霧と温泉と神楽の里から。
ダイヤ今朝、気が付いてダイヤ

カレンダーをめくりました。

あと2枚のものと、残り1枚のもの。

今年も残り60日を切っていますねぇ。



上三次の人気キャラクター、きりこちゃんです。

ダイヤでは今夜はダイヤ

先週の広島神楽定期公演をご紹介します。

初めて三次市からお迎えした、茂田(もだ)神楽団の皆さん。

この日の夕方、県民文化センター前は三次色。

三次観光キャラクターのきりこちゃんと、鬼をメインにして。

神楽団の皆さんと三次観光交流課の皆さんが力を合わせて、町行く人に三次PRを展開しました。

この日も、多くのお客様にお越しいただきました。

後で伺ったお話ですと三次出身の方が、複数足を運ばれていたようです。

やはり故郷ですね・・



上神楽団の皆さんも、大きな声で張り切って我が町のPRをしておられました。

ダイヤさて、茂田神楽団の皆さんダイヤ

古くから砂鉄採取が盛んであった土地。

砂鉄労働者の安全祈願と、農の五穀豊穣のために神楽が奉納されてきたと伝えられます。

スサノウさんの姿が見え隠れします~。

旧舞を伝承されていましたが後継者不足の為、存続を模索し、昭和40年代には天神神楽団より新舞を師事され、現在に至ります。

平均年齢は40才くらいとお聞きしましたが、若い方が多く「?」。

『わたしら~が引き上げとるんよね。』とベテラン勢がにこにこ。

地域に根付く神楽団の、懐かしい姿を拝見しました。



上山姥は定期公演では初めての演目でした。
源頼光:茶木 篤紀さん、渡辺綱:角光 由介さん。


~第一幕 山姥~

面を使用しない山姥。

身一つで表現する山姥の舞です。

その山姥を演じる、増原 英伸さん。

『舞子として伝えようとする気持ちと、感情移入しやすい役柄だけに、大袈裟にならないようにしています。あくまで神楽なので。。。そこの境が難しい。』

又、増原さんには「茂田の山姥といえば」と呼ばれた、師匠がいらっしゃるようです。

先輩の存在を常に心に、磨くものが沢山あるとお話されました。



上山中の宿に、快く招き入れる姿。



上山姥は腰を低く落としたままで合戦が続きます。
『きつい汗』そうです。




上母を頼り切って育ってきた怪童丸、まっすぐで、幼い印象を受けます。怪童丸:久山 浩則さん。



上ガッソを上げ、顔を出す所作は改心を現すと伺いました。



上何度も母を追う怪童丸。追うなと止める母。

続く。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前  2020年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.267007秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3924458