胃の中にも鵺。


上シンプルな構成に、頼政と猪早太の武勇が引き立てられます。
源頼政:山中数人さん、猪早太:石川昌士さん。


第三部 新たなる神楽への挑戦

~第七幕 源頼政 鈴張神楽団~

早春初出演を飾られました。

当日は、集合時間よりかなり早めに道場へ到着した夏本秀典団長。

しかし既に、団員さんは皆集まり練習が始まっていたそうです。

『早く行ったのに、僕だけ遅刻したみたいになっちゃったダッシュ』とユーモアを交えながら団員の皆さんの気合をお話されましたにかっ



上本気で飛びかかっていく迫力。

又、本番前の舞台袖で、大太鼓の橋原慎也さんに気持ちを伺ってみますと。

『こみ上げてきます。さっきから胃の中に、何か生き物が棲んでいる。』

こみ上げているのは感激じゃなくて、消化器外科的な??

しかし本番が終わると、その生き物はいなくなっていたそうで、安心しました。

ともあれ、今回は一丸となって挑戦者となり、更に取材を重ね、より自分たちの目指す頼政に整え直し臨まれました。

会場でお客さんと触れ合ったひととき。

その手応えはこれから先、鈴張神楽団の力になるに違いありませんねグー



上舞人さんたちは会場で歓声を受けています。その間も力強い楽が響き渡ります。
大太鼓:橋原慎也さん、小太鼓:吉田和哉さん、
手打鉦:薮本 司さん、笛:服部 久美さん。




上どっちが先に倒れるかというくらい、激しい舞です。



上愛嬌あるんですよね~鵺さんが。鵺:竹迫正棋さん。



上「猪早太と鵺(月岡芳年 画)」にイメージをもらう。
頼政が鵺を射抜いた弓矢は“雷上動(らいじょうどう)の弓”“水破兵破の鏑矢(すいはひょうはのかぶらや)”。
猪早太がとどめを刺す刀は、骨食刀(ほねくいのたち)というのだそうです。




上左大臣藤原頼長が読み掛ける連歌に、見事に付ける頼政。
弓矢を取って無双。歌道にも優れていたと伝わります。
藤原頼長:角田浩一さん。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.257606秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3758974