ここだけの話。
2014_1214_135616-DSC04824.jpg

上混!

ダイヤ続いてダイヤ

あさひが丘神楽団・鈴張神楽団の合同神楽です。

この2つの演目、仕上げる過程がとても楽しかったのではないかと思います。

と言っても、そのほとんどは「信頼する」と「呼吸」で本番を迎えられたようです。

まずは、盛りだくさんで、写真の数も多い悪狐伝から。

ほんの一部のご紹介ですが、写真が沢山ありますので、前半後半に分けてご紹介します星

~第3幕 悪狐伝~



上下才女・玉藻前が、陰陽師安倍泰成に正体を見破られる場面から始まります。
安倍泰成:小田稔さん(あ)。玉藻前:小田徹也さん(あ)。






上そしてその正体は・・「ドーン」



上睨み合いの末、決着をつけることに。・・・陰陽の術は?



上激しいぶつかり合いです。熱い抱擁ではありません、戦っているのです。



上泰成を軽々と投げ飛ばした妖獣は。



上悠々と那須野が原へと去って行くのです。



上その頃、十念寺の小坊主さんは、和尚さんを探しておりました。
小坊主:石川 昌士さん(鈴)




上うっかり笛を吹いてましたよ。さあ、準備準備!



上生準備、まもなく完了。和尚:下田敏則さん(あ)。



上大太鼓の橋原 慎也(鈴)さんが、水を得た魚のように庭を掃き清めた後は・・



上玉藻前がやってきました。。。。『?!』



上十念寺は留守だし。ここは手名付けてみるか、よーしよーし。



上よーしよしよし。笹をもらって、おとなしく去っていきました。というか、一体化?



上舞台では玉藻前放置で宴が繰り広げられております。

物語はほとんど進まないまま、後半へ続く。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.265594秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3754427