1演目に込める。
ダイヤ神楽マラソン3日目・午前から午後の部へ移ろうとしていますダイヤ

~第四十六幕 旭神楽団 《大蛇》~

今年は、旭神楽団の皆さんの大蛇とご縁が深かったです。

特に牛久公演では、鬼のようなリハ!今では良い思い出ですね~。

(私は見ていただけですがっ)

年末でもありますし、この一枚を。



上地元の方との交流会後の、バスの中。

さて!神楽マラソンについて。

砂田 寿紀団長のお話は。

『この10周年行事は、自分たちにとっても良い記念になります。
それにしても、少ししか離れていない土地に、こんなに趣の違う神楽が伝わっているのかと改めて感心します。』

しかし大蛇のイキの良さといったら!



上神楽を代表する、と言われる迫力ですね。。。



上須佐さんがステージから落ちないかと心配になるほど、舞台を広く、スピード感いっぱいに繰り広げられます。



上須佐を舞う菅田 淳さん。
荒ぶる神から大地を守る神へと改まる、須佐之男命の心を大切に舞いたいとおっしゃいます。


~第四十七幕 上石子供神楽会 《紅葉狩》~

現在、保育園から高校生まで13人で構成されます。

お話を聞かせてくれたのは。

お姉さん(美咲季さん・中3)の影響で神楽を始めたという迫田 真尋さん(中1)。

駅伝など、スポーツとの両立を続けながら頑張ってきて、真尋さんは今年初めて大太鼓を任されました。

『大きな舞台で緊張していますが、皆で、練習の成果を発揮したいです。』

頼もしいのは、これからも神楽を続けていきたいという一言です。



上木の又権兵衛(栄田 玲斗さん・小4)、お客さんと、舞台の皆を和ませる役割がありますね。



上道に迷う茂維(小笠原 丈さん・小5)が権兵衛さんと出逢います。皆、集中して良い顔してます~。



上少女のころの艶やかさを発揮。
鬼女大王:下河内 真子さん(中3)、白蜘蛛:小笠原 光さん、赤蜘蛛:栄田妃奈乃さん。共に中2。




上上石の旧舞を受け継ぐ。



上これまた大きな鬼!冨永 将幹さん(高1)。息を合わせて・・・



上小太鼓:太田奈月さん(中1)、手打鉦:迫田 真聖(まこと)さん(1年)・下鉄穴 優夏さん(年中)、笛:迫田 美咲季さん(中3)。

手打鉦の優夏ちゃん、心地良い音色に思わず。。。




上トロリ~ンと、手も止まりそうで。



上でたっ、最高のパフォーマンス!あまりにも可愛いらしくて載せちゃいました~love

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2020年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.269515秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3931507