神楽というご縁。
ダイヤゴールまで7時間を切っていますダイヤ

神楽団は駅伝、お客さんがマラソン、かな?



上満願と共に妖術を授かる。
五月姫:後 悟志さん。


~第四十九幕 上本地神楽団 《滝夜叉姫》~

今年は早春神楽から始まり。

田中敏己団長の夢を叶える会など、色んな場面でご一緒させて頂きました。

その都度、団員の皆さんの人柄に触れながら、学ばせて頂いたことが沢山ありました。

゚.+:。(´∀`)゚カンシャ

さてここでの一言は、夜叉丸を舞う福本 慎吾さん。

『北広島町の神楽を初めて見るという方にも、伝わるように演じたい。又、57団体の中でも、上本地の神楽をもう一度観たいと思ってもらえたら嬉しいです。』

今年力を注いできた滝夜叉姫です!



上五月姫を守る姿、悪と呼ぶには切ないですねぇ。
夜叉丸(福本 慎吾さん)・蜘蛛丸(天野 源士さん)。




上因縁の対決。



上鬼が長い刀を持つと怖いね。バンソウコウの出番も多いと伺ってます。



上壮絶な戦いの末に散っていく滝夜叉姫。神のお二人の汗もキラ~リ。大宅中将光圀:福本 涼介さん、平貞盛:小野川 剛さん。

~第五十幕 阿坂神楽団《鈴鹿山》~

我が家の真向かいにある(階段がキツイ)神社に、秋奉納に来られた阿坂神楽団の皆さん。

フードから帰宅して『やれ行こう!』と思ったら終わっていましたダッシュ

しかし今年は夏の豪雨災害から、周辺の秋祭りの多くが自粛となる中。

葛藤の上での開催は尊く、いつも以上に神楽の喜びをもたらしたのではないかと思います。

さて上演前のお話は、藤田丈二団長。

『町外から来られた方に、北広島町の神楽の魅力を知って頂きたい。神楽はかけがえのない文化。旧4町の神楽団が手を携えながら、皆で守り盛り上げていきたいですね。』



上和田翁が命を奪われてしまう哀しい始まりです。



上夜叉丸が田村麻呂の家来になる、鈴鹿山の代表的な場面。
田村麻呂:河野 翔紀さん、夜叉丸:小野 遥平さん。




上翁を殺め、あやめ姫をさらう、この鬼だけは同情の余地なしっ



上鬼が成敗されて清々しいにこっとてもスッキリした勧善懲悪の物語ですよね~。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2019年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.25818秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3334755