レインボウブリッジの如く。
ダイヤ台風11号、被害などありませんでしたか?ダイヤ

今日は台風一過の眩しい青空。

日差しは強くても日陰に入ると風が心地良いですね。

今週末9月10日(日)は、中秋の名月です。

虫の声と共に穏やかな月の光を浴びたいものです。

何をお供えしようかなぁ(*^_^*)



上週末は、月で餅つきのバイトがあります。


ダイヤお出かけ前に、先週の広島神楽定期公演ダイヤ

飯室神楽団の皆さまをご紹介します。

定期公演では、なかなかのレア演目「天岩戸」でした

(*´艸`)フフッ♪


飯室神楽団の皆さんは、コロナの影響に「やれんよー」とため息をつきながらも。。。

楽屋は本番前の緊張と興奮で活気があり、お互いの会話はユーモアを交え朗らかなキャッチボールでした。


さて、神楽団の創立から今年40周年を迎えられる飯室神楽団の皆さんが。

最初の頃に津浪神楽団より師事された天岩戸。

神楽の原点・哲学を物語り、舞も奏楽も全てが揃うと言われるこの重要な演目は。

旧舞を伝承する飯室神楽団にとって格別な舞で、大切に舞い継がれてきたと話されます。


この日、大太鼓をつとめられた下田勝行団長は溌溂とお話してくださいました。

『天岩戸は一つの演目の中で変化が多くて、叩いとっても面白いよにぱっ
女舞(天照さん)翁舞(児屋根さん)、神舞(太玉さん)荒舞(手力男さん)」姫舞(宇津女さん)、それぞれ違う5つの舞と楽を、気持ちをひとつにして光を取り戻していく。』

そうですね!そこに見る側の気持ちも合わさっていきます。


更に今日の見所を伺うと。

『やっぱり倉頭くんの宇津女の“神がかったブリッジ”じゃろうねにひひ』と下田さんの満面の笑み。

急に視線が集まる倉頭さん。

しかし、この和やかなやりとりが団員さんの心を解し、天安河原に集う神々のように個々の力を発揮するスイッチなのでしょう四葉


~飯室神楽団 天岩戸~

大太鼓:下田勝行さん、小太鼓:吉村公司さん、
手打鉦:日野俊希さん、笛:大西菜つみさん。

天照御大神:蛯名貴一さん、児屋根命:大畑 強さん、
太玉命:藤廣明男さん、宇津女命:倉頭勇太さん、
手力男命:佐々木俊一さん。

































それではこの後、広島県民文化センターでお会いしましょう。

今日は阿坂神楽団の皆様で『葛城山』です。

お待ちしています。

9月7日(水)18時開場 19時開演
(18時45分より北広島町観光PR)

広島県民文化文化センター(082)245-2311

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前  2022年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.751609秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

5195980