心に留めて。


上似合ってる??



下面が大きくて、ついふらふら、おっとっと。

ダイヤ先週の広島神楽定期公演はダイヤ

黙祷で始まりました。

この日も開場を早めるほどのお客様をお迎えしましたが。

やはり身近に起こった災害に胸を痛め、心から離れることはなかったように思います。

神楽の本質の中に生きる鎮魂と魂振を考えさせられる時でもありました。

ダイヤさてダイヤ

そんな広島の悲しみの中で心を込め、力いっぱいつとめてくださったのは、東山神楽団の皆さんです。

広島神楽を代表する鬼舞をふたつ・・幕間の準備はおおわらわでしたね~グー


~第一幕 土蜘蛛~

ご存知のように、東山神楽団にとっては、運命を変えた演目。

初めて千代田の大会で3位に入賞した励みが、現在の東山神楽団を創ったといわれます。

人も代も少しずつ変わっていく中で、この日は山添 譲貴さんが初めて胡蝶を舞われました。

『東山の土蜘蛛を背負う大役、緊張しました!』先輩たちの胸を借りて、第一歩です。



上神のおふたり、華がありますね~。



上揃って豪華、煌びやかな場面です。。。気が付くと胡蝶の気持ちで拝見しています。



上舞手の刻々とした表情の変化に胸が躍ります。



上奏楽の皆さんも熱く舞っていますっ!全員神楽です。


長くなるので分けまーす。
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2023年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.302078秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

5347841