活かし活かされる才能。
ダイヤ幕間のお話は田中敏己団長ダイヤ

19歳で神楽の道に入られ、41年という田中さんは。

この9月に、60歳の誕生日を迎えられたばかりです。

おめでとうございます四葉

初めて演じられたのは、玉藻前。

その後、神から鬼・奏楽と一通りつとめられた田中さんですが。

やはり鬼女を演じる魅力は格別だというお話でした。

ピンマイクもなく、お酒を呑んで神楽を・・・観てるような観てないような時代。

自分の口上をきっかけにして。

『皆が水をうったように静まり、体の向きまで変えて観てくれる姿に「やった!」という充実感は忘れられんですね。』

役者さんは、喜びと憂いをその舞台に残していかれるものと思います。

『ただその頃ね、咥え面がひとつしかなくてね。みんなで使い回しとったんですよ・・』

間接なんちゃら~。

人類みな兄弟~音符



上化身の婆が正体を現す頃。奏楽の皆さんの表情もキリリと揃います。

~第2幕 戻り橋~

今年、一番力を入れて舞っている演目。

綱と化身の婆との掛け合いが見所のひとつです。

ところで、悪狐の珍斎さんに続いて、善平を舞った金平 義政さん。

2演目続いての道化は、どう演じられるのかと注目しておりましたが。

さすがでした、金平さん!

見事なアイデアと話術とで、ますます舞台と客席を近づけておられました。



上珍斎さんの袈裟で登場し、これを脱いで善平さんへと変身しました!



上戻り橋での綱(福本 慎吾さん)の問いかけに“修行の旅の途中、体をこわして”と話す婆(化身:後 悟志さん)。
婆を気の毒に思い、自分の館で休むように勧める綱。




上綱をからかうように、愛宕山、仙丈ケ岳の霊山を巡り・・・と自分のことを話します。



上印象に残る面です。



上鬼に優勢な展開かと思いきや・・・



上次は腕を取り返しに行っちゃうぞ~。


ダイヤさて、話は変わりましてダイヤ

上本地神楽団の「壇ノ浦」。

二位の尼と平知盛の、今生の別れのシーンで。

沖本周子(ちかこ)さんの、胸を引き裂かれるような口上と歌声に涙する方も多いと思います。



上今年の早春神楽、壇の浦。天は二物以上与え過ぎでしょにひひ

その美声を育てたのは、詩吟の力。

先日、舞台で吟じる沖本さんに、すっかり心を奪われてしまいました。

漢詩に独自の節をつけ、風情豊かに表現する詩吟。

神楽に活かされるものは大きでしょうね。

詩吟てこんなに色香漂う、妙味に富んだものだったんだ~。

“誰が何を吟じるか”も、詩吟を知ってもらうには、とても大切なことかもしれませんね。



上佇まいそのものを詩吟で得られている雰囲気です。
またごはん、行きましょうね~。

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.28095秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3297817