得意の取材力から誕生。
ダイヤ幕間のご挨拶は油目 高団長ですダイヤ

今年は、今までで一番公演数が多く、充実した年だったという明るい話題から始まり。

しかし忙しさからの練習量の不足を課題として。

来年は稽古重視、足元を固める年にしたいとお話されました。

12月で、発足から33年。

『地域の方、ファンの方、他の神楽団の方々のご支援のお陰です。』と繰り返されます。

「衣裳も何もない状態からのスタート」。この時代を知る団員さんは、油目団長おひとりになりましたが。

時を経て、先輩方の御苦労が、綾西神楽団の源・盛んな勢いに転じているようです。



上正成討伐に向かう大森彦七盛長:玉城 啓一さん。
この日、彦七を舞台初披露。大活躍ですねっ!


~第2幕 大森彦七~

伊予の豪族・大森彦七と、神楽ファンに広く知られる楠正成の物語です。

もともとは、“まつりのつなぎに、少人数で舞えるものを”と6年前に創作され。

その手応えに、徐々に力を注ぐことになったそうです。

同じく綾西神楽團のオリジナル創作神楽『矢取川(やとりがわ)』へと続いていきます。



上正成兄弟は悪として描かれるものの、兄を慕う正季の口上など、心を揺さぶられます。
正成:若林 弘志さん、正季:舛田 竜矢さん。


あらすじ

湊川の戦いに敗れた楠正成・正季は落ち延びていきます。

闘いに勝利した幕府軍の足利尊氏は、伊予の豪族・大森彦七に正成討伐を命じます。

正成らを追い詰めた彦七は、降伏を進めますが、降伏は天皇への裏切りとして、戦いの末に弟・正季は討たれ、力尽きた正成は自害を選びます。

再起を絶たれた正成は、その無念から怨霊となり、・・・矢取川へ続きます。




上彦七は八幡神よりお告げを被り、正成らの居場所を知ります。



上追い詰められ、降伏を拒否し、戦いを選ぶ正成、正季。



上太刀を合わせる音が響き渡ります。



上自害を選んだ正成は、人の姿からこの世の者でないものへ。この続きは矢取川へ。



上土蜘蛛の面を被らせてもらったよ~音符応援に来られていた、宮之庄神楽団の梅田幸紀さんとパチリっ

~代替公演のお知らせ~

8月に中止となりました、宮乃木神楽団の代替公演が決定いたしました。

3月18日(水)午後7時開演。

広島県民文化センター。

チケットの販売が、夕方5時になっておりますのでご注意ください。

演目など詳細は後日お知らせいたします。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.255781秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3286196