一見に如かず。
ダイヤコタツ出そうかな~ダイヤ

出したら、ああなっちゃうからな~。

迷いどころっにひひ


ダイヤ昨日は琴庄神楽団のご協力のもとダイヤ

広島市内の小学校で、神楽の出前授業が行われました。



上ヒーローの舞を食入るように鑑賞。


地元には立派な神社があり。

又、ほとんどの子供たちが、これまで様々な場所で神楽を観たことがあるそうです。

中には、全身神楽コーデで登校してくれた子もいましたが。

真近に聞くお囃子!触れられる距離の大蛇は迫力満点(すぎて)にかっ

子供たちは飛び跳ね、興奮を抑えきれないようでした。

ステージを降りた大蛇はすっかり人気者となり。

スサさんが大蛇を退治するたびに「大蛇、頑張れ!」というコールもあがっていました。






上演後の質問は「神楽をしていて良かったと思うことは?」「一番気に入っている演目は何ですか?」等々。

簡単に答えられそうで、奥行きのある質問がいくつも並び、崎内俊宏団長を唸らせました。

ひとりひとりの目を見て、丁寧に回答される崎内団長。

どれくらい練習すると上手くなるか?という質問に。

『練習をしないと絶対に上手くならない。でも練習して上手になっても、これで完成ということは、ない。』と答えられ。

その質問をしてくれた子が、その話に大きく頷いていたのが印象的でした四葉




上子供たちは昨日、おうちの方とどんな話をしたのでしょうか星


ダイヤ続きましてーダイヤ

昨夜の広島神楽定期公演

安野神楽団の皆さんをご紹介します。




上夕暮れの冷たい風をあたためる。
安野神楽団のシンボル「えびすさま」が、狐と登場です!



「戻り橋」と「葛城山」は今年特に力を注がれた2演目。

そしてこの舞台が、今年の安野神楽団の皆さんの舞い納めとなりました。

この1年、激動の年であったそうですが。

しばらくは、労いと充電のひとときを過ごして頂きたいと思います。

ホントウニ m(_ _)m オツカレサマデシタ


~第一幕 戻り橋~

注目の善兵衛さんは『Iam a umbrella seller(私は傘売りです)』と英語版自己紹介が大成功音符

そして、相変わらず氷のような沖野団長の放置プレイに、善兵衛さんの愛され度が増しておりました。。。


さて、安野のお囃子、安野の舞で受け継がれる、古くて新しい「戻り橋」。

サッサーの鬼の舞は何度見てもシビレますよ!


大太鼓:沖野秋雄さん、小太鼓:岡田信昭さん、
手打鉦:沖野将希さん、笛:伊田智世さん。

渡辺綱:伊田光志さん、坂田金時:西川正典さん、
傘売り善兵衛:辰川和樹さん、茨木童子の化身・茨木童子:松本 樹さん、
酒呑童子:沖 正紀さん。


























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前  2020年08月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.25718秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3761230