画像が悪くて申し訳ないです。

二人の舞手さんに向かい合っていただいています。

全国神楽フェスティバルが終わりましたね!今回は、良くも悪くも司会でなかったので、三日間出たり入ったり、時間をやりくりしながら、見たい演目を自由な場所から拝見することができましたにひひ

写真は、北海道小樽市の松前神楽の、『二羽散米舞(にはさごのまい)』の雄鶏と雌鳥です。頭にインパクト大の鳥兜。
夜明けを告げる鶏は、岩戸開きでは世の始まりを知らせる大切な役割を持っていますが、この2羽の仲睦まじく舞う姿に、夫婦円満・五穀豊穣への願いが託されています。

この度来広された松前神楽は、メンバー全員が神主さんで、数多くの神社から保存会に集い、神楽のピークは6~9月。
10月は寒さが厳しくていやんなっちゃうそうです。
しかもこの1月は、神主としての仕事がド・ピークで稼ぎ時なのよ、急いで帰らなきゃ~ダッシュともにひひ

所変われば・・・舞台創りに衣装・小道具や舞はもちろんですが、特に印象的だったのは、お囃子。
胴や小太鼓・手打ち鉦に笛、というあまり変わらないスタイルで、
神楽のお囃子ってこんなにいろいろ存在するのね!とうっとりlove聞き惚れてしまいました音符

もちろん、神々への崇拝、実りへの感謝や祈りなどなど、神楽人としてのハートはどこも同じですねにかっ
お話を伺った皆さんは温かい方ばかり。今度は現地で、神楽を楽しむ地元の皆さんの顔を見たいと思いました花

あの~ぎりぎりですが、3333の方はどっかで、お知らせください。
まだ何も考えはありませんが・・・



| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.263676秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297730