9月の終わりに。
ダイヤ消費税8%の最後の日ですねーダイヤ

駆け込み需要のニュースを見ると、ちょっと焦ったりもしますが。

欲しいものがこれと言ってない。

明日、洗濯機とかが壊れたらいやだなにひひ

そんなことよりもカープ!

今夜、運命の時がやってきます。

予想していませんでしたね、こんな展開汗


ダイヤ昨日は「第7回広島神楽の日」第2日目ダイヤ

ご来場有難うございました。

全部を通して拝見できたわけではありませんが。

目が覚めるような舞を見せて頂いて、心が震えた。。。

楽しかった。

まだまだ出会っていない神楽があるのも、幸せと思いました。



上三原市・大草神楽こども研究クラブ「八重垣」から。
大山祇の神様がお酒を造っておられる場面です。



ダイヤお待たせしました~ダイヤ

先週の広島神楽定期公演・亀山神楽団の皆さん第2弾です星

幕間のお話はもちろん、平岡秀典団長です。

日本武尊で弟武を舞われたばかり、キラキラと汗を光らせての登場でした。

この日は、時間が限られたインタビューの中で。

現在、亀山神楽団の中心メンバーとなっている若い団員さんへの想いを「父親の気持ち」に例えながら。

1年後3年後。。。10年後の、広島の神楽への思案と期待を語られました。

そしてそれは、必ず亀山の地元・氏子の皆さんと共に歩むものであるとお話され。

今年も12月8日(日)に、亀山小学校で開催される太刀納めについて案内をして頂きました。

又、亀山神楽団の皆さんは、近年、舞わなくなっていた演目を再び手掛けることに注力されています。

第一幕の日本武尊もその一つですが。

亀山神楽団の代表演目として、先輩方が一世を風靡した「安珍清姫」を今年の太刀納めで復活されます。

注目を集めそうですね!


~第二幕 八岐大蛇~

ゆったりと奏でられる楽と神楽歌が、須佐之男命の重厚さを高めます。

試行錯誤の末“基本に立ち返り、派手さよりも根幹となる大蛇を”と、4頭に縛って舞われた大蛇は。

チームワークの良さが生み出す、活き活きとした大蛇でした!


大太鼓:工藤翔太さん、小太鼓:坂本 葵さん、
手打鉦:坂本玲凰さん、笛:東 弥洸さん。

須佐之男命:上駄智明さん、足名椎:森本健二さん、
手名椎:平岡秀典さん、奇稲田姫:大町美咲さん、
大蛇:早田紫音さん、坂本紘秋さん、
中村太智さん、坂本沙弥さん。





























上手名椎の面を被らせてもらいました。
上段左から:大町美咲さん、工藤翔太さん、中村太智さん。
下段左:坂本沙弥さん、右:中村伊吹さん。

皆さんの可能性は、無限大ですよ四葉

| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前  2021年01月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.264663秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3992944