華々しく。


上大国主羽原支配人命より、幸せの種(餅)が蒔かれました。

ダイヤ新しい一歩を迎えた舞台ダイヤ

11回目の田原温泉・神楽の宴でした。

5団体中、4団体が初出演!

色んな神楽に触れたい、知りたいというお客さんのリクエストからです。

大朝、という島根との県境もまた趣を深めてくれるような気がします。

それにしても、初めて拝見する神楽。

それに携わる人たちとの出逢い。

例えば、創立10周年の、周布青少年保存会の皆さんと、150周年を迎えた西宗神楽団。

地域・時代・伝承するものの違いを超えて集い、嬉しい時間を共有できるのも、先人たちのおかげでしょう。

改めて、感謝のいちにちでした。

星周布青少年保存会・新日本武尊

その終わりに、賊首も武尊と戦い成敗されることから“新”となりました。



上賊首と兄ぎし・弟ぎし、ほのぼのトーク中。
このゆったり感が石見です~音符




上一転、合戦の激しさ。圧巻でした。
怪我しませんか?『はいっ!よくしますよっ』“好き”はどうしようもないねっにひひ


星西宗神楽団・葛城山

豊平競演優勝演目です。
150周年と合わせて、今年は良い年になりましたねグー



上配役を大きく変えて臨んだ葛城山。
色々葛藤もあったそうです・・・




上150周年記念の姫着です。
この日、胡蝶が撮れてなかった。残念汗




上今のメンバーで200周年を迎えるぞっ

星中川戸神楽団

来年に向けては、茨木と、現在保有している演目を手直しする年になりそうです。伊吹山とか・・・と能海団長。



上瀧夜叉姫。アイデアやら練習やら、チームワークやら、なんかすごいっ。



上大江山。酒呑童子の首を討った場面。

星山王神楽団・羅生門

今週、ずっ~と一緒でしたね・・・



上見せ場簿のひとつ。鬼の惨さ。



上まんまと。

星石見神楽長澤社中・加藤清正虎退治

法華経の熱心な信者であったと伝えられる加藤清正を称える神楽を作ってほしいと、お寺さんからの依頼でその昔誕生した演目です。
文禄の役と、虎退治の武勇伝をもとに構成されています。

古くから継承されていますが、戦後に大きく整え直されたそうです。



上その当時、朝鮮半島にはアムールトラ・シベリアトラが数多く生息していたそうな。お客さんを食べないでねっ



上変わり兜は清正のシンボル。
この日の清正は浜田商業高校・郷土芸能部、顧問の布施武司先生!




上大軍との戦いに勝利し、物語を終えます。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.283777秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3287555