羨ましい。
ダイヤ亀山社中と大都神楽団にはダイヤ

ライバルと周囲から噂されるお二人がいます。

亀山・大下一匡さん(32)と、大都・大畑公人(31)さん。

この度の祝いの会では、このお二人の歩みをトークショーという形で紹介させて頂きました。

この15分は本当に面白かったし、深く心に残りましたにこっ

企画段階では、舞台に背の高いテーブルと椅子を用意して。

3人で、テーブルに少しもたれかかり、ストローがくるりんと曲がったジュースを飲みながら。

足を組んでカッコよく話したい・・というリクエストもありましたが。

備品の調達ができませんでした。ごめんねにひひ



上幕開けの挨拶でも、最前列両端。同じ立ち位置を担うお二人です。

ダイヤさて、同級のお二人はダイヤ

浜田と江津にも拘わらず、幼少のころから仲良しで。

大下さんは当時、細谷社中で学び。

大畑さんは上府社中の子供神楽で学んでいました。

お互いバスで通い合っては、いつも二人で神楽ごっこ。

ごろごろごろごろ、それはそれはいつもいつも一緒だったのです。

小・中と何でも競争し合って、何でもすぐに行動に移しました。

中川戸神楽団・炎の舞のビデオを見て・・・

『僕の書いたナレーションを読んでください!』と、広島のプロの女性の職場に電話してみました。(断られました)

競演大会のような大舞台で舞ってみたくて・・・・

『舞台で使ったパーテーションを譲ってください!』と、広島の舞台屋さんにも電話してみました(断られました)。

大下さんが赤いダッフルコートを買えば、大畑さんは白いダッフルコートを買って。

紅白で並んで歩きました。。。。

何をしても憎めないふたり。

ところが高校に入ったころから、いつしか全く話をしなくなって。。。。

でも、お互いの知人を通して相手の様子はちゃんと把握していました。

そうこうしているうち、運命の平成11年の夏。

お互いが新しい神楽団・社中を立ち上げ、ライバル関係は更に加速していくのです。

そして、無我夢中で走ってきたのです。



上ロビーの展示もお互い凝っています。2社も共に歩むライバルに違いないですね。


ダイヤお二人が自然に歩み寄りダイヤ

話をするようになったのは、つい3年くらい前だといいます。

でもあの少年の頃とは、大きく違っています。

現在、大下さんは、亀山社中の中堅として社中を支えながら、浜田の神楽組織の青年部部長として大役を背負い。

大畑さんは、大都神楽団の副団長であり、神楽衣装屋さんであり、美月京太郎一座の座長さんとして多彩に活躍。

良き友・良きライバルは、目に見える距離ではないみたい。

共通点、切磋琢磨・・様々な要素と因縁に導かれて交わり続けるお二人。

これからもご注目ください四葉



上広島の大会に行くのも一緒。憧れの中川戸神楽団のめくりをゲットしていたのはいつも大下さんで、大畑さんは悔しかったそうです。
今でも、めくりを持ち帰る神楽少年は健在です。



つい長くなっちゃった、続くよ!
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前  2019年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.272803秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3289226