みあ~げてごらん~♪
ダイヤ火星が見頃ですダイヤ

マイナス2.6等の明るさで、ひと際赤く目立っています。

最接近を迎えたばかり。

徐々に離れ、今月下旬には2.2等級になりますが、それでも十分存在感があると思います。




上国立天文台HPから。南東の空に注目です。


火星は地球の外側のお隣さんの惑星として、太陽の周りをまわっていますが。

太陽に近い惑星ほど、短い時間で太陽の周りを一周しますので。。。

地球は365日(1年)。

火星は685日かかります。

因みに太陽に一番近い水星は、88日で太陽の周りを一周します。

水星に住むと、毎日季節行事があって忙しいでしょうね。

お正月終わったら次の日に豆まきとか、そんな感じだわにひひ




上アストロアーツHPから。


そんなこんなで。

火星よりも、速く走る地球は。

2年2か月ごとに、火星を追い抜くタイミングがやってきます。

この“追い抜く時”が地球と火星の最接近。

しか~し。

地球の公転軌道は、ほぼ円形。

これに対し、火星の公転軌道は、いびつな楕円形。

その時々によって、接近時の距離は約6000万キロ~1億キロと、大きく異なるのです。


先日の最接近は6207万キロでした。

しかし、次回2022年12月の最接近は、8145万キロ

その次は、9600万キロと、なかなかの遠さです。

距離が離れると、見た目の大きさも輝きも違ってきます。

そして!この度のような最接近は、2033年の6328万キロ

・・・あと13年後ね星

せっかくなので、大きく輝く火星を目に焼き付けておきませんか?




上国立天文台HPから。2033年何していますかね~。


理科の話になっちゃったので、大朝競演の続きは次回にします。

競演の部後半、朝間神楽団の皆さんからスタートです四葉
| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前  2020年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.256518秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3867114