教えてもらうと。
ダイヤ24時間ですからダイヤ

お客さんも時間がたっぷりあって。

パンフレットもゆっくりご覧になったことと思います。

今回のパンフレット、けっこうな厚さになりましたが。

ページ毎に豆知識などあって、読み応えあります。

例えば「茅の輪」の紹介では。

6月祓(みなづきばらえ)の時、悪魔を払う蘇民将来の茅の輪伝説からきている。
この輪を腰につけていると禍災が払われると信じられ、火の輪とも鐘馗の輪とも言われている。。。。


(。ゝω・)bナ―ルホドネ!!



上一冊は現場メモ用・・・(後で自分の字が読めないこと多しっ)汗
一冊は完全保管用。



ダイヤそして鍾馗を舞われたのは久々茂(くくも)保存会の皆さんダイヤ

戦前、種神楽団のメンバーが久々茂に移住し、地元青年団員へ指導したことを始まりとし、昭和39年に発足。

昭和45年、大阪万博への出演を機に現在の名称、久々茂保存会へと改められました。

以来、益田の社中の牽引的存在であると伺っています。

時間さえあれば!あの大阪万博の生の話が聞ける機会だったのに。

今回の唯一の心残りなのですしくしく

~第二十三幕 石見神楽九々茂保存会 鍾馗~

さて、鍾馗についてのご紹介は、今大会の実行委員長でもあり、保存会の代表・三原 董充(ただみつ)さん。

鐘馗は絶対に変えてはいけない舞なのだと繰り返されます。

又、他の石見の神楽人が口を揃える様に。

鍾馗も疫神も、社を代表する舞手がつとめ、それがどんなに誇らしいことであるかというお話でした。

又、鍾馗の見どころとしての“幕切り”。

幕切りひとつ見れば、その社の実力が一目で分かると言われるそうですね。

教えて頂いて、面白さが広がります。



上前掛けが好き~音符



上演目の中で1,2を争う豪華な衣装と出幕、とあります。

また長くなっちゃった・・続くっ四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.25627秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3759112