サクサク天国。
ダイヤここ1か月ダイヤ

パソコンの調子が悪く、大きなストレスでした。

起動も稼働もおっそいおっそいあうっ

保存も印刷も、してくれたりしてくれなかったり。

初期化を試すも、完了しない始末。

「5年買い替え説」が頭をよぎりましたが。

いつもの如く相談したさと☆さんの『ちょっと待った』から。

さと☆さんのもとへ入院して数日。

まるで新品のようになって帰ってきました!

数秒で立ち上がり、稼働も思い通り。

夢のようなサックサク。

梅雨入りしましたが、パソコンに向かう気持ちは晴れ晴れ太陽

さと☆さん、本当に有難うございます(*^_^*)



上高宮のケリの雛。神妙な顔でパソコン打っているみたい。


ダイヤということで、ご案内やらご紹介やらダイヤ

先ずは明日(6月15日)の広島神楽定期公演について。

演目が八岐大蛇から塵倫へ変更となっております。

芸北の塵倫の、独特なあの香りを楽しみにお越しくださいませ!

6月15日(水)18時開場  19時開演
広島県民文化センター(082)245-2311
雄鹿原下組神楽団『塵倫』

チケット:チケットぴあ のみで販売(Pコード562-030)
入場料:1000円(ですが、チケット発行手数料がかかります)
※公演当日19時まで販売しています。



上雄鹿原下組神楽団、塵倫。舞ロードIC神楽の日から。

尚、7月以降のプログラムやチケットの販売方法は、明日発表となります。
チラシの配布やHPなどでのご案内も明日となります。


ダイヤでは先週のひろしま神楽定期公演ダイヤ

伊賀和志神楽団の皆さんをご紹介します。

ご挨拶に立たれた藤岡勝美さんのお話はとても印象的でした。

コロナに、公演やまつりが悉く奪われてきた中、練習にも工夫があったそうです。

「幕を張り音響を設置し、照明を使って、本番そのものの緊張感をもって練習してきました。」

神楽に対する誠実さ、ひとつの舞台を務める丁寧さをしみじみ思います。

又、大太鼓の藤岡さんに大太鼓の魅力を伺いますと。。。

「野球でいえばキャッチャー、ゲームを作る役割がある。」

藤岡さん、野球人なのですね。スポーツマンらしい、爽やかさ全開でございましたにぱっ


~滝夜叉姫~

『伊賀和志の舞が好き』

『伊賀和志の舞を見たい』

『伊賀和志の舞を大切にしてくれ』という、団員の皆さんをはじめ、地域の皆さんや近隣の老舗の神楽団から見守られている伝統の舞です。

(写真だけで流れを追うと、あれ?と思われるかもしれませんが伊賀和志さん独自の構成があります。)


大太鼓:藤岡勝美さん、小太鼓:岩岡慎治さん、
手打鉦:岩岡勝己さん、笛:坂根菜津未さん。

源頼光:岩岡純二さん、胡蝶:小田将貴さん、
坂田金時:佐伯洋哉さん、卜部六郎季丈:高田友吾さん、
土蜘蛛:下岡浩之さん。



































上新しくされたばかりの鬼着です。
土蜘蛛が舞う時、袖の竜が際立って美しかった!


| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | その他 |
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前  2022年12月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 1.181495秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

5195091