確立。


上独特な面に、様々な思いを巡らします。。。

ダイヤこの度、縁の下の力持ちとしてダイヤ

諸木郷土芸能保存会の皆さんが、ロビーで十二神祇神楽の展示PRを担当してくださいました。

現代に注目を集める神楽とは、一味違う十二神祇神楽。

安佐北区は、十二神祇神楽の里。

手づくりの花火、異国情緒さえ漂う面。。。

懐古談に華を咲かせた方も多かったでしょう!



上世鬼の舞・荒平の衣裳。
大正時代・作の旧衣装(およそ25キロ)。昭和56年・作の新衣裳(およそ40キロ)。神楽人は昔から逞しいですねぇにかっ



ダイヤ続いて、プログラムを進めま~すダイヤ



上もとは将門の手下として、貞盛への恨みを募らせます。
夜叉丸:山田 悠人さん、蜘蛛丸:古岡 和芳さん。(お顔が写ってないですね。ごめんなさい。)


~第七幕 あさひが丘神楽団 滝夜叉姫~

下田 敏則新団長のもと、新生あさひが丘神楽団として、初めてのあさきた神楽発表会です。

どの場面を観ても“あさひが丘の滝夜叉姫”であり、独自の取材と強い思い入れを感じます。

武芸達者で戦術家であったという将門の娘・五月姫が、受け継ぐ血の中に陰と陽を持ち合わせる姿はとても魅力的ですね。

さて注目したのは終盤のやりとり。光圀の人情味ある言葉を、下田団長の解説でお伝えすると・・・

『悪いことしよるが、別にあんたが鬼にならんでもええんじゃないかぁ。あんたに恨みはないんじゃけぇ改心しんさいや。』

広島弁で説得されればっ、もしかしたら結末は違って・・・いませんかねにひひ

《東地に旅立つ我が身顧みず 悪魔を祓い 世をば 鎮めん》



上妖香。光圀をたぶらかそうと企てます。
滝夜叉姫:小田 徹也さん。




上光圀たちと刃を交わす時を待っていたような姿です。
大宅中将光圀:田中 竜士さん、平貞盛:藤本 靖浩さん。(お二人ともちゃんと写ってなくてすみませんっ)




上やがて怨念の塊に。



上観衆の心情を奏でるような奏楽の皆さんです。
大太鼓:下田 敏則さん、小太鼓:小田 穂圓(ほまる)さん。
手打鉦:安倍 憂大さん、笛:山本 美波さん。




上最後の力を振り絞って戦います。
貞盛はどんな気持ちで戦っているのでしょうね。




上胸に残る怨嗟の声。これこそ呪い。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.285103秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297569