注ぎ込む。
ダイヤ心配事が多い毎日が続く中ダイヤ

うえひろやスタジオから、こんな動画が届いています。

分かりやすく、親しみやすい神楽解説。

特に神楽歌については、はこれまで違って解釈していたものも結構あるな、と勉強になりました。

気軽に見られますが、なるほど~が詰まっておりますよ♪


~広島神楽【ゆっくり解説】~

その1(神楽歌編)

https://www.youtube.com/watch?v=a4E6HIi779U

その2(神楽ってなに?編)

https://www.youtube.com/watch?v=dfsdTBf7aFc

その3(紅葉狩編)

https://www.youtube.com/watch?v=siB2Tp-xBgg

その4(塵倫編)

https://www.youtube.com/watch?v=O5m2NHS5E9Q


ダイヤんだば、第49回広島県神楽競演大会ダイヤ

競演7団体めの白熱です。

~日吉神楽団 鈴鹿山~

『この鈴鹿山は、昔、数々の大会で優勝を飾られていた先輩方から、若い世代に変わって初めて競演大会で優勝した、思い入れの深い演目です。

初優勝から配役等は変わっていますが、今後も力を入れて取り組みたい演目のひとつです。

鬼女の変化など派手な演出はありませんが、神楽・鈴鹿山の世界感を大切に表現したいと思います。

見所も色々あり、まずは犬神丸の命令で、あやめ姫を取りさらいに来た夜叉丸が、力ずくであやめ姫を連れ帰ろうとする場面です。

夜叉丸と和田の翁の力の差は歴然ですが、必死に娘を守ろうと向かう場面に気持ちを込めています。

また、夜叉丸は坂上田村麻呂に忠誠を誓い、田村麻呂と共に犬神丸とその手下を退治しますが。

その際の、夜叉丸の気持ちの変化や動きの変化にも注目しながらご覧ください。』


団体の部 熱演賞おめでとうございました。


鎮守府将軍坂上田村麻呂:小笠原雅成さん、和田翁:山崎 満さん、
あやめ姫:佐伯 翼さん、夜叉丸:小笠原力さん、
犬神丸:小笠原伸二さん、小鬼:山崎拓也さん。

大太鼓:佐々木友裕さん、小太鼓:中元将昭さん、
手打鉦:権軒和広さん、笛:西本智佳さん。
























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.256716秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3754459