かけがえのない。
ダイヤ今日も爽やかダイヤ

天高く馬肥ゆる秋!

特に今、何食べても美味しいよね~りんご

とは言え、もともとこの中国故事ことわざは。

「秋になると北方の騎馬民族が、豊かに実った収穫物を狙って略奪にやってくるから油断してちゃダメダメ。」という戒めだそうです。

夏の間、美味しい草を食べて体力をつけた馬に乗って攻めてくる敵を警戒する意味なのですねー。

( ̄Д ̄;) ヘー

私の敵は「おっちょこちょい」の性分だ。

秋に限らないけど。。。


ダイヤさって~ダイヤ

先週末の大朝ふるさと祭り。

今年も新庄保育所の「新・新・新 紅葉狩」を拝見することができました。



上『神楽、楽しい音符』があふれ出ちゃう。


笑顔で舞う子、真剣に舞う子、どちらも神楽が大好きなんですね。

これぞ神楽の原点!


地元の皆さんを和ませる、可愛らしい姿、歌声。

大きな声で「あきの~ゆうぐれ~」と歌う宴の場面は、最高ですね四葉

しかし、このひたむきな姿に、学ばせてもらうことも多い。

保育所の先生方や、指導をされる地域の皆さんの“縁の下の力持ち”の姿もしっかり感じました。

神楽の里の名物が、長く長く継承されていきますように。

~新庄保育所 子供神楽団 新・新・新紅葉狩~

5歳児4名、4歳児5名、3歳児5名、合わせて14名で構成。

〇あらすじ〇
寒曳山に黄ぐもという悪鬼が住み、里に出ては夜な夜な悪事を働くこと数知れず。人々は困り果てていました。
村人が困っているのを聞き、都より遣えし若者が悪鬼退治に寒曳山に足を進めます。
そこで紅葉狩をする美しき鬼女と出会い、紅葉狩に興じミルクの毒に倒れます。さて、どうなることでしょうか??

































| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前  2020年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.263064秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3412416