朗報に沸く。


上夏鳥入りました~、半年ぶりのコサメビタキ。お帰り音符


ダイヤ今日はカープの試合がないのでダイヤ

ドキドキしないっ

ε-(´∇`*) ホッ


その代わり、もやもやな疑問を聴いてくださいっ

公園や校庭に見られる遊具の雲梯(うんてい)。

横になったはしごを、ぶら下がりながら移動していく、アレ。

どう呼ばれていますか?

私の故郷では「ぶどうさがり」と呼んで親しんでいました。

ぶどうさがりの本当の名前が「雲梯」だなんて、大人になって初めて知りました。


しかし先日、とある“神楽な集まり”でぶどうさがりの話をした際、どなたにも通じなくて驚きました。

ネットで調べても出てきません。

おかしいなぁ??

浜田の周布小学校近辺だけなのでしょうか?


「雲梯」はその昔、城を攻めるために用いた長い長い梯子なのだそうです。

雲に届くほどの梯子=雲梯か・・なるほど。

しかし「ぶどうさがり」もなかなかのネーミングです。

棚にぶら下がる、たわわな葡萄の実・・・。

ハイセンスだと思いませんか星


ぶどうさがりと言いながら、上を走ってみたり。

ぶら下がって途中で落ちたら『ワニに食べられる』などと、子供の想像力は遊具を数倍楽しくしていました!

夢中で遊びながら、めちゃめちゃ鍛えられていたような気もしますね。

今は、転落などの事故を懸念して数が減っていると聞いています。


てなことで「ぶどうさがり派」の方は、一度声をおかけください。

待ってるよ~。


ダイヤ「本地地区3団体 衣装納め奉納」結びますダイヤ

上本地神楽団の滝夜叉姫です。



地元・本地の皆さんと、応援に来てくださったファンの方々に何よりご報告したいのは。

(もちろん皆さんよくご存じですがにかっ

6月に開催された千代田競演での優勝です。

『これまで入賞は経験させて頂きましたが、この度夢にまで見た優勝を飾らせてもらい、団員は皆涙を流して喜びました。

そして、ひとしきり喜びを分かち合った後は、気を引き締め直し。

この快挙を励みに、夏以降の公演・奉納につとめました。

新入団員も増え、団内には活気がありますが。

こういった時にこそ、初心を忘れないよう心掛け、個々に磨きをかけていきたいと思っています。』

岩本学団長のお話でした。


~上本地神楽団 滝夜叉姫~

ビシバシ感じる、滝夜叉姫でしたーグー


大宅中将光圀:後 悟志さん、山城光成:天野源士さん、
五月姫:福本慎吾さん、夜叉丸:福本涼介さん、
蜘蛛丸:森山修平さん。

大太鼓:小野川諒さん、小太鼓:下河内貴文さん、
手打鉦:岩本 学さん、笛:中島 葵さん。


























| 斉藤 | comments (x) | trackback (x) | 携帯より |
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前  2019年10月  次>>
ARCHIVES
PROFILE
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
    処理時間 0.326063秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ

3249343