、
手打鉦:薮本 司さん、笛:青木 静さん。




上かえりのない釘に、狂気を注ぎ込む。
枡屋お蓮:竹迫 正将さん。




上一振りごとに戻れなくなって。



上時折別のものが顔を出します。



上隣の里に囲う、娘に逢いにいく久衛門ですが。
自業自得なので、仕方ないね星桝屋久衛門:山中 数人さん。




上捕まっちゃった。あーあ。



上お蓮の本望ではない、哀れな姿です。
しかし最後は事代主命によって来世の幸せが約束され、昇天します。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.253551秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3288022