宮乃木神楽世界。


上朝5時半、シジュウカラの朝ご飯は早い。


ダイヤ神楽の杜をご覧になった方もいらっしゃると思いますがダイヤ

明日の広島島根交流神楽は、朝7時の時点で北広島町に警報が出ている場合中止となります。

雨よ落ち着け~。

(-人-)オネガイシマス

ダイヤんだばいよいよダイヤ

5月・広島島根交流神楽「新元号をお祝いして 平成生まれの神楽団・社中」を締めくくっていきましょ~。

憧れの黄色い袴と称される、宮乃木神楽団の皆さんです。

しっりした練習場所も、衣装も道具もほとんどない、志ひとつの平成10年のはじまり。

しかし、昨年12月の、20周年の記念公演の幕開けは、胴の口。

自前の大太鼓4つで胴の口を奏でられるのは、20年全力疾走の賜物ですね四葉


~最終演目 大和葛城 宮乃木神楽団~

ご挨拶は、舞子頭の佐々木崇志さんでした。

まずは、記憶に新しい20周年公演から、半年が経った今のお気持ちから。

実行委員長として奔走されながら『神楽を舞うために、神楽以外にやらなればならないことがこんなにあるのか』と、身に染みて感じられたこと。

疲労困憊の中、支えてくださる人たちはあたたかく。

お金に対する概念など、裏方作業は気付きの連続で『今回大変な思いと経験をして良かった!』と清々しくお話されました。


さて、宮乃木神楽団結成から間もなく入団された、中学生だった佐々木さん。

当時を振り返れば、やはり管沢良典さん、秀巳さんの厳しい稽古が一番に蘇ります。

時には10代には理不尽ともいえる指導に『何度もやめようと思った。でもやめたらそこで全てが終わりじゃないですかっ!』意気地を貫かれたのですね。

一方で、若い団員さんの面倒を、兄・父の如く見てこられた菅沢さんご兄弟の、その背中は今も大きい。

21年を歩く宮乃木神楽団、そして私がこうして在るのはお二人がいたからと、感謝の気持ちで結ばれました。


令和を迎えられても、宮乃木の皆さんは最高にお忙しいです。

宮乃木の舞台に、気勢を分けて頂きましょうグー


源頼光:半田 徹さん、渡辺綱:中村直哉さん、
坂田金時:山本貴範さん、土蜘蛛の精魂:田村和也さん、
女郎蜘蛛:佐々木恵太朗さん・中村悠哉さん。

大太鼓:佐々木崇志さん、小太鼓:山口 焦さん、
手打鉦:川江将太さん、笛:杉藪裕也さん。





























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前  2020年11月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.340858秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3924461